3/2にメイクメリーさんでおこなう「カレンデュラの化粧水とフェイスオイルを作ろう! 」の材料揃っております。

カレンデュラはBGに漬け込み中。

参加者募集中です。

くわしくはこちらへ。


**************************************


さて、花粉のシーズンがやってきました。

植物療法でもいろいろ対策があり、いろんなところで紹介されていたりしますが、
ちょっとまとめと簡単にできるジェルの作り方を紹介します。



★喉・鼻用ジェル

材料
キサンタンガム 2g
植物グリセリン 5ml
精製水 30ml

精油 12滴

鼻のムズムズに・・ユーカリ、ティートリー、カモミール、ニアウリ、ラベンダー
鼻づまりに・・・ペパーミント
呼吸器系に・・・ヒノキ、パイン
喉が痛い・・・ユーカリ、ラベンダー、タイム

手に入る方は日本のシソや月桃の精油もよいかも。

精油は3、4種類選んでみてください。


1. 容器にキサンタンガムをいれる

2. グリセリンを加えながらよくまぜる

3. 精製水を少しずつ加えながら混ぜる。ジェル状になるまで。

4. 精油を加える。

5. 全体に混ざったら完成。


そのときの湿度などでジェル状になりにくい、なりやすいというのがあるので、
最初少し少な目のキサンタンガムで作り始めて、足りなかったらたすような感じで作ったほうが
いいかもしれません。
精製水も加減しながら加えます。

精製水の代わりにラベンダーウォーターやカモミールウォーター、ティートリーウォーターでもよいかと思います。月桃も花粉症対策になるとちょっと読んだことがあるので月桃ウォーターを試してみてもいいかもしれません。

カモミールやティートリー、ペパーミントは香りが強いので配分として少な目で作ってみてください。

天然の保存料を後で加えると長持ちします。


今までジェルを作るときは湯煎をして作っていましたが、グリセリンを最初に使うことで常温でも簡単にジェル状にだまになりにくく作ることができました。





使い方として喉や鼻まわり、胸腺あたりに刷り込むような感じです。


別バージョンとして、

精油をペパーミント、バジル、レモン、ローズマリーで頭痛用ジェルに

あるいはサイプレス、サンダルウッド、ユーカリ、ヒソップで咳を楽にするジェルに


というのもできます。


さらに・・フラワーエッセンスを加えることもできます。


花粉症対策として

レスキューレメディー・・・応急処置として

クラブアップル・・・浄化を促す
ビーチ・・・・まわりの環境に対して敏感なのを受容する
チェリープラム・・・コントロールできない状態から身をまかせる

ヤロウ環境フォーミュラ・・・浄化と免疫保護のサポートとして



花粉症の症状を悪化させる要因として

・食事
・ストレス

は大きいので、特に食事は乳製品、インストタント食品をなるべくやめて、デトックス食材やポリフェノールの多く含まれる食材をとるように心がけてみましょう。

ストレスや抗アレルギーに必要なビタミンCはいつもよりも多めにとります。
食事では補えきれないので、サプリメントを利用しましょう。


体質からの改善としては私はずっと漢方薬のお世話になっています。
これがなによりも効果がありますね。
漢方医に相談してみましょう。


あとはいろいろ言われている菊茶だのグアバ茶だの凍頂烏龍茶だのありますし、乳酸菌も花粉症対策のサプリで最近は出てるし、そういったものも利用しながら過ごせるといいですね。


あと風が強い日は極力自転車での外出を避けるなど花粉情報と風向きで行動を考えたり・・。



なんとか乗り切りましょう!




花と植物の学びと癒し・・インナーガーデンHP