アストロロジーセッションの質問でおそらくかなり多いと思われるのは

 

仕事に関したことのように思います。

 

とくに

『私はどんな方向・仕事が向いているのか?』

『やりたいこと・すでにやっていることがあるが、それはどうなのか?』

 

というような内容です。

 

さらにこう思っている人は

ネットでいろいろ見ていても感じるのは

40代くらいが一番多く、次いで30代、50代みたいな感じです。

 

私が20代のときは

その頃の40代、50代に仕事をあらたに探そうというのは

お金を稼ぐためのバイトかパートのことをさしていたと思います。

 

今はネットの影響もあり、

すでに仕事を持っているが、副業で好きなことをしているという人も

ものすごく多く、

できればいずれそっちでやっていきたいとか

ずっと勉強していて、できればそっち方面に進みたいと

いう人が増えているともいえます。

 

また、人生の折り返しにきているけど

まだ何がやりたいのかわからないという人もいるでしょう。

 

そもそも現在無職であるという人は

まず生活費や収入を得なければならないというあせりがあるし、

勤続何十年と正社員で働いているという人は

それをやめることへの恐れもあるからやめたいけど、

できないというのもあるでしょう。

 

やりたいと思ってやっているけど、

思うようにいかなくてただ何年もたって

向いているのかどうかわからなくなっているという場合も

あるでしょう。

 

仕事にまつわる悩みは個々によって違います。

 

私も随分悩んできたのですが、

今はやっていることにはとくに迷いはありません。

どうやったらそれをもっと形にしていけるのかということは考えますが。

 

30代くらいだとそれほど深刻な感じはなくとも

50代だとさすがに月日の早さは実感し、

何年もかけてやりたいことを探す余裕がなくなってきます。

いつかそれがわかればいいと思っている間に

60になることもあります。

 

 

仕事というテーマはホロスコープチャートでは

10ハウス (さらには2と6も重要ですが) が大きく関わります。

 

10ハウスは生活のためにお金を稼げるものというのではなく、

天職というか、野心であり、自分がこうしたいと思うものです。

 

それはあなたはこういう方面に行くべきですよというものではなく、

どんな可能性を持っていて、

どんなことを表現したがっているのか

を示しています。

もしわからない状態なのであれば

わからなくしているものと向き合っていくことが大切です。

 

わからなくしているものもたぶん、チャートの中に傾向としてあらわれています。

 

人生の方向を探している人のためのワイルドオートというレメディーがあります。

しかし、これを取ってもピンとこなかったという話もときどき聞きます。

 

エドワード・バックはこんな風に書いてます。

 

『 彼らにとって難しいのは、どんな職業に就くべきかを決めることです。

やる気はとてもあるのに、心に一番訴えかけてくる強い衝動を感じ取れずにいます。

それが物ごとの進行や決断を遅らせ、不満を引き起こすことがあります。』

「エドワード・バッチ著作集」エドワード・バッチ BABジャパン

 

 

エドワード・バック自身はこの人生で生活費を稼ぐために

どんな職業が向いているだろうかと考えたことはほぼなさそうです。

そんな彼が作ったワイルドオートは

やりたいことがわかって安定した仕事になるというものではなく、

自分の方向を決める(今やっていることにコミットする)ための

気力のようなものに関係するのではないかと思います。

人生に対して前向きにとらえ、生きるための。

悩むことでエネルギーを散らすのではなく、

決める力をつけていくような感じかもしれないです。

 

 

さらにジュリアン・バーナードさんの「植物のかたちとはたらき」で

 

『 バッチがワイルド・オートをどのように捉えていたのかについて、

ノラ・ウィークスは「明確な人生の目的」を持つ必要性に焦点を当てて説明しました。

多くの場合、人々は退屈している、すなわち人生に対する本当の興味を失っていると述べています。

ワイルドオートの人は、性に合わない創造性に欠ける仕事をしているために、

徐々に力が奪われ、必然的に不健康に陥ります。』

 

と書かれています。(179p)

 

FESだとアイリスを思い出します。

人生がただ色のないものであるのを、創造的に生きることへとつなげます。

 

私たちが仕事のことで悩むのは

ただ、お金のことだけでなく、

この社会の中でやりがいとして仕事をしていきたいからなのです。

 

それは自分の中からでしか出てきません。

 

ワイルドオートがもしピンとこないのであれば

わからなくしているものがなんであるのか、

見ていかないと

10ハウスが示しているものもやはりピンとこないでしょう。

 

セッションではいっしょに見ていくサポートをします。

内面のテーマに向き合う時間を自分のために取ることで

無意識は動いていきます。

 

心は複雑で、私たちのたましいも同様です。

 

自分ひとりではなかなかわかりにくく、

こころを映し出すための鏡のような場が必要になってきます。

 

私たちの内面は納得するのに時間がかかります。

表面ではそうなのかーと思っていても

納得していないから、パターンが変化しづらくなります。

表層意識と深層意識でズレがあるわけです。

 

そのズレが大きいと葛藤はずっとあります。

 

フラワーレメディーやアストロロジーのセッションは

そのズレに気づくためのステップとなります。

 

 

仕事についてミドル世代以降の人たちが悩むようになっているのは

私たちが「仕事」はお金のためだけにやるものではない

という思いが強くなっているからでしょうね。

 

 

 

只今受付中♪

【高松】5/13「植物へのまなざしを育てる」ノイバラの植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ