このブログのアクセスランキングで

非常に多いのが

 

更年期前の排卵痛

月経過多を緩和させる

 

の2つの記事になっています。

 

ほぼ、検索で訪れているようです。

 

春は私の経験からすると月経量がとても多くなりやすかったり

したのですが、おそらく冷えるからではないかと思います。

 

寒暖差が激しいときなので、

なんだかんだで薄着になってて

冷えてしまったり、

睡眠のリズムも崩れがちで

ホルモンバランスも崩れることもあります。

 

満月で雨ということもあり、

なんだか昨日から冷えていて

乾燥したヨモギを購入したまま放置してあったのを

昨日、フライパンで乾煎りしてヨモギ茶を作りました。

 

以前、通販でヨモギ茶を購入していたのですが、

自分で作る方が大量に作れて安上がりです。

乾燥ヨモギは道の駅などで売られているものです。

フライパンで5〜10分熱を通して、香りが出てくるまで

煎ります。

すると、そのままでお湯を入れて飲むよりも

数段にくせがなくなり、美味しくなるのです♪

 

煎るだけの過程しかしていませんが、

自分で手を入れるのでよけいに

美味しくなった感じがします (笑)

そしてすごく温まります。

 

月桂樹の葉っぱと鉢植えで育てているレモンマートルの葉っぱも

混ぜてお茶にしました。

月桂樹が太陽、ヨモギは月だから、

太陽と月のアルケミー茶 (笑) になります。

 

月桂樹も冷え性にいいので、そのまま葉っぱ1枚をお茶に入れるとよい

と前に雑誌で読んだことがあります。

 

ヨモギにはシネオールクロロフィルという成分が入っており、

シネオールはローズマリー・シネオールと同じ、あのシネオールです。

血流をよくする働きがあります。

 

クロロフィルは鉄分も含むので貧血にもよいのですが、

デトックス作用があり、有害金属など排出する働きがあります。

女性の子宮や卵巣には様々な有害物質が溜まりやすくなるので

ガンや子宮筋腫などの予防にもなります。

 

ヨモギは止血作用もあるので、昔から出産後などにも使われてきました。

体を温めて、生理を正常化するので

月経過多、不正出血、生理痛などに悩んでいる方は

常備茶として飲まれることをオススメします。

 

ヨモギはお灸に使うモグサにもなっていますが、

やはり体を温め、気の通りをよくするので

今、お家ケアでのお灸が流行っていて

なんと、100円ショップでも売られているくらいなので

私も少し購入しましたよ。

 

手の親指の付け根の合谷というツボや

婦人科系のツボである三陰交 (うちくるぶしから指3本分くらい上)

におこなうとよいですよ。

100円でもちゃんと使えました(^^;)

 

ヨモギってその辺にどこにでも生えていて身近にある薬草です。

(ただ、お茶にして飲むには住宅地ではなく、

山の綺麗な場所で採取するのがよいかと)

 

フラワーエッセンスでもマグワートという名前であり、

女性のためにも使えるレメディーとなっております。

 

いつかヨモギでフラワーエッセンスも作りたいと思っております。

ただ、花がとても小さいので大変そうですが・・。

 

 

只今受付中♪

【東京】4/22「植物へのまなざしを育てる」フラワーエッセンスのための植物観察

【東京】4/22〜24個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ