対人援助の仕事をおこなう人はだいたい学んだ教育機関の中で

心理学的な知識とか他者と関わることへの

注意点や倫理というものを学ぶかなと思います。

 

医療、教育、福祉関係、心理カウンセラーなど。

 

しかし、現在、人と関わることが多い

サービスやリラクゼーション、ホリスティック療法などの分野では

あまりそこのところを学ぶことなく、

仕事をはじめることも多いのですが

人相手の職業なので、

対人の難しさを感じることもあるかもしれません。

 

介護や教育、医療にたずさわる人向けに書かれているやさしい本ですが、

けっこうポイントをまとめてあるので

心理療法の専門書を読んでも、

それを実践するにはできないような場合でも

参考になることが多々あるように思います。

 

プロカウンセラーが教えるはじめての傾聴術 古宮昇 ナツメ社

 

こころのしくみについて、傾聴について、

防衛、抵抗、転移、逆転移、投影などについても簡単ですが

まとめて書かれています。

後ろにはいろんな具体的な事例について説明もされています。

 

 

以前、ジェローム・リスさんの「悩みを聴く技術<ディープ・リスニング>入門」

をご紹介したことがあったのですが、あわせて読んでもよいかと思います。

 

フラワーエッセンスを他者のために使っていきたい

という方にも参考になるでしょう。

アロマセラピスト、ボディワーカー、ヒーラーさんにも。

続編の場面別のやつもけっこうわかりやすいです。

 

結局、セッションや施術の時間の中で、あるいは予約のやり取りの中で

相手との間におこることはすべて、相手を理解し、何が必要で

どんな風にかかわるべきかをあらわしています。

それをセラピスト側はどのくらい気づいているかで

関係性も変わってくるし、癒しのプロセスも変わってきます。

 

 

フラワーエッセンスの個人レッスンをおこなっていて

すでにフラワーエッセンスの分野で仕事を始めていらっしゃる方や

他者の助けになるために働いている方も多く、

レッスンの中では心理的なことや倫理について

あまり教えてはいないのですが、

こうした本から入って、参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

只今受付中♪

 

【高松2月3月限定】春のデトックスアロマトリートメント

【高松3月〜5月限定】ストレスケアのためのヒーリングミスト作り

【小豆島】4/1〜3せとうちの島花巡礼・フラワーエッセンスの旅3/15まで受付

【高松】4/3〜5エネルギーヒーリング個人セッション

【東京】4/22「植物へのまなざしを育てる」フラワーエッセンスのための植物観察

【東京】4/22〜24個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ