東京出張から戻りました。

春一番の中、植物観察会、参加の皆様ありがとうございましたきらきら

 

またその報告は後からお花の写真とともにさせていただきますね。

 

春一番だけでなく、二番、そして明日は三番?の強風予想がされておりますが、

すごい浄化力です。

 

私は一番ですぐ風邪をひきました(笑)

そして、二番で帰りの飛行機が欠航になりました。

しかも、遅れて機内に乗ったあと、3時間くらい待ち体制で

結局夜も9時がくるかと思われる時間になって

結局キャンセルってどーいうこと??

結局、延泊し、翌日JRで帰りました。

カウンターの長蛇の列にその後並ぶ元気なかったので

たぶん翌日便は取れないだろうということで。

 

それにしても

テレビでも言われておりましたが、

このように春一番から三番まで吹くような強風が

こんなに短い間に続くのはとても珍しいそう。

 

しかし、この浄化力すごいです。

 

野口晴哉さんの「風邪の効用」という名著がありますが、

まことに風邪セラピーというべきか、

野口さんは風邪は病気というよりも治療行為ともいえるという

見方をされておりました。

 

まだ立春前の土用期間の私は忙しくて、

非常に体のあちこちがかたくなって、

弾力がない状態でした。

ロルフィング受けても、ストレッチやっても

全然固く、ゆるまらない状態。

 

それが風邪ひいて熱がちょっと出ただけで

出張時に荷物もって歩くだけで肩ばりばりなのに

持ち歩いててもまったく凝りを感じず、

むしろ、やわらかくなってるかもくらいの弾力が戻った感じです。

 

風邪をひくと、ものすごく眠らされますが、

そのおかげですべてがすっきり浄化されたようになる不思議。

 

思考の使い過ぎでも風邪をひくとも言われますが、

とにかく予定を入れすぎとはまったく思ってはいないけど、

自分の中で休みが必要だというのは

ここ最近ずっと思っていたことなので、

ここで無理やり休みを取らされることになったようです。

(実際、何もない休日というのはほとんどない状態。

といっても予定はゆるいものだったけど)

 

このパターンをやめるには

やはり、休みをきちんとどこかで取ることでしょうね・・。

 

ちなみに風邪はひいたほうが体の調整をしてくれるので

年に1、2回きっちり経過させられると

バージョンアップできるようです。

いつもきちんと経過させられるようなときに

風邪をひくことがないので、

つい薬を使うこともありますが・・。

(「経過のさせ方については『風邪の効用』をお読みになってください)

 

 

この年齢になっても熱が出るような風邪をひける体は

健康なのかもしれないです。

といっても治るのに一週間くらいは普通にかかりますが(^^;)

 

野口さんの本によると

熱が出た後の平熱よりも体温が下がるときのほうが

安静にしていなければならないそう。

 

実は今がそうなのですが、

それで昼間寝ていたけど、熱がないから

ちょっと暇だよ・・やること山盛りあるのに・・と思いつつ

今日はブログ書く程度でやめておきます(笑)

 

体温35℃ですが、平熱もあんまり変わらないのかもしれません。

 

 

春の嵐は、自然界の中でもいろんなものを一掃し、

空気を変えていくのでしょうね。

風のシルフによって。

 

うちでおこなっている春のデトックスアロマトリートメント

浄化によい精油を使っていきますよ。

思考の浄化、感情の浄化、肉体の浄化、霊的な浄化にも。

 

 

只今受付中♪