4/22の東京での「植物へのまなざしを育てる」植物観察会

定員になりましたので、締め切らせていただきます。

 

小石川植物園では毎年そのあたりにオオアマナ (スターオブベツレヘム) の群生が

とても見ごたえがあるのですが、今年は花全体の開花が遅めで

ここ最近、夏日のような気温になってきて

成長が進んでいるようです。

しかし、うちにあるオオアマナは毎年桜のころにはもう開花してるのに

まだ全然でございます(^^;)大丈夫かな。

 

カモミールやゼラニウムはこの暖かさで

素早く成長してもう蕾をつけています。

 

今回の観察のポイントは

「植物の成長と展開」なので

冬や春のはじめの準備してゆっくりためている状態から

気づけばあっという間に成長していく勢いの様子が見どころです。

 

人間も同じようにゆっくりあるいはほぼ動いていないかのような

たましいの状態の時期もあり、

それはぐんぐん伸びていく前段階にすぎません。

適切な太陽のあたたかさ、うるおし、いのちを支える雨、

それを吸収した大地の変化と風のダイナミックな動きが加わり、

成長していきます。

そのタイミングは花や人の個性によって異なります。

 

春は気候が日々変化に富んでいるため、

そのタイミングの差が植物にもよくあらわれているのがわかります。

 

 

参加者の方には来週はじめまでに確認メールを送らせていただきます。

 

 

そして、今年の春は4種類ほどフラワーエッセンスを作ったのですが、

3種類リサーチをおこないたいと思っています。

 

観察会に参加される方で終わった後に飲んでみたいという方は

当日ご案内いたします。

名前がわからない花のエッセンスを服用して感想をいただくという

シンプルなものなので、あまりお時間はかかりません。

 

東京や高松で対面セッション・レッスンでお会いになる方も

もしよろしかったらご協力お願いいたします。

(自由参加です)

 

ちなみに写真のタンポポではありません。

すでにリサーチ中のエッセンスに含まれております。

 

また、過去のリサーチエッセンスは今もいつでも受付しております。

ひとつのエッセンスにつき、100件くらい必要なのでまだまだなのです・・。

 

受付はコチラから⇓

日本の花のフラワーエッセンス・リサーチプロジェクト