まずお知らせ。

5/11の満月にメルマガ発行します。

ウエサク祭は本日10日のようですね。

星まわり的にもいろいろありそうな今回の蠍座でおこる満月。

おこっていることに意識を置かれるといいと思います。

非常に深いところを刺激されるのではないでしょうか。

火星・海王星スクエアだし、水星・天王星は合で

パーソナルプラネットと外惑星のアスペクトが重なってるし。

満月の時刻は明日の6時42分なので、

今日、明日と満月感が続くでしょう。

 

****************************************************

 

基本にもどって、フラワーエッセンスのことをいろいろ書いていこうと思います。

 

■ 自分でフラワーエッセンスを使っていく場合の選び方について

  (波動での選択)

 

選び方について、みなさん迷うことが多いかと思いますが、

最近多いのが、バッチフラワーのオラクルカードなど出てることもあり、

カードで選びますというのがあります。

Oリングもあるけど。

まとめて波動・Oリング・キネシオロジー・カードで選んだ場合の話。

 

こういうのもありとは思いますが、

ここでも自分にとってピンとこないと思うものが出ると思います。

 

ここでのピンとこないはプラクティショナーによって選ばれたフラワーエッセンスが

ピンとこないというのとは違うでしょう。

 

カードの場合はオラクルカードになっていると

メッセージが書かれてあるので、おみくじみたいな感じで

メッセージを受け取ればよいですね。

ただ、そのエッセンスが自分の問題を解決していくためのサポートになるか

どうかはわかりません。

思い込みで、きっとそうなると思えるならそれはそれでいいとは思います。

 

これは自分の無意識で選んでいるということになります。

 

花への意識的な関わりがありません。

 

あるとしたら具体的にテーマを絞りだしているかどうかです。

それらを意識していたら、それなりのものが出てくることもあるでしょう。

 

自分がどんな目的でフラワーエッセンスのサポートがほしいと思っているか

明確にしていない場合、服用してもあいまいなままで終わることも多々あります。

 

「フラワーエッセンス・レパートリー」の中で

『波動』テクニックによる選択の注意点という項目があります。

 

ここでは波動選択によって選ばれたケースでは

組み合わせに継続性、一貫性やまとまりに欠けるということが書かれています。

 

『そのレポート内容をクライアントの成長パターンの視点から分析してみても、

明確な変容と癒しのパターンが見つけられない。かわりにエッセンスに対する

多くの混乱した症状や反応が見られる』

 

「フラワーエッセンス・レパートリー」リチャード・キャッツ/パトリシア・カミンスキ

BABジャパン 101p

 

ここでは、補助的に使うことは大丈夫だと思います。

過度に波動やカードのみでおこなっていくと

本来の直感の力が育っていかないことも指摘されています。

 

こうしたことをレパートリーには書かれているのですが、

絶版になってしまい、残念です。

 

なので、軽い感じでちょっと使ってみるくらいならいいですけど

自分にとってとても気になっている問題や深いテーマについては

波動での選択は向いていないと思われます。

 

自分が時間をかけて花を選び、

その花のフラワーエッセンスを意識的に使うことによって

内的なプロセスはかなり始まっています。

その準備があって、花の本質としてのアーキタイプの

働きかけが深まるともいえます。

 

実感できない、使ってもよくわからないという場合は

・目的やテーマがあまりはっきりしていなかった

・選択が適切でなかった

・自分では客観視できていなかった

 

のどれかがあてはまります。

フラワーエッセンスの選択はその中でも大きな部分をしめているでしょう。

 

選択についてはまだ続きます。