クリスマスらしからぬ写真ですが・・・(^^;)

宮島の弥山に登ったところに巨石がたくさんあり、

その巨石の中にまつられていた不動明王さまです。

 

こんな感じで。

 

宮島の厳島神社は瀬戸内海に面していて、3人のお姫様が祀られていて

女性的なイメージもあるけれど

意外と不動明王さまがあちこちにいらして、

男性的な面もありました。

 

弥山は空海が修行をした地でもあります。

その弥山にツガの木が多いということを考えていて

最近、価格も高くなってめっきり使わなくなっていますが、

ミカエルザヤットオイルのカナディアンツガという精油のことを思いました。

この香りは「不安や恐れ、心配」を軽減するというのです。

 

針葉樹は基本的に浄化作用が強く、私たちの意識と肉体にある不要なものを

お掃除してくれるような力があります。

 

ツガやモミが多いというのはもしかしたら

そんなつながりもあるのかなと思ったりしました。

 

不動明王さまは

宮島でもっとも古いお寺で空海が開祖した大本山大聖院と

厳島神社となりにある大願寺にもいらっしゃいます。

大願寺には非常に巨大な不動明王像があり、迫力でした。

ビャクダンで作られたとか。そんなに大きなビャクダンがあるのですね。

写真撮影禁止になってたので写真はありません。

 

不動明王は私たちの煩悩や迷いを手に持っている刀で切り離してくれたり、

悪い影響から守ってくれたりしてくれます。

 

宮島に行くきっかけのひとつにもなったのが

テレビ番組の「世界ふしぎ発見」でモン・サンミッシェルと厳島神社のことを

取り上げた回で、その中でカキが名物とか、潮の満ち引きに影響を受けていたり、

世界遺産になっていたりという共通点がありました。

しかし、不動明王については触れられていなかったけど、

不動明王は大日如来の化身ということですが、

西洋だと大天使ミカエルにあたるようです。

 

実は、宮島にミカエルがいるとはまったく思っていなかったので

すっかり見逃してしまいましたが

大本山大聖院にミカエル像があったのです。

 

モン・サンミッシェルはミカエルによって建てられたものであることは

よく知られていますが、

まさか宮島にもミカエルがいるとは。

 

 

こちらのお寺はなんだかややこしくいろいろなものがありすきで

すでに胃腸の調子がよくなかった私は

ある意味さらにお腹いっぱいで、すべては見つくさずに降りてしまったのでした。

雨も随分降ってたし、前日の弥山登山(ロープウェー使ってたのに)で筋肉痛だったし。

後からネットでこちらのミカエル像の写真をみて、

残念がりましたゆう★

 

弥山の不動明王には会えたのにな。

 

海の近くの神聖な場所や神社というのは基本的に

海で暮らす人々のための神様がいて、

船での旅の安全を守ってくれることが多いです。

 

とくに昔なら、私が訪れたときのような雨風の強い日は

霧でまったく見えない状態の中船で行き来しなければならないような

ときは何かにすがるしかなかったでしょう。

 

不動明王はそうした自然の力によって

私たちが飲み込まれたり、危険にさらされたりしないように

守ってくれるわけです。

 

 

そんなことを考えると宮島という場所は

私たちが人生という航海で何も見えなくなっていて

迷っていたり、余計な心配や不安でいっぱいになっているとき

それを浄化し、進むことを助けてくれるような

そんなところかもしれない

などと思いました。

 

これは私の一泊二日の旅で出会ったものやおこっていることなど

総合して考えたことですが。

 

 

そして年末までしばらく針葉樹の精油を使ってみたいと思います。

 

 

 

花と植物の学びと癒し 

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ