140619_093916.jpg



太陽は蟹座に入り、水のムードは高まり、まだ水星は逆行中だし、蟹座のテーマである「家族・子供・ホーム」に関連して取り組むということが出来るかもしれません。

蟹座には祖先や過去のものなども意味として含まれていて、そこからひも解き、何かを学ぶということもよいかも。


ところでフラワーエッセンスで内なる子供を癒すというのはどういう過程でしょうか。

FESではメタフローラの月のレベルとかで学んだりもして、関連の花もいくつかあります。

しかし、フラワーエッセンスを服用するだけでは癒すことは出来ないです。


あくまで意識的に自分が取り組む姿勢が大事です。


占星術では月が自分の子供の頃をあらわします。蟹座の支配星も月になります。


自分の月の星座は何座ですか?

その星座の特徴はよくあらわれていますか?


よく主張しているのか、あんまり普段は出ていないのか、人から言われる自分の印象が本来の自分とかけはなれているのか・・。


本来の自分に近い性質は月にあらわれることが多いです。
そして、月は一番ここちよいと感じる自分でもあります。


どういうことが自分にとってここちよいのか、
どんな自分ならうれしいのか



ちょっと考えてみましょう。


ここちよい状態ではないのなら、どんなサポートがあればここちよくなれるのか
内なる子供が喜ぶには、どんな花が助けになるのか


さらに考えてみます。

「自分を愛する・受け入れる」
「守護されていることを感じる」
「大地とつながる」
「感情を感じること」
「人との距離感を保つこと」



ぴったりする言葉を書き出すことで花を選びやすくします。

色やかたち、植物が生育する環境を考えてもいいと思います。


ここちよさをサポートするための花にいく前に

いつも感じている感情や問題があれば、まずそこにポイントをおいた花を選んでもいいと思います。

占星術のチャートでは月にハードな角度を形成している惑星やトランジットの影響を少しゆるめるようなもの。



月は「自分がどう感じているのか」がとても重要なので、それを日々振り返りつつ、フラワーエッセンスを服用していくことをお勧めします。


子供の頃の傷ついた経験の深さにより、心理療法を受けたほうがよいこともあります。
フラワーエッセンスはすべてを解決させるものではありません。


またいくつかのアプローチを併用することでプロセスが進むこともあります。

ある程度の期間に区切って、取り組み、間をおいてまた取り組むというスタイルでもいいと思います。要は自分が意識的に取り組めることのほうが重要なので。





フラワーエッセンス・アストロロジー(占星術)・セッションのモニターは6月末までに
申し込んでいただければ、セッションそのものの開始は7月以降でも大丈夫ですよ。




******************************************

以下受付中です♪



【6月末まで】スカイプ・香川でのフラワーエッセンスアストロロジー・セッションモニターさん募集♪



定員の半数以上埋まりました♪お早目に申し込みください。

7/7(月)【東京・六本木】ワイズウーマンのためのセルフケア「薬草クリームを作り、ケアする」


7月【東京】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)♪


7/20(日)【福岡】ワークショップ「星と植物・12星座とフラワーレメディー・アロマ」


7月【福岡】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)



花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP