130909_131027.jpg





青空シリーズ。オリーブの木と秋の空。 



実はここのところ、私は交感神経優位で、夜の寝つきが悪かったり、夜中に目が覚めたり、血圧が高かったり、暑がりだったりします。


夏の間、すごい猛暑の外気とエアコンの中にいることの差が自律神経系を乱れやすくさせます。



交感神経優位・・・寝つきが悪い、血圧が高くなる、心拍高くなる、発汗しやすい、イライラしやすい
副交感神経優位・・・ずっと眠くてだるい、血圧低い、発汗しない、無気力


自律神経はこの2つの神経のバランスでなりたっています。
このバランスの乱れはホルモンバランスの乱れを導きます。


だから、サインとして受け取り、対策をします。


交感神経が優位になっているときは副交感神経を刺激する精油を使います。

プチグレン、マジョラムスイート、ラベンダー、サイプレス


自律神経の調整をする精油は

ゼラニウム、ジュニパーベリー、スイートバジル、ローレル


交感神経を刺激する精油は

ローズマリー、柑橘系の精油(レモン、グレーブフルーツ、ベルガモットなど)



イライラや高血圧、不眠などに対して

イランイラン、カモミール 
もお勧めです。




そんなわけで私は今、プチグレン、ネロリ、イランイラン、サイプレス、ゼラニウムのブレンドを寝る前に首に塗ったり、手首に塗ったりしています。


交感神経優位の状態のときは、夜は照明を暗めにしたり、静かな音楽を聴いたり、ヨガをしたりもよいかと思います。

副交感神経優位の方は昼間はとにかく動くようにして、活動的に過ごします。



症状として病的なレベルにある方は必ず専門の医療機関にかかってください。



プチグレンって普段はあまり一般的な精油ではありませんが、副交感神経の働きを促すトップのほうに出てくる精油のようです。
妊娠中の方も使用できます。

妊娠中や更年期になると汗をかきやすく、血圧も高くなりやすくなるので、イランイランやネロリとあわせて使用されるとよいのではないでしょうか。





花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP

只今、期間限定メニュー夏回復アロマバランシングも受付中。