130704_134549.jpg

 


本日のカルチャーで作ったもの。

最近はロールオンになっている容器が手に入り、とても便利です。

これは遮光にはなってないけど、遮光のロールオンボトルもあります。


ロールオンボトルの利点は持ち運びしやすいという点です。
中にロールオンのキャップもされているので中身もこぼれることはないし。


これから夏休みにはいり、旅行やらキャンプやらで活躍しそうです。


作れるものとしてはスポットで使うためのものなので、

・香水
・首肩の凝りほぐし
・虫刺され用
・頭痛や痛み用

あたり。もう少し幅広タイプの容器が手に入ればデオドランド用も作れそうです。


ここでは虫刺され用の中身を紹介します。

オイルにするか水溶性のものにするかを選びます。


いつも私は虫に刺されたら、そのへんに置いてあるラベンダーの精油かドクダミのエキスかカレンデュラオイルをささっと塗ってましたが、それらを合体させることができますね(笑)



★オイルベースの虫刺され用オイル(10mlサイズのロールオンボトル)

カレンデュラオイル10ml
精油 ラベンダー 5滴
    ティートリー 5滴
    レモンユーカリ 2滴


カレンデュラオイルには虫刺されのときに使えると習ったのはアロマテラピーの学校でした。
子供にも使えるのでとてもいいと思います。

希釈率が少し高いのですが、スポットで使うのでこのくらいは必要かなと思います。
原液をつけるほうが効果があるといっても子供だと少しためらうところですが、これなら大丈夫。

刺された後に残ることがありますが、カレンデュラオイルによって跡が残りにくくなるのではないかと思います。


精油の役割としてはかゆみに対して使うか、解毒、抗菌作用でここではユーカリは解毒目的での使用です。

ほかにはかゆみに対して・・カモミールローマン、カモミールジャーマン、ペパーミント
虫刺され後のデトックスで・・・パチュリー、レモングラス、ゼラニウム

など使用できます。


カレンデュラオイルをホホバオイルにかえることはできます。




★アルコールベースの虫刺され用ローション

ビワエキス 5ml
ドクダミエキス 5ml
精油 ペパーミント 3滴
フラワーエッセンス レスキューレメディー、ドクダミ 各2滴


ビワもドクダミもかゆみに対処でき、ドクダミは解毒作用もあります。
ビワもドクダミも葉っぱをアルコールに数週間漬け込んだものを使用します。


液体なのでフラワーエッセンスも入れられます。

レスキューを加えることで虫刺されだけでなく、指をはさんだとか打撲したとか、そんな場所にも使えるのではないかな。


アルコールベースになるので、そのまま精油も加えてもよいと思います。

水溶性としてフローラルウォーターを使うこともできますが、精油と混ぜる場合は
植物グリセリンかアルコールが必要です。

フローラルウォーターだと
ティートリー、カモミール、ラベンダー、メリッサ、月桃あたりの芳香蒸留水がお勧めです。



他にはジェルベースや蜜蝋ベースも作ることができます。

持ち運び用ではなく、おうちでたんまり用意しておく用という感じですが、天然素材のものなので、一か月以内に使いきろうと思ったら、実はなかなか使いきれないのです・・・。


ほんとにスポットで使う場合は少量ずつ作るのがよいでしょう。





*****************************************


薬草・植物セラピー教室でもこのようなロールオンローションなども作ることができます。

香川セッションルームにて随時受付中



花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP