141016_080343.jpg


私はどうも長くどこかへ出かけるときに限って体調を悪くする率がそこそこあるようです。
毎回、あれがあればと思うようなものもあり、旅行時のメディカルセットの内容を考えなくてはと思います。

いつもは旅行時

レスキュー・ヤロー環境フォーミュラ・精油(免疫系と安眠用)

ぐらいで。
これはすぐに薬局とか行ける都市部への旅行ならいいのですが、山とか田舎だとさらに自分の常備薬をプラスしておく必要があります。

ひえピタって熱だけじゃなく、足とかにも貼れるからいくらあっても困らないなと思いました。


しかし、ふと思ったのですが災害時のときにライフラインがもし止まったら


薬局はやっていないし、病院も行けないかもしれません。

そんなときに限って体調を悪くする可能性もあります。


解熱・鎮痛剤とかひえピタ、胃腸薬など自分の常備薬は常にそろえておくこと。
ホメオパシーのキットを使っている人はそれでもよいです。

ビタミンやミネラルは随時消費していきますが、緊急時用で多めに常備しておくのもよいかもしれません。


それに加えて自然療法で常備しておくとよいものをあげておきます。


・はちみつ
・ラベンダーの精油
・カレンデュラオイル
・アルニカクリームまたはオイル

・ペパーミント・タイムのお茶
・しょうが(パウダーでも可能)
・サトイモパウダー


はちみつは喉への抗菌作用もあり、風邪のときにも使います。
ショウガとあわせてもよし。

ラベンダーは万能なので、やけどや虫刺され、安眠のため、喉が痛いときに喉に刷り込んだりできます。

カレンデュラオイルはリンパの腫れやむくみによくて、喉が腫れているときに塗ります。
虫刺されやかぶれにも使えるし、ホルモンバランスを調える働きもあるし、胃の痛みや胃腸の不調時、手術後の患部に消炎作用・抗菌作用で働きます。
オイルは酸化するため、数か月ごとに新しいのに買い替える必要があります。
自分で作ることもできます。
ほんとカレンデュラオイルは私は使用頻度の高いオイルの一つです。

アルニカオイルもあるゆる痛みや傷、打撲などに使うことが出来ます。

ペパーミントは胃腸系の風邪や消化不良などにとにかくあると重宝。
タイムは喉が痛いとき。うがい用で使うこともできます。

サトイモパウダーはあればですが、ひえピタの代わりです。
芋パスターとして、熱があるところを冷やします。
同量の小麦粉とショウガのすりおろしとあわせて水で練って
布ではさんで貼れるようにします。

気管支炎のときには胸と背中に。


季節にもよりますが、自然界の中に薬草はたくさんあるわけなので、キャンプなど行かれた場合は、どの草を使うと止血できるのかとか虫にさされたらどの草が使えるのか、胃が痛いときにはどの薬草がよいのかなど知っておくとよいでしょうね。


止血作用のある草はいろいろあります。
よもぎ、なずな、ウツボグサなど。

もしもですが、本当に西洋医学にすぐ頼ることが出来ない状態のときがもしかしたら
あるかもしれません。

医療があまり入っていない、発展途上国の人々はそこに住む人のほとんどがどの薬草を使ったら、どんなときによいのかという知識があるそうです。
もともとは日本もそうでした。だから民間療法があるのです。

こうした智慧はあるのにこしたことはないですね。

今度東京と福岡でさせていただくワイズウーマンのためのセルフケアでもそうした薬草の知恵をお伝えする予定です。




【只今受付中】


ワイズウーマンのためのセルフケア「星と花と植物のケア」

ハーブ、精油、フラワーレメディーを使った肉体のケアの実習とホロスコープチャートからみる個人の体質や健康法をアドバイスします。
トリートメントオイルとフラワーレメディーのミスティングボトルのお土産付です。

東京・六本木:11月9日(日)13時30分〜16時30分
詳細と申し込みはコチラ

福岡・博多区:12月14日(日)14時〜17時


詳細と申し込みはコチラ


【県外個人セッション】
フラワーエッセンス療法
フラワーエッセンスアストロロジーセッション
ホリスティックアロマトリートメント
アストロジカルアロマトリートメント

東京:11/8(土)・10(月)
詳細と申し込みはコチラ

福岡:12/14(日)〜16(火)

詳細と申し込みはコチラ



香川・スカイプ・電話でのセッション/レッスンは随時おこなっています♪

花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP