フラワーエッセンス

夏に役立ちそうなフラワーエッセンス

梅雨明けしましたねおてんき

 

8月の立秋までの期間、土用で体調も変動がおきやすく、

暑さも厳しいのでどうぞ健康管理をしっかりされてくださいね。

 

そこで、厳しい夏に助けとなりそうなフラワーエッセンスをご紹介します。

 

★モーニンググローリー (FES)

いわずとしれた夏の花、朝顔ですね。

朝顔は毎日朝開き、時間のリズムをしっかり保っています。

青い色の朝顔はとくに早朝のエーテルのエネルギーにも

なじみやすいものです。

夏は比較的明るい時間帯が長く、夜更かししがちで

夏休みがあるときなどだらだらとしてしまいます。

そうするとさらに朝はだるくて、起きにくく、

疲れやすいサイクルになってしまいます。

そんなだるさがあったり、免疫系が弱ったり、

食事や生活習慣が崩れやすいという方のために

リズムを取り戻す助けとなってくれます。

ただ、リズムを取り戻すにはそれなりに生活習慣を見直し、

意識しておく必要がありますので、

まずリズムを調えるんだという決意と実行も伴うようにしてくださいね。

 

でも朝が起きやすくなったとか

疲れにくくなったなど比較的体感がしやすいレメディーのひとつのようです。

 

★ヴァーベイン (Bach)

先日の東京での植物観察会でもみなさん熱心に観察しました。

とても小さな花で見過ごしやすいのですが、

ヴァーベナの仲間自体、神経系の強壮作用があり、

レメディーのヴァーベインは熱意ある理想を抱えた人というタイプは

ありますが、一般的に何か神経をはっているとか

頑張っててストレスたまってるとか

ある思考や思想にはまっているようなときに

バランスさせるような働きがあります。

私の経験では梅雨明け後の急に気温が上がるようなときに

暑さ負けして頭痛がしたりすることがあって、

そのときにヴァーベインを取ったらすぐにおさまったことがありました。

閉経後のホットフラッシュのような状態のときにも

これと他にもいくつかあわせて取ったら、なくなりました。

上の方に熱があがるような感じで神経のバランスを崩しているときに

試してみてもいいかもしれません。

 

 

★ラベンダー (FES)

これも精油でよく知られているように神経系のリラックスに使います。

頭部の緊張や安眠できないときに。

安眠したい方はFESのフローリッシュというスプレータイプの

フォーミュラで「スリープフローラ」というのがあり、

このラベンダーも含まれていて安眠のためのものなので

枕元に置いて使ってみてもいいと思います。

私はこの夏はめちゃめちゃ眠れるので使うことはないのですが(-_-;)

ヨーロッパの夏のようにいつまでも夜が明るいと

ほんと不眠っぽくなりそうですね。

 

 

★ペパーミント(FES)

夏に使う精油やハーブではペパーミントはおそらくよく使うんじゃないかと思います。

レメディーも例外ではなく、消化器系の働きを調え、

無気力やだるさからスッキリすることを助けます。

こちらもFESのフローリッシュのシリーズに

「マインドフル」というのがあり、先にあげたモーニンググローリーや

ペパーミント、マディアなど入った思考をスッキリクリアーにすることを

サポートするフォーミュラがありますのでこちらを使ってもいいと思います。

夏場は午後の昼間、冷房がきいた部屋にいるだけで

眠りに落ちそうですものね・・(^-^;

 

 

★アロエベラ (FES)

アロエはよくやけどなど熱を冷やす性質を持っています。

このレメディーは火と水の両方の性質を持っていて

火のような情熱でガンガンイベントやら楽しみごとにエネルギーをつぎ込み

そのあとに急速に無気力や疲労感を抱えてしまうような人に使います。

仕事のブロジェクトでもそうですが、

夏の休暇後のやる気のなさにももしかしたら使えるかもしれません。

私は熱で消耗したお肌にアロエベラジェルのコスメを作るときにも

レメディーも入れたりします。

 

 

★ヤロー (FES)

これはヤロー・エンバイロメンタル・ソリューションでもいいです。

一年中使いたいフォーミュラ、エッセンスですね。

夏の場合はやはり太陽光線からの影響を受けすぎないように

という目的で使います。

ミスティングなどしてお出かけしてもいいと思います。

 

 

高松セッションルームでおこなっている

夏のヒーリングコスメの教室でもこれらのエッセンスを入れたミストなど

作ることが可能です。

4点で作るようになっていましたが、2点からでも作ることが可能です。

 

特別価格でご提供中のアロマヒーリング・トリートメントにも

これらのフラワーレメディーを使うこともできます。

ご相談くださいませ。

 

▶▶【高松・期間限定】夏の癒しアロマ(ヒーリングコスメとトリートメント)

 

 

受付中

【東京・小平】9/12フラワーエッセンスWS「花と物語〜育むチカラ」

【東京】9/8〜12個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

・・期間限定・お得メニュー

【高松・期間限定】夏の癒しアロマ(ヒーリングコスメとトリートメント)

 

高松セッションルームでの期間限定メニューのお知らせです。

 

ひとつは夏か冬かにおこなっているヒーリングコスメ教室。

基本はマンツーマンかお二人でおこないます。

 

夏は虫にさされる機会が多いのですが、

虫よけのものと虫さされ後に毒素を排出し、かゆみを軽減するものは

入るものが違います。

使うのもスプレー、ジェル、ロールオンのようないろいろな形がありますが、

スプレーは最近、腕には使いやすいけど、

刺されるのはいつも足なので、、( ;´Д`)ロールオンかジェルのように

塗るタイプのほうが使いやすいんじゃないかと思うようになりました。

(やっと気づいた!)

お肌がかぶれやすい方はご相談ください。

材料をその方のオーダーメイドで作れるのが手作りコスメのよいところです。

 

ネットで話題になってたクローブのエキスを作っております。

これにハッカなど組み合わせて作ります。

ゴ●●リも嫌いな香りだそう。

 

虫さされ後に使うものはドクダミエキスを使います。

カレンデュラオイルもいいそうなので少し使うかな。

 

ボディーミストはいろんなヴァリエーションがあります。

うちにはたくさんの用途別のミストがころがってます(笑)

浄化用、クールダウン用、ヒーリング用、抗菌、花粉症用

ヘアーミスト・・・など。

こちらもご相談ください。

フラワーレメディーが入れられます。

 

コスメは全部で4点作ります。

 

コスメ教室は5名様までの受付になります。

 

 

あとアロマヒーリング・トリートメントの90分が

お得な価格で受けられます。

 

期間中は何度でも同じ価格です。

 

 

期間は7/23(日)〜9/6(水)

※8/11〜15は夏期休業となります。

 

詳細とご予約はコチラから

 

 

受付中

【東京・小平】9/12フラワーエッセンスWS「花と物語〜育むチカラ」

【東京】9/8〜12個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

【東京】9月個人セッションのお知らせ

すでに受付始めていますが、

東京での個人セッション、次回は9月におこないます。

 

9月は長く滞在予定なため、セッション日も多く、

また3か所でおこないます。

 

日程はこんな感じ。

大久保・西新宿 (JR大久保駅より徒歩3分ほど)

9月8日(金)、11日(月) アロマトリートメント可能

11時〜アロマは18時最終受付、その他は19時最終受付

 

茅場町

9月9日(土)15時〜19時最終、

9月10日(日) 11時〜19時最終

 

小平市・草舟あんとす号

9月12日(火) 11時〜、17時〜、18時〜

 

大久保はレンタルサロンとなり、

アロマトリートメントを久しぶりに受付させていただきますきらきら

 

ボディワーク受けたい時期ですよね・・(笑)

夏の終わり、秋のはじめは不調を感じやすい時期でもあり、

私は秋花粉症が出たりします。

 

アロマトリートメントは

免疫系の強化、消化器系の不調を和らげる

暑さに対するストレスを和らげ、眠りの質を高める

冷房などにより固くなった関節をほぐし、

血の巡りをよくする。

むくみをとって、毒素排泄をよくし、だるさを軽減する。

ホルモンバランスと自律神経のバランスをとり、

エネルギーを充実させる。

やる気の向上、ウツの軽減などなど

できることがいろいろあります。

 

一回のみでは本当は足りないのですが(-_-;)

関東はたくさんのボディワーカーやアロマセラピストさんがいらっしゃるので

通常のメンテのうちのひとつとして受けていただけたらと思います。

 

肉体のメンテナンスは一年に数回とかではなく、

定期的におこなうか、

不調が出やすい時期にこまめに集中的におこなうほうが

相当効率がよろしいです。

 

エネルギー療法・ハンズオンヒーリングや鍼灸など含めながら

受けてもいいと思います。

 

その他のメニューは

 

フラワーエッセンスカウンセリング

フラワーエッセンスアストロロジー

アストロロジーセッション

 

をおこなっています。

 

9月にWSをおこなう草舟あんとす号さんでは

WSの前後にこれらの個人セッションを受けることも可能です。

継続でセッションを受けられている方も

近くであればどうぞ。

 

詳細と申し込みは以下のリンクからどうぞ♪

東京個人セッション (メニューと予約)

 

 

受付中

【東京・小平】9/12フラワーエッセンスWS「花と物語〜育むチカラ」

【東京】9/8〜12個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アストロロジー・心理占星学

獅子座の新月に夏の目標をたててみる

 

セッションルームに咲き始めているセラトーをちょっと飾ってみました。

 

来週の日曜日の新月は火星と合なんですね。

獅子座の新月で火星が合体ってすごく勢いありそう・・。

しかも獅子座の1度でおこります。

牡羊座の最後のほうにある天王星は今、火星に90度ですが、

それがまだ続いた状態です。

 

火の気がない私には

自分の太陽に対してもいい角度なので

なんかこの勢いを活かしたい感じです。

 

しかし、もともと火が多い方は

ちょっと強すぎるかもしれないので

注意は必要かもです。

水気の多いところに出かけるとか(そういう問題か??)

でも大暑だし、気温的にも暑くなりそう! !

何かがおこりそうな配置でもありますが・・。

 

 

子供たちもちょうど夏休みで

夏休みにはたいてい目標を決めたりしていましたね。

本を20冊読むとか

25m泳げるようになるとか

ラジオ体操を休まず行くとか

何かを一カ月半くらいで達成できるようなものを設定して。

 

大人になるとあまりやらなくなりますが、

春の目標とか秋の目標はたてることないけど

夏の目標って何かたてたくなります。

 

ちょうど火星も後押ししてるし。

 

夏休みの間というよりも、9/6が満月なので

それで7/23から一カ月半だから9/6まで設定するといいかも。

 

資格をとるとか仕事関係の目標ではなく、

自分のための目標をたててみるのがよいかと。

I willの獅子座ですから。

一カ月半でできること。

 

私は3つくらいたてようかなーと考えてますが

ひとつは日頃なかなか本が読めなくてたまってるので

本を読むのを設定したいです。

冊数は決まってないけど。

あとは新月にたててみます。

 

獅子座ってオレ様的な星座ですけど

火のエレメントで不動宮なので

消えない火みたいな感じなのです。

まさに消えずの火・・(宮島にございますが)

ずっと燃えている。

 

牡羊座の火は勢いの火で最初に突破するエネルギーは強いけど

継続は弱い感じ(笑)

獅子座の火は信念ですね。

牡羊座の火は芽ばえるために必要な火

獅子座は個人の成長のために必要な火

 

子供たちが夏に体だけでなく、こころも大きく成長するのは

そんな力もあるのかもしれません。

 

火は西洋占星術では精神性をあらわし、

私が信じているのだからという信念のほうが重要なんですよね。

土のもつ形があるものを確かめてからというのとは違います。

根拠のない自信はそういう火の部分でしょう。

 

もともと火のエレメントがないとか少ない人は

トランシット火星のアスペクトは重要ですが、

今回は新月ということもあり、

獅子座のうちは持続してそのテーマで行動しやすいでしょう。

 

それが自分の出生図のどこのハウスでおこるのかにも

注目してくださいね。

その分野が今、着火しやすい場所でもあります。

 

 

8月はすでに書いたように食が新月と満月にあるため、

いつもの新月や満月よりもパワフルになるし。

 

 

とりあえず、勢いをうまく使えということで、

運動や体のケアもうまく取り入れるとよさそうです。

 

 

 

受付中

【東京・小平】9/12フラワーエッセンスWS「花と物語〜育むチカラ」

【東京】9/8〜12個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

・・講座・ワークショップの感想

【個人レッスン感想】ありのままを見ていけるようになってきました

 

8ヶ月ほどかけて

私の個人レッスン

フラワーレメディーの世界(Bachレメディー)を学ぶ全7回

FESフラワーエッセンスを学ぶ全5回

 

を学ばれた方より感想をいただきました。

了解をえてご紹介させていただきます。

 

*********************************************

 

BachとFESのレッスンありがとうございました。

8ヶ月間、あっという間でした。とても楽しかったです。

レッスンを始める前に比べると、今はとても心が穏やかのように感じます。

レッスン前は、エッセンスを使いたいのに、エッセンスを信じていなくて、

しかしエッセンスに癒されたくて、とてもアンバランスな感じでした。

今は少しずつですが、自分を含めいろいろなことを、

ありのままに見ていけるようになってきました。

この8ヶ月間、ベランダで植物を育てたり、植物園に出かけたり、

道路脇の花や木にも足を止めて観察するようになり、

植物との関わりが生活の中に入ってきたことが、

私を癒してくれたかもしれません。

これからも更にフラワーエッセンスを深く学び、

自分のあり方や人間力も高めていきたいと思います。

人生のこの時期にフラワーエッセンスに出会い、

フラワーエッセンスを通して堤さんやいろいろな人に出会えたことは、

とても良かったと思っています。

いつか必ずお会いできる日を楽しみにしています。

bach とFESのレッスン、ありがとうございました。

そして、これからもよろしくお願いします。

 

Sさん

 

2時間のレッスンを12回分、8ヶ月というペースは

けっこう早いほうだと思いますが、

Sさんはいつもしっかり課題を提出してくれて、

最後に植物研究も出してくれました! !

 

そうやって努力したことはこれからの自信につながっていくんじゃないかなー

と思います。

個人レッスンとはいえ、Sさんとのレッスンは個人セッションのように

深いものになって、いろいろ内的な動きもあったようです。

学ぶということもどちらにしろ、自分自身をみつめていく作業にも

なるのでそれに向き合っていくことが大切です。

 

お疲れ様でした。

 

フラワーレメディーの個人レッスンは

香川、スカイプ、電話にて受講でき、随時受付しております。

詳しくは下記リンクのHPからどうぞ♪

 

 

受付中

【東京・小平】9/12フラワーエッセンスWS「花と物語〜育むチカラ」

【東京】9/8〜12個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

【東京・小平】9/12・フラワーエッセンスWS「花と物語〜育むチカラ」

 

ということで告知してあった

東京・小平にある草舟あんとす号さんにておこなうWSの受付を開始します。

 

なにしろ、枠が少ないため、

先着順で受付させていただきます。

 

詳細・申し込みについては

コチラのリンクからお願いします。

 

 

子供の時、夏休みに読書感想の宿題があったため

本をたくさん読んだ人もいたのではないかと思います。

 

夏に出会う物語や創作はなにか特別な感じがしますよね。

私は旅行のときに読んだりもします。

 

夏に読んだ特別なお話は

私にはたくさんあります。

とくに漫画が多かったりするのですが(-_-;)

大島弓子さんの漫画は印象深い余韻がたくさんあります。

あとは吉本ばななさんの本を読んだのも夏が多かったかな。

 

WSではいくつか物語をセレクトしようと思っていますが、

漫画も含まれるかもしれません(^-^;

 

物語が私たちのこころを動かし、特別な印象をもたらすのは

その物語にチカラがあるからなのです。

 

何度も読まれるような物語や

個人的にも影響力のある物語は

一種のセラピーのように働きかけ、

それはみな同じように働きかけるのではなく、

個人の解釈によって、状況によって

個性によって違うわけです。

 

それはフラワーレメディーも同じですね。

 

さらに物語は同じ話なのに、

子供のときと大人になってから、さらに年を取ってから

読むとまた味わいが変わってきます。

 

今回は「育てる、育む」というテーマのもと

関連のお話を取り上げる予定ですが、

考えて、深めていくための材料として

みなさんで話し合い、

その後、個々にはフラワーレメディーで取り組んでもらおうと

いう感じでおこないます。

 

本屋さんという空間でおこなうので

より物語が深まりそうですね。

 

草舟あんとす号へはオープン直後に訪ねたのですが、

とてもかわいらしい植物専門の本屋さんです。

 

店主のえりさんもフラワーレメディーのセッションをされています。

 

今回は幻想的な水彩画を描いているyukaneさんの個展も

私のWSの前の週末におこなわれます。

 

 

2人して、香川から参上予定です。

とっても楽しみです♪

 

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

夏のお知らせ予定です

 

 

こちらは朝から蝉の鳴き声が響き、夏らしくなってきました。

梅雨明け前からすでに猛暑で今が体調を調えるのに大変な時期かな

と思います。

 

これからちょうど一カ月先がお盆なので

この一カ月がもっとも暑さが厳しいときです。

土用も含みますので、

この時期の体のケアはとても大切ですね。

そして、来月は食のある新月、満月もあり、

ちょっと波がありそうな月でもあります。

 

なので、こういうときは

自分のために必要なケアを受ける、

ゆとりをもたせるということはいいと思います。

 

 

これからの予定をお知らせします。

 

高松セッションルームでは

以前にもおこなった夏のヒーリングアイテムを作る教室をします。

虫よけ・虫さされ用のロールオンやお風呂上りに使うクールダウンミスト

ヘッドマッサージもできるヘアオイル、フラワーレメディー入りのひんやりジェル

を予定しています。

 

虫よけは今話題のクローブを使って作ってみたいと思います♪

先日、私は飛騨での研修のときにアブに刺されて

(しかも3か所も)

すごく足が腫れてたのですが、すぐにドクダミエキスを塗ったり、

自分で作ってあったジェルを塗ったりして

自力で腫れが早く引きました!

ドクダミ、さすがですき

ひんやりジェルのほうを虫さされ後に使うものにすることもできます。

 

 

あとアロマヒーリング・トリートメントも特別価格でご提供予定です!!

夏ならではの花の香りをご用意しております。

 

告知までしばらくお待ちください。

 

 

東京では

9月に小平市の植物専門の本屋さん草舟あんとす号さん

小さなWSを9/12(火)に予定。

この後告知します。

 

その前後など個人セッションを東京のいくつかでおこないます。

とくに今回からアロマトリートメントを再びおこなうことにします。

新しくレンタルサロンの登録をしたため、

そちらで個人セッションのメニューすべて受けることが可能です。

場所は西新宿・大久保になります。

場所の割にとても落ち着いて、くつろげるサロンです。

ホットタオルも温かいお茶もお出しできます。

 

茅場町でのセッションもそのままおこないます。

東京でのセッションの受付はもうしばらくお待ちくださいませ。

 

秋の植物観察会は9月第2週の土曜日を予定しております。

 

 

 

お盆近辺は少しだけお休みいただこうかと思っています。

メルマガも満月から遅れましたが、明日発行予定です。

 

 

ということでお知らせだらけですが・・・(^-^;

よろしくお願いします。

 

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

夏の植物観察会終わりました♪

東京のお仕事から戻りました♪

 

夏の植物観察会「植物へのまなざしを育てる」

まだ梅雨のときだし、梅雨明け時の猛暑ほどじゃないかなと思っていたのですが、

とんでもない暑さでした・・0口0

 

参加していただいた皆様、本当にお疲れ様でした! !

 

暑いときは植物の観察を熱心にやるあまり、思っているよりも

自分の体にダメージがおきていることが気づけなかったりするので

今回は時々、日陰で休みつつ、各自での観察タイムも

この暑さでは危険と判断して、皆さんといっしょにまわりながら

あれこれ観察して終了させていただきました。

 

ヴァーベインがちょうど咲いてました。

あと、春の花の後に実になったものがいろいろありました。

春に花をみたクルミやトチノキも実がたくさんできていました。

 

トチノキの実

 

標本園では変わった植物がいくつかあり、

アザミゲシとか茎が四角いヒマワリとか。

 

 

シュムシュノコギリソウというヤロウの仲間も花を咲かせていました。

ヤロウよりも花が少し大きめで、葉っぱの切れ込みももう少し大きめでした。

 

これはオウゴンオニユリ。対馬のみに自生するようです。

対馬がどこかピンときていませんでしたが、

九州の上あたりの島ですね。

以前、博多のみに自生するハカタユリを福岡植物園で見たことがあるのですが、

日本にはけっこうその土地特有のユリがあるようです。

 

瀬戸内の島でもそういうのがあります。

特有のユリが各地にあるというのも興味深いです。

 

今回はメタモルフォーゼということで

葉っぱから花までの展開をいくつかの植物から観察してみました。

ヴァーベインの花の咲き方を注意深く見てみたりして発見がありました。

 

満月の直前で、夏至の後なので

太陽の熱の放射はすごいけど

負けじと花を咲かせる植物たちの姿に

春の勢いからペースを落としたといえ、

活気があったと思います。

 

 

しかし・・猛暑時の植物観察はどうぞお気をつけくださいませ。

熱中症対策をして、午前の早い時間帯のみなどに限定するとよさそうです(^-^;

 

夏だと夜の植物の様子の観察とかもしてみると面白いんですけどね。

牧野植物園なんかで夜の植物園というのが毎年あります。

牧野植物園は8月ですね。

高知県立牧野植物園

 

東京では夢の島熱帯植物園で夜の植物園やっているようです。

日程はコチラ

 

福岡の植物園は動物園も同じ場所にあるので

夜の動植物園っていうのを毎年やってます。

動物たちの夜の様子も見れるのってなかなかないですよね。

今年の予定が出てませんが、

一応リンクしておきます。

福岡市植物園

 

夜だと熱中症とか大丈夫かもしれませんが、

虫刺されに注意ですねkyu

 

 

東京での次の植物観察会は9月第二週を予定です。

あまり暑すぎないといいですが・・。

もうしばらく告知までお待ちください。

 

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

自己実現・自己成長

花と自己表現について

この時期の雨は気持ちがいいですね。

大地にとっては滋養と恵みの雨でもあるし

浄化にもなります。

 

とはいえ、雨による被害などあわれる地域もあるので

そうした地域では被害が最小限であることを願います。

 

 

先日の田口ランディさんのクリエティブライティング講座で

ランディさんが何気に集まったグループだけど

毎回、グループ共通のテーマがあるんだよと言われていました。

 

最後に読み上げられた文章を聞くとそうかもと思いつつ

何人か花が好き、自然が好きという話をされていた方がいました。

 

最初のほうに発表された方で

私にはとても衝撃的だったのですが、

ある花とその人の関係性を文章化されたものでした。

 

その人はその花が大好きで、花に名前をつけていました。

もともとある花の名前じゃないです。

人の名前のような名前です。

しかもその人とその花の関係をあらわすような名前でした。

 

だから、その花が実際なんなのかわからなかったのだけど

その花に彼女がつけた名前だけは

すごいインパクトで残りました。

 

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」の中で主人公の女の子が

キュウリグサに「ヒメワスレナグサ」と名づけ、その花と関係をもっていく

場面がありましたが、ちょっと近いような。

 

とはいえ、私は花に特定の自分だけがわかる名前をつけたことがなかったので

驚きました。

 

そういえば、スコットランドのフィンドホーン共同体では

車や洗濯機などに固有の名前(ジョーとかメアリーとか)をつけているという話を聞いて

自分のパソコンに名前をつけていたときがあったように思います。

 

愛用のものに名前をつけるというのはあるかもしれません。

しかし、大好きでよく見かける花 (その方の文章では特定の場所にあるその花だと思います)

に名前をつけるのは新鮮かも・・と思いました。

また、その花についての描写も素晴らしく、本当に愛しているんだなあと感じるものでした。

 

 

後で思ったのは

フラワーエッセンスの茶話会的な場で

好きなレメディーや花について話し合うようなことがありますが、

「好きな花について」その場で話すことと、

先日の講座のように直感とつながり、自分の潜在意識とつながりやすい状態になって

時間をとってひたすら文章化して、後で発表するのとでは

だいぶ違うだろうということです。

 

(これ、結局レッスンなどで提出してもらう課題やレポート、あるいはセッションのときに

出してもらうフィードバックの記録同じですね。

ただ、グループでそれを聞くということはまた器が違う。)

 

もちろんその場で話をすることでうまく表現できる人もいるのですが、

しゃべりながら相手に伝えるのと

書いてみることはなんだか違う。

 

過去にアファーメーションをテーマにしたWSをやったことがあるのですけど

素晴らしい表現をされた方もいるけど

なかなかうまくそれを言語化できない人もいました。

ライティング講座の私と同じでプレッシャーを感じたり、

緊張していたりするとなかなかできません。

 

それでもランディさんの講座では回を重ねることで

自分の表現ができるようになってくるという話だったので

グループでの信頼関係が育っていくと

自然と表現ができるようになってくるのではないかと思います。

 

時間をとって書いたものを発表するという手段は

直接話をするよりももしかしたら、

深いところから伝えることができるかもしれません。

 

表現に関するフラワーレメディーがあります。

 

Bachレメディーのラーチ。

ヨーロッパカラマツの花で、針葉樹ですが、落葉する樹木です。

 

ラーチの姿に関しては別ブログのほうに

昨年イギリスのキューガーデンで見たラーチの写真や動画を

紹介しています。

イギリス・キューガーデンのラーチ

 

このラーチの調和が乱れた状態は

自信を失って、まわりの反応を恐れて表現できなくなっている状態です。

 

過去に自分が表現されたものに対して

批判的に言われたり、間違いを正されたり、決めつけされた経験が

そうさせてしまいます。

 

自分から表現したものを人前で出すことは恐いことでもあります。

 

受け入れてもらえる器がなければできません。

インターネットの怖い面は表現されたものにダメ出しされるようなこともある

ということです。

 

だから、自分の表現は最初のうちは信頼できる場のみでいいと思います。

ただ、表現はすべての人に受け入れられることが目的ではありません。

アウトプットした影響も考えると思いますが、

批判されることを恐れず表現できることが大切です。

(ネット上で批判的なコメントをされるということは

それだけたくさんの人に読まれているということでもあると思います。

そもそもアクセス数があまりないとコメントもこないので。

基本、フェイスブックのように本名と顔を出すような場で

批判的なコメントを書く人はほぼいません。

公開を限定にもできますし。)

 

 

出来ないときは出来ないでいいと思うし、

いつか表現せずにはいられない、インプットばかりでアウトプットしてないと

行き詰るようなときもくるかもしれません。

それが5チャクラと関連があることともつながります。

 

ラーチのフラワーレメディーは

そうした表現を後押しするような力があります。

 

 

私自身も弱い面ではあるけれど

いつか花とからめて表現に関するWSも出来たらいいなーと思ったりします。

 

 

只今受付中♪
本日7/5夜までで受付終了します。

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

 

 

自己実現・自己成長

クリエティブライティング〜創造性の源〜

昨日は日帰りで関西まで出かけ、

作家である田口ランディさんの「クリエティブライティング講座」を受けてきました。

この講座、はじめて知ったときからすごく受けてみたくて

ランディさんの本はほぼ読んでいて、有料メルマガも毎月読んでいるファンとしては

興味津々でした。

 

この講座は文章の書き方を教えるものではなく、

潜在意識とつながっていく、創造性を開いていくというような感じの

内容です。

 

参加者は30人くらい。

関東では毎月1回を3回おこなっていて、

今回、大阪では半日のみでおこなうため、かなり短縮内容かとは

思うけど、ランディさんはたくさん詰め込んでくれて

大切なポイントがたくさんありました。

しかし、

「メモ取らないで、メモ取らないほうが潜在意識に入るから!」

と言われ、メモは取らず・・

でもでも忘れそうなので、ポイントは書き留めておきたい(^-^;

 

私は表現者やクリエイターがいかにその創作をおこなっていくのか

ということにものすごく興味があります。

そういう話を聞くのが大好き。

 

以前、TEDに「食べて、祈って、恋をして」の作者エリザベス・ギルバードが

創造性についてのスピーチをしていて、とても面白かったのですが、

(「創造性をはぐくむには」というスピーチ)

古代ギリシャやローマ時代にはデイモンという精霊によって

創造的なものが作られたとされていた話をし、

その見えない何かをつかまえることによって、作品を産み出すという考えは

私たち自身が何かを創造しているというよりは

私たちの奥にある、あるいは私たちを通して掴んだものによってということになります。

 

右脳を使うというのもそうでもあると思うのですが、

ランディさんの講座の中でいくつかワークというか遊びのようなことをやって

それは脳が作っている(左脳が)か直感であるものかの違いを教えてくれたり、

創作する上でもっとも大切なもの、キモについて学んだりしました。

(キモというからにはあまりここには書かないほうがよいかと思うので

すみません、ナイショです。)

 

ランディさんには初めてお会いしましたが、

わりと想像通りのパワフルな感じの方でした。

 

彼女の書くものはエッセイも小説も面白く、

彼女自身の家族の話や自分のことについて随分オープンに書かれていて

なかなかマネできないけれど

彼女の興味をもつ方向性が、トランスパーソナルな世界だったり、シャーマニズムだったり

社会の闇のような部分だったりして、自分の興味とかなりかぶり、

ハマっていったわけです。

 

ライティング講座というからには最後に文章を書く時間があるわけで、

原稿用紙を渡されて、そのときのお題は

「わたしについて」でした。

 

・・・・・。

だいぶ苦手な題材でした。

ところが、わずか20分の創作タイムに

皆さん、シャカシャカと音をたてて、猛烈に書いているのです。

そんなにほとばしるように急に文章出てこないって・・。

 

いや、もう書けなかったです(-_-;)

 

 

そして、そのあとどうなるかというと

一人ずつ、それを朗読するのです。

30人強いるメンバーで。

そんなにたくさんの人の文章を聞かなくてはならないのは

けっこうヘビーです。

 

しかも、はじめの数人、朗読したところで

その内容が、作家並みにすごくてアンパンマン

やばいところに来てしまっている感半端なかったのですけど

後から

「何も書くことがない、どうしたらいいのか」など

こころの声をそのまま書いてた人がいて、

そういう手があったか!と書き直したい気分にもなりました。

 

しかし、それぞれの文章が「わたしについて」で

こんなことを表現するとは??という驚きの連続で

人によってはとてもこころを動かされるような文章がいくつかありました。

感情がすごく入っていて、共感しました。

まったく知らない人ばかりで、もちろんはじめて会う人たちですが、

背後にあるその人自身の奥まった部分を急に見せられたような感覚です。

 

ランディさんが東京での同じ講座に来ていた人で

職場で自分の居場所がない

という人の書いたものの話をして、

その人の文章を聞いたみんなにとっては、その人は価値ある存在になっているんだ

という話にも感動しました。

(自分の居場所がないというだけでなく、それを表現されたその人に共感されるから)

 

 

創造性そのものはどんな人にもあり、

特別な才能がある人だけではありません。

 

ランディさんの講座で直感について、あいまいな表現をしている人に

「それは左脳が作っている」と言われたのは

直感はハッキリしたもので、見たままのことを表現するものということを聞いて

(マルとバツが見えて、そう言えばいいのに、答案用紙と言った人がいて、

そうじゃなくて、マルとバツなんだというのはわかりやすかった)

植物観察のことを思いました。

 

植物のありのままを観察するのに

「やさしい感じがした」とか「力強く感じた」というのは

実は植物を記号化している(ランディさんが言われた文章の中の記号という意味と同じ。

美味しそうな漬物の「美味しそう」は人から見るとその人にとっての美味しそうがわからないということ。)

ということになります。

 

なんとなく、このあたりが植物観察をしていくことで本質がみえてくる

というのとつながってきました。

見たままを描写するうちに、何かについて発見したり、驚いたりすることが大切。

それは見たままを観察しなければけっして発見できないもの。

やさしい感じがするで終わらせてしまうとわからないもの。

 

文章表現というのは掘り下げていくことなのです。

 

「やさしいおじさんが美味しいお菓子を売っていました。」と書くのは楽だけど、

それはまったく伝わらないし、面白くない。

 

何か参加した講座の感想を書くのに「面白かった」「楽しかった」では

まったく読まれるようなブログにはならないのと同じ (笑)

 

今は、ネット上で表現する人も多く、

とくに私のような仕事のことをブログで書いていく人にとっては

伝えたいことがあり、その伝えたいことを読まれる人に共感してもらえるように

書くにはどうすればいいのかと悩んでいる人もたくさんいると思います。

 

同じような職種の中で個性を出していくには

昨日、同じ題材でありながら、見事にみんなそれぞれの個性が強く出た文章を

聞かされて、左脳的な書き方ではないほうがこころを掴むことができる

ということがわかりました。

 

だから、左脳的な文章である仕事の説明は入るかもしれないけど、

その中で自分が面白く思う点だったり、自分とその仕事の関わりだったり、

関係だったり、自分の経験だったり、記号を使わずに浮かんでくるものを

書き留めていくことなのでしょうね。

 

 

絵を描くような場でもそうですが、

私はそれが出てくるのをジャマしているところがあり、

今回の文章もなかなか出てこなかったくらいで

この出てくるタイミングというのが難しいところがあります。

 

よく作家が真っ暗で狭い部屋で壁に向かって書く方がはかどるという人も

いますが、創造性を使うのは潜在意識とアクセスすることと同じなので、

自分がプレッシャーもなく、リラックスしてなおかつ集中できる状態じゃないと

アクセスできないかなと感じます。

 

私はけっこうこのタイプです。

人がいないほうがいいのです。

 

 

こういういつもの仕事とはなんの関係もない場に出かけていくのは

相当久しぶりでしたが、非常に気づきが多かった一日でした。

 

また関西で開催されるようなら受けたいなー。

 

 

只今受付中♪
観察会は残席2名になりました⇓

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ