フラワーエッセンスの選び方

必要なタイミングで受け取ることを信頼する〜セラトー〜

 

今はネットでなんでもすぐに調べられますね。

 

以前、紹介した松木正さんの本の中で

アメリカ先住部族は「矛盾はあってもいい」という考えがあると書いたと思います。

 

フラワーエッセンスなど教える機会が多くなると

いろいろ生徒さんから質問を受けたります。

その疑問を感じるというのは

その方が何に関心があり、どこがわからないのかが

こちらで把握できるので全然ウェルカムです。

 

しかし、あまりにこれは合っているのかどうか、

3チャクラ過剰になっていると

あまり自分で深く考えることなく、あれこれ質問される場合もあります。

 

何か私のほうからの意見を伝えることもできるけれど

白黒がはっきりしない問題に関しては

しばし自分の中で寝かしてみるか、意識においておいて

自分の中でなんらかの回答を得るまで時間をかけてみてもいいと思います。

 

もちろん何もわからなかったという場合もあるかもしれません。

 

質問を次々にするというのは

質問の内容によりますが、

たとえば「私はこのエッセンスを飲んだ方がいいでしょうか?」

という質問があったとしたら

これは自分で判断してもらうしかありません。

 

でも答えてほしいという意図は

早く明確な答えがほしい!!

という思いがあるのではないかと感じます。

 

それを自分が考えて出たものと答え合わせをしたいということもあるかもしれないし、

そもそも相手に答えをゆだねて、自分ははじめからわかるはずがないと思っているかもしれません。

 

たいていは「わからない」と思っています。

 

たぶん世の中がそのようになってきているからというのもあります。

 

ヒーリングハーブ社のジュリアンさんが自分はセラトーが必要だという話を以前どこかで

していたと思いますが

多くの現代人にもセラトーが必要なのかもしれません。

 

もちろんセラトーを取ると早く答えがわかるわけではありません(笑)

早くというのが強い方はインペイシェンスも必要かもしれません。

直感的なものはあるけれど、それを信頼できないだけです。

 

セラトーは自分のタイミングで、頭のみではなく

直感的なものがやってきたときにそれを信頼することができる

 

というようなエッセンスです。

 

自然界の中のリズムは性急さはありません。

必要なタイミングで様々なことが動きます。

 

自分自身について

コントロールするものではなく、必要なタイミングがやってくることを信じる

ということです。

 

「わからない」という状態が今あっても、本当はある直感的なものに気づいていません。

だから、ちょっとだけ待つ必要もあるかも。

 

セラトーは一日花で毎日次々と長い期間咲き続けます。

直感的なものは日々あっても

高い自己の部分と低い自己の部分がうまくあわなければ難しいのです。

 

そしていま「わからない」ということもそのままでいいこともあるので

タイミングを待ってみましょう。

 

 

そもそもセラトーのタイプの人は「わからないことがある」ということが

ストレスとなるかと思うので、ある種修行のような感じかもしれません(笑)

 

 

 

 

受付中   

オンライン・10月植物による秋・冬のセルフケア

高松・10月植物による秋・冬のセルフケアWS

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

ゲーテ・シュタイナー的植物観察

秋の植物観察会終わりました。

 

 

まだまだ蒸し暑い日がありますね(^^;)

 

東京でのお仕事を終えて戻りました。

なんだかずっと、そして今でもかなりボケボケな感じで

忘れ物をしたり、間違えたりで

戻ってからまともな事務ができていません(;^_^A

出かける間際にカバンに入れようと手に持った充電コードをなんで置いてきてしまうかな・・(笑)

他にもボケエピソードいろいろありますが。

 

でもいろいろアイデアや新しいこととか思いついたりしているので

右脳のほうが優勢になっているのかも・・・(そう思うことにしましょう)

 

先週末に植物へのまなざしを育てる〜火のエレメントと植物〜を開催しました。

火だから晴れるはず、、と思ったら珍しく雨。

私の観察会で曇りやちょっと小雨がちょろっととかはあるけど

まあまあの雨はなかなかありませんでした。

過去最大の参加数なのに残念でしたが、

それはそれでみなさま、楽しまれた様子でした。

 

「雨の植物園は自分だったらわざわざ来ないから、その様子がみれたのはよかった」

とおっしゃっていただいたり。

 

しかし、こんな雨でも花は普通に咲いています。

ツユクサもヒガンバナも。

雨にぬれても形が崩れることなく、薄い花弁を広げているツユクサはちょっと感動かもです。

これは花そのものに生命力があるからですよね。

 

ナンバンギセルの花がたくさん咲いていました。

ススキに寄生する植物です。

 

   

 

他にはキンミズヒキはそこらじゅうに咲いていたし、

センニンソウも咲いていました。

雨で全然写真撮っていませんが。

 

ツリフネソウはこちらの植物園ではまだ蕾のほうが多く、

花が咲いているものは遠くのほうにしかありませんでした。

たぶん9月後半がみどころ。

場所によって9月の前半ほうが盛りだったりするので残念です。

 

観察会の後はランチ交流会もおこないました。

普段、ゆっくりお話できなかったりするので

いろいろお話できてよかったです♪

 

 

さて、次回は11月10日予定です。

ある場所にて自然の中での朗読会と植物観察をやります。

翌日は4つのエレメントとフラワーエッセンスのWSを都内にておこないます。

 

場所も押さえました。広くて窓もあり、余裕のスペースです。

実習をいろいろおこなう予定です。

近く告知しますのでお楽しみに!!

 

 

 

受付中   

オンライン・10月植物による秋・冬のセルフケア

高松・10月植物による秋・冬のセルフケアWS

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

自己実現・自己成長

アルテにみる女性の自立と仕事

 

以前、個人ブログで漫画「アルテ」のことを書いたことがあるのですが

しばらく、途中まで読んだままになっててツタヤでレンタルコミック50円で

わりと最近の巻まで借りてきて読みました。

現在9巻まで出ているのですが、読んだのは8巻まで。

 

「アルテ」というのは

ルネサンス期のフィレンツェを舞台に中流貴族の少女が

自分がゆいいつ好きなことである絵を仕事にするべく家を出て

女でも自立できるように修行していくお話です。

 

といってもめちゃ明るく元気な主人公のキャラなので軽いタッチで読むことができます。

 

この時代のイタリア、もちろん女性は一人前の男性と同じような職につくことは

非常にまれだったかと思います。

そもそもそんなことは可能なことなのかどうか。

 

そんなわけでアルテは真っ直ぐに進む勢いと負けず嫌いな面だけで

差別を受けながらもレオさんという親方と出会います。

 

はじめからあきらめたりしません。

設定では15歳からスタートしています。

 

その当時の貴族女性のことなど漫画に詳しく書かれていますが

女性が自分の意志をもって、行動するということはなかなかないことです。

 

 

 

この漫画は女性が自立して働いていくこと、
仕事をなりたたせるためにどんなことが必要なのか
といったことがテーマになっています。
   
今よりももっと女性が自立して働くには難関な時代です。
   
ルネサンス期のイタリアでもっとも高給取りの女性は高給娼婦です。
「アルテ」の中でもヴェロニカさんという女性が出てきます。
  
非常に品格があり、教養豊かな女性です。
   
アルテは彼女に魅了されます。
と同時の彼女の仕事に対しての闇の部分を知り、許せなくも思うのですが、
それも含めて覚悟をもっているヴェロニカさんの強さにも尊敬します。
女性としてアルテは彼女から様々なことを学んでいきます。
   
  
話がぐーんと進んで7巻では
ルネサンス期ならではの新しい時代の波があり、
それまでの古いやり方ではうまくいかないことを感じる男性たちがあります。
そしてアルテの姿に新しい時代を感じます。
  
  
河合隼雄さんが「ユング心理学と仏教」の中でこのように書いてます。
  
『日本の新しい意識変革に女性の担う役割は大きい、と私は確信しているしだいです。』
 
  
アルテは男性に負けまいと、男性社会の中で女性であることは不利と感じて
人一倍頑張ってきました。
それは怒りを原動力に。

    
男性と対等であろうとした彼女の意識を少し変えたのが
家庭教師兼肖像画の仕事を引き受けた先のヴェネツィアのある工房で出会った絵師の言葉。
  
『あなたの性別、生まれた場所、育った環境、全てを含めてあなたの才能だ。』
   
  
この言葉によって彼女は自信をもち、それを受け入れます。
  
  
そして、彼女の仕事は求められはじめ、
大きなチャンスもつかむのですが
一方で何かもやもやしています。
  
このまま進んでいいのだろうか、
仕事を大きく発展させていくべきなのか・・。
  
師匠のレオさんはアルテの才能や器をわかっているので
自分の工房から出て、大きな工房に行けるように考えていました。
もちろん彼女が望んだときに。
   
アルテはレオさんに「良い仕事とは何ですか?」と聞きます。
レオさんは
『俺にとってよい仕事は"自分が食える仕事"だ。それ以上のものは望まない。』
と言います。
   
彼には出世欲はありませんでした。
それを聞いてアルテはまだここで学んでいくことを選びました。
  
  
第2巻ではまた、レオさんはこんなことも言っています。
   
『職人ってのは、良い作品を作ることだけが仕事じゃない・・。もちろんそれも大事だが。
それ以上に物を売って生きていくには必要な事がある。
充分な仕事を手に入れることと、その仕事で利益を得られるようにすることだ。』
   
  
生活保護なんてない時代。
仕事は生きる手段であり、多くの人がそのためだけに働いていたわけですから。
   
   
ただ、アルテは貴族の女性として生きる道もあったけど
彼女は自分の意思を持つことなく生きる道は選びたくなかったのです。
   
  
    
  
作者の大久保圭さんははじめ、男性?と思ったりしたけど女性のようです。
旦那さんとイタリア取材旅行へいったときの漫画が第三巻にあります。
   
  
今後のアルテの展開がとても楽しみです♪
  
    

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

オンライン・高松】植物による秋・冬のセルフケア

 

春、夏とおこなっていたフラワーエッセンスによるセルフケアを

今回は秋・冬で植物療法全体でレクチャーするオンラインセミナーにします。

 

秋と冬の境目って一応、立冬ですが

だんだんくっきりここからという感じがなく、

ぼやける地域もあったりします。

秋がなくてすぐ冬という地域もあるかもしれませんし。

セルフケアというのは柔軟宮の時期である

季節の移り変わるときに重点的におこなうのがよいかと思います。

 

ほんとは今なんですが、ちょっと間に合わなくて((;^_^A

10月のはじめになりました。

お時間は短いですが、内容盛り込みますのではじめての方もどうぞ参加くださいませ。

 

オンラインはZOOMを使いますが、パソコン、タブレット、キンドル、スマホから誰でも簡単に参加できます。

 

オンライン・植物による秋・冬のセルフケア

 

 

高松セッションルームではセルフケアをおこなうためのアイテムを作り、

自分でケアできるようにセルフケアのやり方を実習します。

セルフケアにはいろいろありますが、いくつかレパートリーがあると

そのときに必要なことをチョイスできると思います。

こちらはWS形式にて10月20日と26日におこないます。

どちらかご都合のよい日をお選びください。

サーウィンも近いのでハローウィーンっぽいおやつも出るかもしれません。

 

体質に応じた薬草のマッサージオイルと

フラワーエッセンス入りのヒーリングミストを作ります♪

 

駐車スペースは2台しかないので先着順になります。

 

高松・植物による秋・冬のセルフケアWS

 

 

なお、9/14〜18は東京出張のため正式な受付メールが9/18以降となります。

どうぞご了承ください。

 

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

 

アストロロジー・心理占星学

上昇と下降・運命の輪とホロスコープ

 

タロットカードの10番、運命の輪をふと思いながら

プログレスの月やトランジットの天体の動きのことを考えていました。

 

まあ、タロットはそんなに詳しくはないのですが・・(本もたくさんありすぎて

深いところまでは辿りついてない感じ)

 

松村先生の説明で

ホロスコープのDSCは社会デビューということで、DSCからMCは社会から要求されるような流れとなります。

(要するにホロスコープでいうと右側の半分から頂点までプログレスまたはトランジットの天体が上昇していく期間)

単純にヤッター♪という感じかどうかというと・・・。

 

社会から要求されることと自分のやりたいことが食い違うことも多々あり、

それが違うからとそのチャンスを断るのではなく、とりあえずそこに乗ってみて

社会的な活動ができるようになって、自分のやりたいことへと移る・・

というような感じで確か松村先生は話されていたかと思います。

(録音の講義から)

 

だから、MCから下降へと移りますが、

内面が充実されていくのはむしろその期間というのです。

 

『運命の輪のカードが出てきたら、ホロスコープを参照にしてもよいでしょう。

運命の輪は頂点が幸福かというと、社会的立場とか目に見えるところではそうです。

かし、心の平安や深いルーツへと入り込むというテーマでは

むしろ一番下が理想の場所です。』

タロットパスワーク実践マニュアル 松村潔 説話社

 

そのしくみがなんか興味深いなあと思いまして。

 

5ハウスで自分の内側から湧き出た創作に没頭して楽しんでいて

しかし、社会的にはまるで世には出てなくて

7ハウスからそれが好きという人があらわれ、

デビューへとこぎつけたけど

出版社側からはこういうものを書いてくれという要求をしいられて

生き残るために商業的なところと折り合いながら創作を続けるみたいな図でしょうか。

 

『運命の輪の体験は、実は私たちの内面に存在するこの「他者」を体験することである。』

神託のタロット リズ・グリーン/ジュリエット・シャーマン-バーク 原書房

 

ホロスコープの右側、つまり上昇は他者と関わっていく場でもあります。

 

もともと人や組織と関わることが苦手な人だと、意識としては大変さを感じていて

そこで準備ができないでいるとそのまま誰かに投影するか社会に出ていくことなく

過ごすこともあるかもしれません。

 

会社員、事務員のような仕事をしていると

仕事の面で社会から求められるという場面はあまり関係なくなるかもしれません。

 

自分の内面的に求めるものと他者との出会いを受け入れることの両方必要だろうから。

 

 

 

上昇のときに自分がやりたいことじゃないからと要求にこたえないでいると

そのまま社会ではチャンスを作れなくなります。

 

まずは足掛かりにしてみる、やりたいことをやるために入口として入って見る

 

というのも時には必要なのでしょう。

 

DCSからMCまでというのは社会での足場を作る期間ということにもなりますね。

 

もちろん、この流れというのは下降期間にどれだけ充実させていたのかも次の上昇に関わってきますし、

上昇期間にどれだけ社会の要求に働いてきたのかが下降にも影響すると思います。

で、その一巡り (約30年) は人生の半分近くあったりしますから、大きなものです。

まだ一巡り中の方は心構えをしておくとよいかと思います。

 

 

季節では、夏至が底で、冬至が頂点です。

冬至は外から冷たく固く締められていき、夏至はあたためられて内側から膨らんでいく

というような表現を松村先生はされていますが、

(この表現すごく好きなんです)

まさに社会のまっただ中にいるときは外から押されて

内側は寒く感じているかもですね。

だから耐えるときともいえます。

社会的には目立っているのにね。

目立つというのは本来、楽ではないということです。

 

ただ、もともとの出生チャートでそれが苦にならない人もいますから

一概にいえません。

 

それでも多くの人は社会での成功や達成を求めます。

そこへの道はいろんな人や組織との折り合いや

自分では譲ることができないものとのバランスが要求されることは確かです。

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

9月東京での個人セッション受付は9/10までです。

 

来週、東京で個人セッションをします。

9/16、17はまだ空きがあります。

フラワーエッセンスカウンセリング

アストロロジーセッション

アロマヒーリングトリートメント

のご予約は明日9/10中で受付締め切ります。

【東京】9/15〜17個人セッション

 

その次は11月9日、11日の予定です。

 

 

それからイベントや植物観察会、オンライン講座などで期日までに受講費、参加費をお支払というのが

何も連絡なし、お支払もされていないという場合

キャンセル扱いにすることにしました。

メールが届いていない場合は

必ずこちらからの返信は2日以内に返信しているため、迷惑メールフォルダーなどを確認ください。

 

ご自身が参加されるものに関してはご自身で管理されてください。

 

 

高松でおこなっていたお得な夏のボディワークは9/12が最終日ですが、

9/12の午後以降ご予約可能です。

受付は前日の夜までにお願いします。

 

【高松】特別価格・夏のボディワーク

 

 

今後の予定ですが、

10月にオンラインでやっているセルフケアのシリーズ、

今回は秋・冬まとめておこないます。

10月はじめに植物による秋・冬のセルフケア

 

高松ではセルフケアの実習とマッサージオイルやミストを作るWSを

10月後半に予定。

 

11月は東京での植物観察会を11/10に予定。

 

という感じです。

11月後半から12月はじめは研修があるので今年は他にできるとしたら

オンラインでペットのためのフラワーエッセンスか以前にも企画した読書クラブ

をちょっと考え中。

できるかどうか。

 

オンラインでいろんなことができるのは便利ですが、

集まれる場も作っていけるようにしたいと考えてはいます。

今各地でおこっている停電のようなことがいつあるやしれませんし。

家で仕事をしていて電源なしでは難しいという職種の方はほんと大変。

どうか早く復旧しますように。

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

 

 

セラピストの本棚

河合隼雄「ユング心理学と仏教」を読む

 

読み始めたらなかなかとまらない本というのは私にしてはそんなにはないけれど、

これは久々に止まらなかったです。

 

河合隼雄さんの「ユング心理学と仏教」

 

きっかけはNHKで放送された「100分de名著」で河合さんの回を見て。

よくぞこの本を最後に取り上げてくれたと思いました。

 

というのは

河合さんの本は相当出版されていますが、私が読むのは

仕事と関わりのあるカウンセリングや心理療法系の内容、夢やアーキタイプ、物語についての本、

ユングのことを書いた本、軽いエッセイあたりまで。

このタイトルからして難しそうだし、自分とは関係ない内容かなとか

そのくらいで手をつけることはありませんでした。

 

しかし、テレビを見て、十牛図のことを書いていたのかということで興味を持ち、

さらに心理療法での非個人的関係についても興味を持ち、

図書館で予約しました。

が、テレビの影響か貸し出し中なので、予約したまましばらく忘れていて

最近になって借りることができたのでした。

 

でも、この本は今まで読んだ河合さんの本の中でも

私にはなかなかの衝撃度でした。

そもそもこの本はアメリカでのフェイ・レクチャーに招待されて講演をおこなった内容を本にしています。

アメリカのユング派の方々を前に話をするということで

日本ならではのテーマの中から選んだ仏教になったけど

もともとは「心理療法における非個人的関係」について話したいということでした。

 

この講演をおこなったのは1995年の3月なのです。

この年の1月に阪神大震災、講演の少し前にサリン事件がありました。

河合さんはこのとき67歳です。

 

この年齢ぐらいになって、長い臨床経験を積んできたからこそ得ることができた

自分のクライエントとの関わりの変化や在り方を仏教をとおして話されているのですけど、

とても個人的な話のように感じました。

それは最初のほうにも書かれているけど

『仏教の考えを頼りとして心理療法を行うとか、ユングの考えと仏教の考えを比較検討したりすることを

最初から意図して書かれたものではないことをはじめに明らかにしておきたいと思います』

というようにむしろ、河合さんと仏教との関わりや心理療法の仕事の中での経験から気づきを

深めていった経緯が中心であるようです。

 

なので過去のいくつかのケースや出来事について書いていても

「そのときは気づかなかった」とか「まだ自分はこうだった」のような表現をされていて

河合さんでもそのようなことがあるのかと思いました。

 

60代という(70近くになっていたけど)こともあり、老賢者的なアーキタイプを読みながら

感じていました。

 

途中、仏教の話は難しいようにも感じたものの、かなりわかりやすく書いてくれていると思います。

 

とくに最初から興味があった「心理療法における個人的・非個人的関係」という章はすごいです。

 

この本を私のブログを読む人にオススメというわけではないのですが、

ある程度、人の支えとなる側の仕事をしてきて、長期的にクライエントと関わる場合

自分の在り方というか、関わり方について考えたいという人にはオススメだと思います。

 

ただ、河合さんの状態になるにはちょっとなれないでしょう。

 

読みながらも、私は仏教について詳しくないものの

先日読んでいたアメリカ先住部族の考え方にも似たところを感じたりしました。

 

それは西洋的に白黒ハッキリさせることなく、矛盾をかかえたままでいることや

何がよくて、何が悪いという考えもないところ。

 

 

私としてはもう少し何回か読みたいと思いました。

そのくらい深い内容です。

読んでそのまま理解するという内容ではなく、

何度か読まないといけないなと思う感じです。

 

でも、今の自分にはとてもタイムリーな内容でした。

 

十牛図については占星術家の松村潔さんも本を出されていて

なんかすごく難しそうと思って読んでいなかったけど、

やっと興味が持てました。(おそい・・)

 

 

写真は河合さんが仏教の師匠とする明恵がいた京都の高山寺に昔、行ったときの写真です。

ちょうど9月の残暑がまだある暑い日でした。

 

 

受付中

【東京】9/15〜17個人セッション←9/10で受付を締め切ります。

【高松】9/12まで・特別価格・夏のボディワーク

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

 

・・災害時・緊急時

不安や恐れをやわらげるには

 

朝、起きて驚きました。

北海道、大変なことになっていたのですね。

 

今年は異例の酷暑で多くの人が熱中症になったり、夏の疲労がまだあるなか

これまた過去何十年ぶりかの大型台風がやってきたりと

こころ休まるときがありません。

 

 

先日ツイッターでいま、乳がん検診の予約が半年待ちとかなんとか

とにかくすごく来ているというのを見かけました。

もちろん有名な方が亡くなったというのが大きいのですけど。

 

思うのは不安感や恐れを感じている日本人がすごく多いのかも

ということ。

 

先月、南海地震がおこるという予告ツイートを見かけたのですが、

こういうのもやめてほしいところです。

 

不安や恐れを感じるなというほうが無理だとは思います。

しかし、それはよい状態へと導くのかというとそんなことはありません。

災害や病気になっていない状態で不安や恐れに取り込まれてしまうと

ただ、そんな状態に振り回されてしまいます。

 

落ち着いて、自分にどんなことが今できるのか、

何を選択するべきなのか

考えてみましょう。

 

緊急時に使うフラワーエッセンスの紹介を以前震災の後に記事を書いたことがあるので

参考にしてください。

 

フラワーエッセンスを使って自分でケアできること (災害編)

 

不安や恐れをやわらげるには

 

・フラワーエッセンスを使う

・精油を使う

・ゆっくりと呼吸を繰り返す

・ツボ押し (神門や合谷など)

・不安をあおる情報から離れる

・筋トレする

・他の人や動物のために何ができるか考える

 

などあります。

 

私はフラワーエッセンスが専門なので、リンク記事の補足で

フラワーエッセンスについて付け加えますね。

 

まず、いつ何がおこるのかわからない昨今

フラワーエッセンスを持っている方は

 

寝るときはすぐに手にとれる場所に置いておく。

 

みなさん、レスキューやエッセンスを戸棚の奥にしまってませんか?

いやいや、レスキューはすぐに手にとれなきゃレスキューではありません!

専用ポーチなどに入れておいて近くに置いておくといいと思います。

 

その中にあるといいものとして

 

・レスキューまたは5フラワーフォーミュラ

・フェアレス(FES)

・フローラ・スリープ(FES)

 

あと旅行時にも持っていくことをオススメします。

いつどこで何がおこるのかわかりません。

旅行時には

ヤロー・エンバイロメンタル・ソリューション(FES)も持参。

 

動物たちにはアニマル・リリーフ (FES)

子供たちにはキンダーガーデン (FES)

もよいかと。

 

フローラスリープは子供にも動物にも使ってもいいと思います。

パンフレットにも興奮しがちで落ち着かない動物、

悪夢を見たり、夜中に目を覚ましがちな子供や大人に

と書かれてあるので。

自分が持っているフローリッシュのシリーズでは

一番頻繁に使うフォーミュラです。

 

 

そして不安感やパニックが続く感じだったら

 

それに加えて

レッドクローバー

ミムルス

 

がオススメ。

 

 

できましたらコップに水を入れて活性化して一日ちびちび頻繁に飲みながら過ごしてください。

 

【コップでの活性化の方法】

1 ガラスコップに水を入れてエッセンスを2滴ほど入れる。

2 マドラーなどでかきまぜますが、そのときに右回りに素早く数回混ぜて、

 次に左回りに数回とリズミカルに花を思い浮かべつつ繰り返します。

3 2分くらい混ぜ続けて (2分がわからんという方は20回くらい右、左と繰り返してもよい)

  最後は右回りで終わる。

 

それを水筒なり、マイボトル的なものに入れて頻繁に飲みます。

 

 

ミムルスってとくに不安に感じてないときは飲んですぐにどうという感じはしないのに

不安感があるときに取ったら、ほんとに大丈夫になるので

すごいわーと思うエッセンスのひとつです。

 

この記事の写真に選んだベニバナツメクサですが、

ストロベリーキャンドルともいうのかな。

実は今朝の夢の中で

かなり広く見渡せる場所に左のほうにこの花が一面に咲いていて、

右側には大きな太陽が朝を迎えようとしている風景にいて、

そのうち大きな航空機やら車やらがいっぱいあらわれてこの場所にいられなくなり

取っ手のない襖戸があり、そこを開けたらスーッと開いて

外に出るとどこかの宿でとても霧が多いみたいな感じでした。

(他にもまあいろいろあるけどかいつまんでこんな夢)

 

ストロベリーキャンドルって別に育てているわけではないけれど

たしか梨木香歩さんの「裏庭」に出てきていたなくらいの印象。

 

でもレッドクローバーの親戚になるのでちょっと象徴的です。

※センニチコウもちょっと似てるけど、科がまったく異なるので別種になります。

 

 

それにしても少しでも安らかにこころ落ち着けますように

被害や災害は最小限ですみますように。

 

 

 

受付中

【東京】9/15〜17個人セッション

【高松】9/12まで・特別価格・夏のボディワーク

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

 

フラワーエッセンス療法

問題がわからなくてもフラワーエッセンス療法は受けられます

 

 

オンラインの今回の講座(フラワーエッセンスと占星学の)は関心度が高いようで、

間に合わなかったーという方もいらっしゃったりして

私も一通りおこなったらもっと慣れてくるかと思いますので(^^;)

また同じ講座をやることにしようかと考えています。

 

あとフラワーエッセンスの初級的な内容から中級くらいにかけての

オンラインでのグループレッスンも考えています。

個人レッスンは海外に住んでいる方や日時があわせにくい方にはいいみたいですが

平日の昼間とか夜だと時間が取れやすいという方で

個人レッスンの価格よりお安く受けたいというのによいかなと思います。

一応、来年の春以降になりそうです。

BachもFESも含めてやります。

過去の個人レッスン受講者には復習をかねてだいぶお得に参加できるようにしたいです。

 

グループでの学びのよい点は他の視点が与えられるという点と

仲間ができるという点です。

 

オンラインなので対面ほどの緊張感とかあるいは一体感は感じにくいかもしれません。

 

そういうところは水瓶座的な入り方なのかもしれないです。

 

 

話変わるのですが、

今の20代、30代の女性で時々話を聞くのは

「悩みはとくにない」という言葉。

 

仕事についてる、あるいはお金はとりあえずある

家もある

友達もいる

家族とも仲が悪くない

職場での人間関係も悪くない

 

そういう感じなのですが、

満足ではないのが特徴。(すべての若い女性がそうだというわけではありません)

 

楽しくはないのです。

 

でもそれは問題ではない、取るに足らないと思っているところもある。

物や環境には恵まれているから。

 

あくまで私からみた傾向ですが、

少し年齢層があがってくると

「足りない」ことに意識がいってて満足ではない傾向があります。

 

極端な話、戦争体験があるうちの母親くらいの高齢者なんて

たくさんあるのに備蓄したがったり、

自分がそんなに食べれないのに、足りないからと食料を買いすぎる傾向があるのですけど

今の若い人は基本足りていると思っていて

それ以上は望まないけど、実は問題はあるのです。

 

しかし、こんなことは話しても問題の解決にはならないということを思っていて

誰にも話さないという感じだったり。

 

今なんてすでにいろいろ便利なものがあるのが当たり前で

生まれてくるわけですから、その分物質的な欲や縦社会の成功を目指すとか

あまり思わずに生きていくようになるのでしょうか。

 

基本、困っていることはないと思っているので

心理療法や心理的なセラピーなどに行くことはないでしょう。

ただ、自分については知りたいと思っているので占星術とかリーディングには行くかもしれません。

 

でも、実際自分について知りたいのなら

心理療法やフラワーエッセンスやアートセラピーのようなもののほうが

断然オススメです。

自分から出てきて、自分で気づくものだから、自分を生きることとつながります。

そこにつながってくると生きることの意味が変わってくると思います。

自分が存在することの意味とか何をやっていきたいのかとか。

 

根本的には自然とつながることが鍵となるような気がします。

 

 

私はフラワーエッセンス療法はとくに悩みがなくても受けてもいいと思っています。

そう考えると、サイトに書いてある文章を見直さないとと思いました(-_-;)

 

そもそもフラワーエッセンス療法は問題を解決するものではないです。

問題に向き合うための支えにはなります。

何が問題なのかに気づいてなくても、自分をもっと知りたい気がするとか

よりよく生きたい、何のために生まれているのか、生きているのか

というぼんやりとした感じでいらしても大丈夫です。

 

何か解答をそこで得るというものではなく、

自分で探索していく、取り組んでいくというものだから

セッションに来られた時に一応、セッションに来られた理由をお聞きしますが、

そのような形でぼんやりとした理由を正直に書いていただいても

継続していくことは可能です。

目的があったほうが確かに取り組みやすいですが、わからないということがそもそも

あるのだったらそこからいっしょに話をしていきましょう。

 

 

 

受付中

【東京】9/15〜17個人セッション

【高松】9/12まで・特別価格・夏のボディワーク

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

初回の方は高松・オンラインのみですが、半額になるお得なクーポンがついてます。

友だち追加

 

 

 

手作りコスメ・セルフケアレシピ

神経調整用ミストを作ってみました。

 

 

今週の残暑は地獄でしたね・・(+_+)

皆様、体調はいかがでしょうか?

 

夏の暑さは神経系にかなりきます。

冷房もそうですが、自律神経のバランスを崩して、

目や耳など頭部の不調としてあらわれることがあります。

 

目の温湿布はオススメです。

 

あと、私も若干、耳鳴りっぽい感じがするので

神経調整用ミストを作ってみました。

 

精油

バジル、ラベンダー、レモン、小夏

 

ラワーエッセンス

FESレモン・・精神の明晰さのバランス

Bachインペイシェンス・・・暑さによるイライラから落ち着かせ、鎮静させる。

FESラベンダー・・・神経過敏な状態から緊張をほどき、リラックスさせる。

 

 

他の候補としては

精油はベルガモット、マンダリン、イランイラン、カモミール、マジョラム、ヴァーベナ、メリッサ

ネロリ、プチグレインあたり。

神経強壮作用や鎮静作用、自律神経調整作用のある精油がよいです。

 

フラワーエッセンスはヴァーベイン、ホワイトチェスナット、ディルなど使ってもよいかと思います。

 

 

これを頭部、耳の後ろあたりなどにミスティングを頻繁にします。

 

 

作るときにそれぞれの薬草の力が最大限にいかせるように

感謝とともにお祈りと活性化をされるとさらによろしいかと思います。

欲張ってたくさん入れすぎないように。

 

 

これらを使っての全身トリートメントもオススメです。

9/12までは高松にてお得な夏のボディワークをやっておりますので

疲れた体をケアしにいらしてください♪

 

同じスプレーを作ることもできますよ。

 

 

受付中

【東京】9/15〜17個人セッション

【高松】9/12まで・特別価格・夏のボディワーク

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

友だち追加