アストロロジー・心理占星学

牡牛座〜内にある金星体験を深め、表現していく〜

 

本日、天王星が牡牛座入りし、これから7年間ほど滞在します。

天王星が牡羊座に入っていた7年間は

私自身、火と活動宮のサインに何もないので、

個人的には影響受けた感はないのですが、

トランスサタニアンは集団的な意識にとくに作用していくので

大きくみてみると流れの変化はかなりあったのではないかと思います。

 

英国のアストロロジャーであるダービー・コステロさんのセミナーの告知文で

「牡羊座に天王星が入ったときに私たちの火星のエネルギーの覚醒を経験し、活発になりました。

火星のエネルギーを表現できなかった人々は、落ち込んだり、無力に怒ったりしました。

そして、新たに天王星が牡牛座に入ることで金星が目を覚ますのを期待することができます。」

 

というようなことを書かれてあり

(英語を翻訳サイトで訳したのでその通りの文章ではないです)

これからの7年間で個人の中で見ていくものとして、

 

内にある金星の体験を深め、表現していく

 

というテーマが浮かび上がります。

 

牡牛座のもつ金星は体感的なものです。

肉体や五感で感じるここちよさ

芸術的なセンスの発展

自分が持つ独自の才能の活性化

自分の持ち物をここちよくする

自分の中にある楽しむ感覚やときめき

 

そういったものに目を向けていくと

牡牛座の持っている「わたしのもの」という領域はぐぐーっと広がっていくかもしれないです。

 

実はこのあいだ本屋さんで見かけて買った本があります。

 

こんまりさんこと近藤麻理恵さんの「人生がときめく魔法の片づけノート」です (笑)

こんまりさんブームのときにちょっと遠くからへーーっという感じで眺めていたのですけど

彼女の姿勢はかなり徹底していてなるほどーになり、

一番最新刊であるこの本はドリルになってて、

この順番で片付けをおこなったらいいようになってたので

買ってみました。

 

彼女のときめきを目安に物とつきあうという姿勢や

お片付けして、自分にとってときめくものだけに囲まれて暮らすという視点は

なんとなく牡牛座的です。

 

別に牡牛座を意識してなかったけど、このドリルをやろうと購入したのも天体の影響でしょうか。

 

このドリル最初の章は理想の暮らし方を具体的に書き込んだり、

イメージを貼り付けたりするページがあります。

 

片づけをする順番ややることが具体的に書いてありますが、

これを全部やるにはそこそこ私には時間がかかりそうです。

さすがに7年もはかからないとは思うけど (笑・かかったりして)

牡牛座新月を機に始めるにはよさそうです。

 

最近買った本って

哺乳動物の観察ガイドと野菜料理の本とこれなんですけど。

どれをとっても牡牛座的かも・・。

(料理とか食べることも牡牛座の領域)

 

食べることって基本なので、自分が美味しい、体が喜ぶと思う基準で食を見直す

のもいいと思います。

社会的にも農業、食関係の分野での改革というか、新しい波がありそうですね。

 

あと自分が持つ独自の才能の活性化というのは

牡牛座は自分の持ち物をあらわし、

自分がもともと持っているものを活かします。

なので、仕事などの面でこれから自分の持つ特性を考えて

より引き出していくということも天王星によって刺激されてくるかもしれません。

すでに自分が自覚しているものかもしれないし、

自分にはないと思っていたものが実はあって、それを引き出していくことも含まれます。

多くは自分が持っているものを使いきれずに人生が終わっていくでしょうから。

それを知るには何かを習わないとわからないです。

 

音楽を習わないと自分にそういう才能があったのだと気づかないし、

絵を描かないとそれが描けることもわかりません。

 

やりたいなと思うことがあれば、習いにいったり、やってみることですね。

 

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

【東京】6/23植物へのまなざしを育てる〜水のエレメントと植物〜

【東京】6/23〜25個人セッション

【オンライン】6/3・6/10女性のための植物療法 (フラワーエッセンス、ハーブ、アロマ)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アストロロジー・心理占星学

ルナリターン・一カ月サイクルの振り返りをする

 

太陽回帰、ソーラーリターンというのはまあまあ聞いたことあると思いますが、

月回帰、ルナリターンというのもあります。

 

これは自分の出生の月にトランシットの月が重なるタイミングのチャートを指します。

 

28日という短いサイクルでの動きを読むのに使いますが、

私は普段、そんなに細かく読むのが面倒なので (笑) あまり見ません。

おおまかにああ、今何座の月だなと手帳みたときに思うくらい。

 

ふと今日確認すると昨日が自分の月回帰でした。

で、ルナリターンの読み方としては

過去一カ月の振り返りのほうがわかりやすいのではないかと思います。

 

自分の過去一カ月くらいの状態とルナリターンのチャートをみて

なるほど、そうかと思うこともあります。

 

ちなみに私は昨日が月回帰だったのでその前をみたら

太陽、月とも12、11ハウスにあり、

わりとゆるゆる過ごしていました。

 

で、昨日の月回帰図をみると月は6ハウスにあり、

これからの28日のほうが仕事をもっとやっていそうだ (笑)

という予測もできます。あくまで予測。

 

私の月星座にトランシット月が入ったのは今週のはじめなので

片づけや整理をしなくてはという気になってるのも関係あるかな。

6ハウスって乙女座とも関わるハウスなので。

 

ただ、ルナリターンは松村先生も本に書かれていますが、

そんなに運命論的な役割を与えないようにということです。

 

意識的にその影響から離れることも可能なので

ただ、無意識に過ごしているとそうなりがちというところでしょうか。

 

先のことを読むというやり方では何か縛られるような感じがします。

それよりも、短いサイクルでの振り返りで使うことのほうが

自分がどれだけ受け身で過ごしていただろうかとか

どんな風に自分が過ごしていたかに気づくキッカケになるのではないかと思います。

 

それは過去を見ていることになりますが、

過去の過ごし方を意識することで、

今の意識を変えていくことにもなります。

今という意識を変えれば、もちろん未来も変わります。

 

細かいところでは今が何座の月にあるのかと

自分の今日という一日の振り返りをコツコツ続けてみて

なにかパターンがあるだろうかと見ることもできます。

 

イライラするなーという日ばかりを後から調べて月がどこにあるのか

見てみるというやり方もできます。

 

後は一カ月というサイクルでは進行の月がどこにあるのかを見ることもできます。

たいていひとつのサインに2、3年いるのでサインはそうそう変わりませんけど

度数は約一カ月に一度くらい進行しているので

サインの度数で確認できます。

これも短いサイクルなので私はいちいち見ていません(^^;)

気づいたときに見てみるという感じ。

やはりそれで自分のを見てみても、少ししてからの一カ月のほうが

ちょっと活動的な印象。

 

28日というのは女性にとってもひとつのサイクルになりますが、

その期間にフラワーエッセンスの30mlボトルを飲み切るタイミングにも

なります。(個人差あって、もう少し早く終わる人と長い人がいますけど)

なので新月からというサイクルの他に

ルナリターンのタイミングからエッセンスを取り始めるということもできます。

個人的なサイクルとしては使いやすいかもしれないです。

 

ルナリターン図がみたい方は

astoro.com

のサイトで自分の出生データを登録後、「出生データのさらなるチャート選択」から

月回帰図を選択すると出てきます。

 

 

受付中

【オンライン】フラワーエッセンス塾・自己の変容を支える花を選ぶ

【東京】4/21〜23個人セッション4/17まで受付

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

アストロロジー・心理占星学

5月の天王星の移動について

 

ここのところ星関連のことは書いてなかったので

思ったことを書いておきましょう。

 

5月16日に天王星が牡牛座に移動するので

いろんなことを書いている人が多いですね。

 

天王星のサイクルは84年なので、

前回、天王星が牡牛座入りをしたのは1934年です。

 

その頃の世界での大きな出来事は

ヒトラー政権でしょうか。

 

かといって他のトランスサタニアンは違う配置だから

同じような状況になるということではありません。

 

1934年はエドワード・バックがそれまで根なし草のように住所不定で

彼に手紙を届けたり、伝言を伝えるのに苦労していたみたいな記述を読んだことがあるので

その彼がやっと安住できる地に根を下ろした年でもあります。

ソットウェル村のマウントバーノンを仕事場として迎え、

庭仕事や家具を作ったりしていたのもその頃です。

実際はそれから2年後に亡くなってしまいますけど。

 

前に松村潔さんが進行の太陽がずっと牡羊座で、

そこから牡牛座に入ったときに非常に物質的に動いた年だったことを

お話されていました。

現実世界で占星術を仕事としてできるようになったことを指しています。

 

私が考える天王星の牡牛座入りというのは

7年前に天王星が牡羊座の春分点に入り、

日本は大震災で大きく揺さぶりがあって

その揺さぶりはまだ小さくても、続いていて

そこで動いたもの、はじまったものが

ひとまず落ち着き、現実として動いていくことにつながるのではないか

と思っています。

 

体に入って、目を覚まして何らかの行動をしていくみたいな。

とくに現実的な行動ですね。

その中で価値観や安定や安心というものについての見方が変化することも

あるかもしれません。

 

星の配置をうまく利用するとしたら、

変えたいという現実についての行動をそんなタイミングでおこしていく

ということはできると思います。

 

実際天王星のトランシットが自分の出生チャートとからんでいたとしたら

やらざるを得なくなるとかそんな状況かとは思います。

 

私は天王星がからんでくるとしたらまだ数年はあるので

そのときがどうなるのかわかりません。

しかし、2度目のサターンリターンと進行の太陽のサイン移動とも

重なるから、すごいことになりそうな予感も・・・(^^;)

 

出生チャートとからみがなくても、天王星の移動は社会的な変化をもたらすので

私たちにも影響はあります。

職場や仕事への影響、それによっての個人生活の影響など。

そうした変化の備えにも

自分のまわりを整理したり、いつどんな変化がおきてもいいように

準備をしておくといいと思います。

 

 

受付中

【無料オンラインセミナー】4/5こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【東京】4/21植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物←満席になりました。キャンセル待ちのみ受付

【東京】4/21〜23個人セッション

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アストロロジー・心理占星学

占星術の道と召命そして伝統

 

ここのところ、春分前だからか、やる気が滞っているような感じで、

花粉症の薬のせいでだるいんだろうとか思ったりしていても

たぶん、違うのだろうという感じもします。

 

先月に見かけて、じっくり読もうと思いつつなかなか読めなかった

鏡リュウジさんが訳されたブライアン・クラークさんの文章。

やっと読むことが出来ました。

ネットでは長すぎるので、印刷して読みました。

 

素晴らしすぎます。

ぜひ、読んでみてください。

 

伝統を変容する ブライアン・クラーク

 

実はアストロロジーというのは非常に昔からずっとあるし、

私が若いときも好きな人はいたけれど、

今のようにネットが盛んではなかったせいもあるのか

一部のマニアというか、オタク的な人のみが愛好して研究しているもの

というのはちょっとぬぐえませんでした。

私は20代の頃にいち早くパソコンをやっていた(昔はマイコンとか言ってなかったかな。

私は高校のときにマイコン部でした・・よくわからなかったけど。)兄が占星術にはまり、

すぐにスターゲイザーを仕入れていたため、早い段階でソフトを使ってチャート作成というのが

おこなえていました。

で、ずっと趣味であれこれ自分研究をしていたものの

仕事にするとかあまり考えてはいませんでした。

 

 

気が付くと今というのはものすごく簡単に仕事にしようと思う人は多いみたいです。

いつの間にこんなに流行っている状態になったのだろうという感じです。

フラワーエッセンスを自分に対してあまり使っていなくても、

それを教える仕事をしたいと思ったり、

一種の稼いでいくための職業という捉え方と同じように占星術もそれを自分のために使う前に

それを教える仕事をしたいというところに行きつくこともあるようです。

 

それが悪いというわけではないけれど、

そんなものではないとも思う自分がいます。

 

実は占星術に対しても、すごく面白いと思いながら、

それを学習したり、実践している人たちのグループがちょっと苦手(笑)

という矛盾なところがあり、心理占星学を学ぶようになって

やっともう少し深みのある視点で人と話ができるようになってきたという感じです。

(でも今でも占星術をやっている人たちのグループが苦手です。松村塾でもただ読むのみでした。

すごく多弁な方が多くて口を挟めないというのもあるかもしれないです。。)

 

このブライアン・クラークさんの記事を読んで

とても納得できるものがありました。

 

そう、占星術は伝統のひとつなのだと。

 

占星術は合理性、事実性、そして認識可能性の向こうにある、もうひとつの「知」のありように依拠しています。このような天の感知は、強く、また色彩豊かな糸となって占星術の伝統の織物を綴っているのです。神的なものと出会わず、また神的なものを深く考慮せずに、占星術に深く関わることはできません。(ブライアン・クラーク/鏡リュウジ訳)

 

まさにそう。

召命か生業かというところで書かれていた

 

占星術家は占星術の道へと召命を受けるものです。

 

これもうなづけます。

有給休暇や最低賃金の保証もないとかのあたりは笑いました

それはフラワーエッセンスの道も同じ (笑)

 

魔術の話もどきどきします。というかワクワク。

 

海外のアストロロジャーは非常に深いところから占星術と関わっている人が多いです。

すべて知ってるわけではありませんが。

以前、ブライアン・クラークさんの講座に出た方から夢とアストロロジーの話を聞いて

ものすごく興味をひいたことがありました。

5月のドリーム・アストロロジーのリトリート気になりますが・・ちょっと無理かな。

 

占星術で使う言葉は、クラークさんの記事を読むとわかるように

知識の羅列ではありません。

様々な神話や歴史、心理学などの知識も含みながら、その背後にある象徴を読み取ろうとします。

そして、注意深く言葉におとしていく作業があります。

また、そこで完成するものでもなく、常にとらえきれないその大きなものを

自分の中で対峙しつづけていくものでもあるのだろうと感じます。

 

いま、おそらく占星術を仕事にしたいと思う人も多いかもしれません。

しかし、実際学ぶときに一通りの知識を知ると仕事にできるのかというとそういうわけではなく、

人が相手だし、心理学的なことも今は必要になってくるし、

自分なりに言葉にしていく力も必要だし、

自分自身と十分に向き合うことも必要だと思います。

 

私もまだまだ勉強が必要だなと思うし、

海外のアストロロジャーのように特定の何かを深く研究していくことも

できればと思います。

私の場合はやはり花のアーキタイプとの関わりかな。

自分をアストロロジャーとは今でも名乗れません。(メニューにあるのに・(笑)

 

 

自分で長期にわたって自分のために使わずに、

すぐにフラワーエッセンスを習って教えたいという話を聞いたりすると

自分にはまるでない発想なので、

自分にとってのフラワーエッセンスは生業ではないんだろなと思います。

 

 

クラークさんの言葉、何度も読んで刻んでおきます。

 

 

 

受付中

【無料オンラインセミナー】4/5こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【東京】4/21植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物

【東京】4/21〜23個人セッション

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アストロロジー・心理占星学

蟹座の満月前と年末年始のケア

 

今年最後のブログ記事です。

 

年末のここ数日間というか、今月は松村塾の膨大な動画やテキストの

録音とコピーに空き時間をほぼ費やし、

まだまだ足りない状況で(涙)、今日一日まだ作業です。

 

何万円分くらいの資料じゃないかとも思ったりします。

で、頭の中は占星術でいっぱいです(^^;)

 

セッションルームのお掃除は昨日すませました。

 

 

1月2日は蟹座の満月でスーパームーンらしいですが、

すでに影響を感じている方はいるかしら。

 

毎年、蟹座の満月は1月とか年末あたりにあるのですが、

ただでさえ月が支配星である蟹座なので、月のパワーがあるのに

地球にもっとも近づくためにスーパームーンの影響も加わります。

 

年末年始は睡眠や生活習慣、食事のリズムが崩れやすいので

それがさらに水のエレメントである蟹座ということもあり、

食べ過ぎたり、眠りすぎたりする傾向が出てきやすいです。

 

蟹座は体では胃と関係もあり、満月だとよけいに食べ過ぎになりがちです。

 

女性だと生理周期とも関わりがあり、

PMSがひどい、ものすごく眠い、肌荒れやかゆみが出てくる

すごくむくむ、リンパがつまりやすい、感情的になりやすい

ということがあります。

 

今回の満月は魚座の海王星とも月と120度と太陽と60度の角度をとっているので

ちょっとかなりルーズになりやすい、きちっとしにくいという感じです。

 

まわりとの境界がゆるくなったり、影響を受けやすくなるというのもあります。

ちょっとなんとなく、冷えたり、胸あたりがかゆくなったりしていて

それで影響がじわじわきているのかなと思ったのです。

人によっては感情的に敏感になるかな。

 

 

ということでオススメの過ごし方

 

★食べ過ぎず、眠りすぎないようにする。

★適度に運動

★リズムをなるべく崩さない

★逆にどうしても眠かったらしっかり寝る。

★リンパのマッサージをおこなう。

(ゼラニウム、カモミール、ジュニパーなど使うのがよい)

ベースはカレンデュラオイルや月見草オイルが入るとさらによい。

持っている方はFESのマグワートやカレンデュラのオイルもよい。

★オススメのフラワーレメディー

モーニンググローリー (睡眠のリズムを整える)

ヤロウ (環境の影響から保護する)

ピンクヤロウ (感情的に影響を受けやすい場合に)

マグワート (月の影響を受けすぎる場合に)

カモミール (マグワートなどとあわせてPMSで感情的になりやすい場合に)

 

 

逆に普段、ロックウォーター的に規律正しく生活していて

全然緩まらないとかぼーっとできないという方は

緩んで、ただぼんやり過ごしてみるというのにはそのまま

そのように過ごしてもいいと思います。

 

ネットやいろんなものから離れてぼーーっとする時間も大事ですから。

 

 

最近、お正月がとくに特別じゃなくなってきていますが、

周期的なものだと冬至、旧暦の新年や春分のほうが自然な切り替わりなので

どこにあわせるかで体も変わるのかもしれません。

 

皆様もどうぞよいお正月をお過ごしください♪

 

 

受付中 

【東京】2/24〜26個人セッション

【高松・スカイプ・電話】期間限定・2018年のホロスコープとひかりと森のヒーリングミスト

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

アストロロジー・心理占星学

山羊座の土星、明日の冬至に向けて

 

FESのフラワーエッセンスのことを知るのに欠かせない書籍

「フラワーエッセンス・レパートリー」

は現在、絶版で、出版社の在庫にもないそうですが、

つい最近、私の個人レッスンを受けている方が立て続けて

購入していました!

どこで購入したのか聞いたら、二人とも同じジュンク堂書店の在庫にあったと。

もしかしたらもうないかもしれませんが、探している方はジュンク堂書店の店頭にて

聞いてみてください。

ネット上では出ていませんが、あるやもしれません。

 

 

さて、昨日土星が2年半ぐらいぶりに次のサインへ移動しましたね。

土星が本来いるべき山羊座に。

これまで射手座にいた間、それぞれにどんな時期だったのか

振り返ってみましょう。

 

私は占星術を地方に住んでいることもあり、

これまで独学で学んでいたのですが、

ちょうど土星が射手座に入るくらいにオンラインで心理占星学を学び始めました。

そう、そのあたりからオンラインでわりと何でも学べるような時代になってきて

海外からの情報も受け取ったり、海外に住んでいる方講座を学べたりできるように

なってきました。

それってちょっと射手座っぽいような。

 

山羊座は固く締まって、無駄なものをそぎ落とすような性質があります。

そこに土星が返ってくるので

射手座時代に広げたものの中から本質的なものだけを残すような感じでしょうか。

 

太陽は明日の冬至とともに山羊座に入り

土星とあわさります。

 

今年の冬至はいつも以上に

自分にとって本当に必要なもの、そぎ落とすことができないものに

焦点があたります。

普段、広げ過ぎている方やあいまいになっている方は

じっくりと考えて見られるといいと思います。

 

逆に

山羊座は活動宮でもあるので

やりすぎるとウエイトダウンしすぎたボクサーのように

不安定になります。

先日もテレビで「自分を追い込む女性たち」というテーマでやっていましたが、

最近、非常にハードなウエイトトレーニングをやっている女性とか多いようで

木星や金星がきているときだったら

楽しんで断捨離とかスッキリ収納とかやれているかもしれないけど

土星だとちょっと追い込み気味になるかもしれないですね。

それは楽しんでやっているというよりは

不安だからやっているような状態。

 

バランスをとる必要がありますね。

フラワーエッセンスだとロックウォーターでしょうか。

そうした方も自分にとって大切な本質は何だろうか?

と考えてみるといいです。

 

あと山羊座は時間をかけておこなうものや枠組みのあるもの、社会などもあらわし

長期的にやってきたことの見直しや枠の中の見直しとかもあるかな。

自分のチャートでどのハウスにトランシット土星がきているかで

内容は変わると思います。

 

もちろん、社会的な流れも変わると思うので

社会の中でも法の見直しとか枠組みの見直しをされていくのではないかと

思われます。

 

エッセンスには「本質」という意味もあります。

私たちがフラワーエッセンスを選ぶときは

自分の本質的なものをみて、選ばなければピンときません。

だから、自分自身の内面の変容ということであれば

選ぶことにも時間をかけていく必要があるのです。

 

 

 

受付中 

【東京】2/24〜26個人セッション

【高松・スカイプ・電話】期間限定・2018年のわたしとひかりと森のヒーリングミスト

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

アストロロジー・心理占星学

星のタイミングを知り、活かす

 

12/9〜11の東京での個人セッションの受付は終了させていただきます。

12/12の植物観察会とWS12/6本日中だけ受付可にします。

随分寒そうな予感もしますが・・こういうときに植物はどんな状態なんだろう

というのを見ることができると思います(^-^;

多年草のキンミズヒキなどや葉っぱを落としたエルムやトチノキ、

常緑の針葉樹やホリーなども季節柄、観察したいと思います。

 

WSでは観察会での経験をもとに植物との関わりを深めていくワークなど

おこないます。

 

 

東京での来年の予定は

2月、4月、7月、9月または10月、12月になりそうです。

来年の植物観察会は場所を変えながら、エレメントや惑星の影響も

考えながら観察していきたいなと思っています。

 

今月は圧倒的にアストロロジー人気です。

 

通常の星読みでは、「火星がきていてスクエアだから・・」というような

占星術用語なしで相手に伝えるようにスクールで教えられたりもするようですね。

 

受け取るほうはわかりやすいけれど

かなり読み手の思い込みも入りやすいので、難しくもあります。

 

私は今回、その方の一年の星の動きのプリントをお渡ししていく予定ですが

思いっきり、「トランシット木星が太陽に合」とかしか書いてません(笑)

一応、セッションでもうちょっとお話しますが。

これは個人によって、どうなりたい、どうしたいが違うので、

それをお聞きした上で、そのためにどのタイミングがいいのか、

どういうことが助けになるのかなどお伝えします。

 

だから、いきなり話を聞かずに

「あなたはこうなります」ということは言いません。

クリエイトしていくのは自分だから。

 

あと

「結婚できますか?」

「仕事を変わったほうがいいですか?」

というような判断をゆだねる質問は結果的に誰かに決めてほしい

というものがあり、

これも自分で決めることが重要です。

 

自分はこう決めたのだけど、もっといかしていくには?

どのタイミングで動くのがいいのか?

といったことに役立てていただけたらと思います。

もちろん、先のことが不安・・とか

今どんなところにいるのか知りたいといった方も

整理して今の星の配置を知ることで進むべき方向が見えてきたりします。

 

実は私も一年の星の動きをすべてテキストを

エバーノートに入力して、スマホでも確認できるようにしているのですが

すでにある予定は変えられないし、

どうしてもそこしか都合がつけられないということがあるので

必ず星のタイミングで動くことはできません。

しかし、自分の中でいつでもはじめられることに関しては

月の暦や星のタイミングを使うこともできるし、

だいたいの流れが把握できて便利です。

 

火星がMCのところにくるタイミングで仕事についてこれをやろうとか

トランシット土星が運行中のハウスによって、これに取り組もうとか。

個人的にプログレスの月や太陽の移動、他の天体とのアスペクトによって

内的な変化のタイミングも知ることができます。

 

スカイプ・電話でのセッションの方には

テキストデータを添付しますが、

対面で2/4までアストロロジーのセッションを受ける方で

テキストデータが欲しい方はセッション時にお伝えください。

対面の場合は、紙をお渡しするので。

 

でもデータだと重要なところに色を入れたり

自分でやることを書きこんだりしやすいですね。

私はそうしています。

一年の計画をたてていくときの参考にしていただけると思います。

 

 

セッション希望の方はコチラから↓

スカイプ・電話セッション

高松セッション

 

12/16以降ご予約可能です。

2018年のアストロロジーを含むメニューは1週間前までにご予約ください。

 

 

受付中 

【高松・スカイプ・電話】期間限定・2018年のわたしとひかりと森のヒーリングミスト

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アストロロジー・心理占星学

12月の星の動きはなかなか重要

 

オオアマナの葉っぱ随分伸びました。

 

グレゴリオ暦の12月です。

 

年末年始のお休みですが

年内は12月28日(木)まで。年始は1月6日(土)から。

メール対応は12月31日まで。年始は1月4日から。

とさせていただきます。

 

ブログはお正月も更新するかなと思います。

 

東京での冬の植物観察会と植物との関係を開くWS個人セッション

来週、再来週とせまってきました。

こちらの受付は12月5日(火)までとさせていただきます。

それ以降の受付は対応しきれない可能性がありますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

あと、メールの返信はだいたい24時間以内にしておりますが、

届いていない、という方は必ず再度お問い合わせくださいませ。

SNS(フェイスブック、ツイッター)経由でもかまいません。

 

先日、海王星の逆行から順行になったところですが、

12/3から水星が逆行にはいります。

12/23のクリスマス前までの予定。

12/4が満月。

 

逆行というと何か物事が進まないような気分になるかもしれませんが、

占星術家の松村さんは、逆行は内向きになるので小説家は出生図に逆行があるほうがいい

など言われています。

なるほど、外に意識を向けるときではなく、

水星逆行は自然と思考や知性が内向きになりやすいともいえます。

 

師走の忙しい時期ですが、なにか思うように進まなくても

それはじっくりと何か精神的なことを深めていくのによいのだと

思ってもいいかも。

 

2017年もいろんなことがあったと思います。

来年は平成最後の年になるし、いろんな動きがまたありそうですね。

そうした来年のことに思いをはせていてもいいですね。

 

私は海王星の順行以降、また何か切り替わりを感じていて

まだまだ気配のようなものですが。(そこが海王星っぽい)

現在のトランシットは蠍座の木星と魚座の海王星が12度で120度です。

12度はやはり松村先生いわく、自然の秩序を発見していく度数なので

ちょっとどきどきします(^-^;

自分のネイタルとも実はからんでいますから。

魚座の11〜15度はサビアンアストロロジーでは

古来から続く精神的な伝統に関わる度数ですし。

そこにいま、牡牛座の月が木星と180度です。

どれも女性的なサインで、天体も輪郭がぼやけるものばかり。

受容的な姿勢の中で受け取るものが鍵かもしれません。

 

あとは今天秤座火星と牡羊座天王星が180度ですね。

こちらは男性的です。

サインも活動宮。動きがあります。

社会的なニュースがわりと反映しているようにも思います。

 

 

社会的な出来事や自分や自分のまわりにおこっていることを振り返ってみると

それらの影響が考えられるかもしれないですね。

 

火星はじきに蠍座へ移行し、木星のほうに近づきます。

今月の大きな星の動きは土星の移動です。

12/20に本来の居場所である山羊座に入ります。

ここでも社会的な流れがもうひとつ変化がありそうです。

 

水星逆行の終わりごろに冬至(12/22)という重要な節目もありますので

今月は冬至に向かって、ひたすら内的に考える機会が増え、

それがわりと無意識をとおして、象徴など受け取るような形で

やってくることが多いかもといえそうです。

 

土星の移動と冬至、水星逆行明けのあたりは固まっているので

いっそう新しい流れを感じそうです。

 

星の移動や切り替わりは人によって感じ方が様々です。

何も感じない人もいるし、

星のことを知らなくてもいろんなことがおこる人もいて流れの変化を感じる人もいるし

いいとか悪いとかはありません。

ただ、自然界は同じようにその影響を受けて変化していきます。

受け身でいることもできるけど、

意識的に使うには、その流れのエネルギーを利用して

行動をおこしていくことです。

そうした目安にしていただければと思います。

 

 

受付中 東京のイベントの受付は12/5まで。

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松・スカイプ・電話】期間限定・2018年のわたしとひかりと森のヒーリングミスト

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アストロロジー・心理占星学

宇宙の視点から見るヘリオセントリック占星術

 

ヘリオセントリック占星術というのは松村潔さんの本を知るまでは

知らなかったのですが、

海外ではすでにあったもので、astro.comのサイトでも

すでにヘリオセントリックチャートが作れるようになっています。

 

ジェームズ・R・ルイスの「占星術百科」によると

ヘリオセントリック占星術の誕生には2つの要素があったということです。

 

・太陽黒点の活動と惑星間の角度(アスペクト)との関連性が科学者によって発見されたこと

・パソコンが広く普及し、計算が楽になったこと。

 

ヘリオセントリック占星術の手法でNASAの科学者が

太陽黒点活動の活発化を予測するのに使用した

と書いてありました。

 

松村さんが書かれたヘリオに関しての本は基本的に3冊出ています。

実は私は最初、他のことを理解するのにヘリオのことを知らないとと

思い「三次元占星術」を買ったのですが、

・・よくわからん・・。

で、次に「ヘリオセントリック占星術」を。

なぜ、松村さんがいま、この占星術をおこなうようになったかの経緯など

詳しく書かれています。それはよくわかるけど、

どう見るの?それぞれの意味は?というのがいまひとつわからない・・。

 

で、女子学生でもわかるようにと頼まれて書いたという

「わたしの運命がわかる地球星座占い」を買い求めました。

実はこの本、2年前に角川書店から出された本なのに

在庫がどこにもないのです。

アマゾンのマーケットプレイスでは定価以上の価格でしか売られていません。

角川のネットショップにもありませんでした。

古本サイトも見てみたけど、在庫なく。

おそらく新しめの本であるため、店頭在庫はまだどこかにはあると思います。

一応、高松の書店にも行ってみたけどなかったので

しかたなく、価格少し高めの古本を購入しました。

書店で見つけられたら買っておくとよいかと。

この本がまた、滝涙並みにわかりやすい!!ので驚きました。さすがです。

ただ、この本一冊ではすべてじゃないし、やはり上記3冊は必要な感じがします。

 

で、この地球星座占いの本をベースに少し説明を。

 

従来の占星術はジオセントリック占星術といいます。

私がいる地球が中心で、天動説に基づきホロスコープを作ります。

 

一方のヘリオセントリック占星術

地動説に基づき、太陽が中心となってホロスコープを作ります。

ですから、チャートの中に太陽はなく、地球ポイントができます。

 

意味としての使い分けでは

ジオはこの地球に根付いて生きるための地図 地球から太陽を見ている。

ヘリオは反対に太陽から地球を見ている視点なので、宇宙の視点からこの地球で何をやっていくのか

というたましいの目的を知るための地図

という感じでしょうか?

 

松村さんの本ではジオのみでは個人を中心としたものになり、限界があると言われています。

 

そもそも2011年に天王星が牡羊座に移動し、

大きく揺さぶられたことにより、上にあるものを下におろす、

上と下を調整するということを松村さんは受け取ったようで

ヘリオの視点の必要性を感じたようです。

 

青写真にそって生きているような人はおそらく、ヘリオチャートのほうで生きているとも

言えるようです。そうするとジオのチャートにはあてはまらなくなったりするようです。

かといって、ジオは必要ないのかというとそういうわけではなく、

チャクラとの関連にも本では触れていて、1から3がジオのチャートで下 (地球) から上 (宇宙) に

4から7がヘリオのチャートで上から下にという図はとてもわかりやすいです。

 

つまり、ジオセントリック、1から3チャクラでの働きが整っていないと

ヘリオはまったく使えないともいえるかもしれません。

 

天才と呼ばれるような人はわりとヘリオ的な生き方を早くからしているそうです。

ヘリオセントリックのチャートを出してもまるでピンとこない人は

まずジオの部分 (人間関係や感情、社会への適応) を十分に生きていないか、

受け身的な人生を送っているか

かもしれません。

そういう方はいきなりヘリオのほうを読むことを松村さんも勧めてはいません。

 

私にはこの理論がなんとなく、

太陽法と煮沸法のことをジュリアン・バーナードさんが説明していることにも

似ているなと思ったりします。

 

これについてはいろいろ意見があるかもしれません。

エドワード・バックはなぜ、煮沸法でフラワーレメディーを作ることになったのか?

ただ、太陽が出てないからなのか?

ではなぜ、晴れているときに煮沸法をやる必要があるのか?

煮沸法で作ったものもあれば、同じ時期で太陽法のものもあるのはなぜか?

 

ヒーリング・ハーブ社のジュリアン・バーナードさんは

太陽法は上から下に火のエネルギーが運ばれ、

煮沸法は下から上に運ばれると言われています。

煮沸法の下から上にの意味は

「上に昇る魂の道筋と、魂が戻っていくための人生の学びに関わるさまざまな経験を表しています」

ということです。

※「バッチのフラワーレメディー 植物のかたちとはたらき」ジュリアン・バーナード

198p

 

いずれにしろ、多くの法則として

上から下の流れと下から上への流れというのは陰陽のように対になるものです。

 

 

チャクラでの上位チャクラと下位チャクラもともにバランスが取れていないと

人間としては偏りが出てきます。

 

この考えがヘリオへの興味を大きくしていきました。

 

とりあえず地球ポイントの出し方は簡単です。

自分のホロスコープの太陽のサインと180度反対のサインの度数になります。

他の天体に関してはastro.com

「出生データによる、さらなるチャート選択」

オプションの「太陽中心の獣帯」を選択して出せばいいです。

 

松村さんの「三次元占星術」ではヘリオでは恒星の力も関わるとして

恒星の一覧も出ています。

それもかなり面白いのですが、恒星の実感はまだ全然ないので

よくわからないです。

でもここのところ、ずっと松村塾を聞いたり、ハーモニック出したり

いろいろしていて、年表も作ったし

自分がこの人生であるいはこの地球でおこなうべき役割のようなものを

考えていて、大きな視点から自分を見ていくということは

やってみて損はないと思います。

むしろ、やったほうがいい。

大きな視点は実感はないかもしれないけれど、

過去の経験を違う視点から見るヒントになります。

 

わたしたちはそんなに小さなものではないということが

なんとなく、感じてくるかもしれません。

 

ここではヘリオチャートの見方をというよりも

この宇宙からの視点も必要だということを伝えたかっただけです。

もっとも目の前にある悩みに頭を悩ませているときには

そんなことはまったく考えられないかもしれません。

チャートを見るときにも

そういう悩みから解放されるにはどうしたらいいのかというところから見ていくでしょう。

しかし、結局はそんな悩みや自分が過去からずっとやってきていることは

この地球での役目につながっているとも言えます。

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

アストロロジー・心理占星学

所属と独立・分離のタイミングをみていく

アストロロジーを見る時って

「会社をやめるべきか、どうか。やめるとしたらいつ?」とか

「このスクールに入ろうかどうか」

「離婚を考えているけど」

「結婚を考えてる」とか

気になるときがあると思います。

 

とあるコミュニティや団体に入るか、やめるかとか。

 

基本、自分のこころの内側に丁寧に聞いていくことだと思います。

 

これから関わるにしても、長くいてやめるにしても

人生が変わっていくことになるし、生活も変わります。

 

アストロロジーが先ではなく、自分の決断が先で。

 

その上でアストロロジーは後押しするものとなります。

 

サインは男性星座と女性星座にわかれており、

風と火が男性星座で意識が外に向かっていく

水と土が女性星座で意識が内に向かっていく

という性質があり、

基本、集団で何かをやるのはその中でやるのだから

女性星座と関わる傾向があります。(すべてがというわけではないです)

それもとくに他者と関わる天秤座以降のサインで。

 

コミュニティや団体、所属をあらわすのは蟹座、山羊座

蠍座は団体ではないけど、所属をあらわします。

射手座も団体的要素はありますが、スポーツや宗教、高等教育という分野。

 

一方、自分ひとりという感じなのは

牡羊座と牡牛座。

双子座も何かに所属するのは苦手だけど、あちこちふらふらしてる感じ。

あと水瓶座は独立性が強くなり、分離していきます。

 

関連するハウスも同じような意味になり、

そうさせられるような感じになります。

 

ちなみに魚座は集団といっても人ではない感じです。

むしろ、見えない集団深層意識ですね。

 

けっこうそれだけでもチャートをみると

一人でやるのが向いているのか、

どこかに所属してやっていくのが向いているのかわかります。

 

何かに入ったり、やめたりというタイミングは

なんとなく、進行(出生のチャートから一日一年法などで天体が進んでいくチャート)

や惑星の年齢域でサインやハウスの切り替わりのときというのが

多いように思われます。

 

ちなみに私は双子座が多く、本来何かに所属するのを

苦手としますが、

今所属しているヒーリングスクールでの長期的学びが始まったのは

進行の太陽が蟹座に突入したあたりです。

それが30年もあるわけで、、ほんと長いです。

 

短い間、何かに所属するような感じなら、進行の月が関わるかもしれません。

 

仕事にしてもあれだけ長くやってたのに、急にやめてしまうという人が

たまにいるのはそんなタイミングであるかもしれません。

 

惑星の年齢域で木星期 (46歳くらいから) に入ると

突然、違うことをやりたくなる場合は

それまでの年齢域の天体は全然違うサインに入っていたということもあります。

 

私は進行にしても、惑星の年齢域にしても

土星の年齢域あたりは今までとまったく違うので

けっこういろいろ変わるかもという予想はしています。

 

とはいえ、これはチャートの配置がこうだからこうすべき

というよりも、自分がどうしたいのかという内面の意識から

そのためにはどの配置をうまく利用すべきか、発達させるべきかと考えるほうが

能動的な使い方だと思います。

 

あと参考になるのは

過去に自分が会社や団体、コミュニティに入った年、やめた年など書き出して

照らし合わせていくことです。

(進行や年齢域でみて)

結婚もコミュニティに入ることに関連するかな。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ