アメブロのほうに書いた記事です。




 仕事と関連する星座として、
形をつくることができる土星座は重要です。

牡牛座、乙女座、山羊座

以前、蟹座と山羊座についての記事(「無意識の中のルーツとつながる 」)を
書き、自己実現のためには
蟹座の面も発達させることが必要と書きました。


ずっと書きたいテーマのひとつ

乙女座と魚座について書いてみたいと思います。



対角にある星座というのは、
共通のテーマがありながら、まったく違う性質をもつものが
多いかと思います。

その星座の性質がバランスされるために、
対角の星座の性質から学ぶことができます。


乙女座と魚座の共通のテーマは

『奉仕』 です。


乙女座は土のエレメントで、キーワードとして
健康、仕事、日々のメンテナンス

といった日常を調えることで、生活を快適にすごすことを目指します。

日々のケアが健康を作り、
毎日の仕事によって生活するための報酬を得る
決まっているルーティーンが大切です。

犬の散歩、毎日の食事、睡眠、運動、仕事、趣味など。


他者への日々のケアもそこに含まれます。
介護であったり、看護であったり、リハビリや施術・・。
医療とも関連します。

仕事はjob としての生活を支えるための仕事の意味合いが強いでしょう。

乙女座にとっての「奉仕」は自分自身の生活のためのものとなります。
12星座の6番目なので、まだ個人としての意味合いがあるからです。
(7番目の天秤座からあとの星座は対人や社会に向かっています)


一方の魚座は同じ柔軟宮ですが、
12星座の最後の星座です。
しかも水のエレメント。

支配星が海王星なので、
目にみえない世界も含み、物質としての自分から離れ、
何かと一体になり、イマジネーションの海で泳ぐことを好みます。


アーティストや創造性のある仕事、ボランティア
スピリチュアルな世界も含まれます。
無意識、こころの領域への関心も高いでしょう。
「癒し」と呼ばれるものは関連します。


魚座にとっての「奉仕」は
自分を捧げる神聖な仕事です。

神や高い世界の意志としての奉仕かもしれません。
「コーリング」と呼ばれるものも入るかもしれません。



仕事ということを考えた時に

乙女座の要素は必要だし、
しかし、自分の内面では魚座の奉仕も求めているのです。


癒しに関連した仕事をしている人はMC、10室が魚座の人も
多いのですが、
日常の生活を支える仕事として、この仕事を成り立たせるためには
乙女座の要素も不可欠となります。


魚座が偏りすぎると
夢見がちで、現実感がなく、依存的になり、
自分の夢だけでなかなか現実化できない状態になります。


乙女座が偏りすぎると
自我でコントロールしようとする傾向が強くなり、神経質になり
喜びを得られにくく、コントロールできないものに対して
イライラします。


占星術を活かすのに
こうした対角の星座を使うのはひとつの突破口になりやすくなります。
アスペクトではオポジションですが、
惑星がなくても、
自分の中でその性質のどちらに傾きやすいだろうか・・
と考えてみてください。


もし魚座の性質が強いのであれば、
乙女座の性質を見習い、
自分自身をコントロールすることや日々のメンテナンスを
おこなうことを意識します。
(仕事の場合は、現実的なことですかね、
ブログを毎日書くとか経理や事務をするとか、計画をたてるとか)


もし乙女座の性質が強いのであれば
魚座の性質を見習い
自我を手放し、無意識の世界にこころを開き、
流れに身をまかせてみます。
(乙女座にとってお任せは一番困難に感じるかもしれません。)



どちらをとっても挑戦となります。


私自身は乙女座に惑星がありますし、
魚座にもあり、MCは魚座なので、
この二つの星座の要素は自分の中でどちらも挑戦という気がしますf^_^;


土星座のあともうひとつの牡牛座も仕事と関係しますが、
牡牛座と蠍座はまたの機会に。