■ 服用するための目的を決める

 

自分の課題や問題の改善のためや

気になっていること、内面の成長や癒しのためにフラワーエッセンスを

選ぶには、どんなサポートを必要としているのか考える必要があります。

 

端的に

・彼氏ができるように

・仕事が成功して稼げるように

・就職できるように

・試験に受かりますように

 

のような外的な状況を変えることは

フラワーエッセンスではできません。

 

しかし、たとえば「仕事が成功し稼げるように」なるためには

自分はどんな風になるべきかは考えることができます。

あるいはなぜ、そうなりたいのか。

 

・もっと自信がもてるように

・まわりの人たちと比べて落ち込みやすいのをなんとかしたい

・日々の仕事に意欲がわかないのをやる気になるように

・そのことに執着しすぎているのを手放したい

 

いろいろ他にもあると思います。

 

その中でももっとも自分にぴったりな言葉や状態を考えます。

 

さらに段階を深くする場合もあります。

 

意欲がわかないというのは

ただ、やる気になればいいのかというと

 

根本的に体調としてウツっぽい状態になっていて

脳やホルモンの状態からそうなっているかもしれません。

(そうなるとマスタードとか)

 

あるいは環境やまわりからの影響でウツっぽくなっているかもしれません。

(ヤローやクラブアップル、ガーリックとか)

 

意欲がわかない仕事を無理やりやれるようにというのではなく、

自発的にその仕事に喜びを見出すには

どうしたらいいのだろうか?

と考えてみると

実はやりたくない仕事だからというのもあるかもしれないし

休みやリフレッシュが必要だということかもしれません。

 

日々の仕事が退屈に感じ、単調なことをやるのに疲れている場合は

ホームビーンが必要だろうし

仕事をやりすぎていて疲れているのなら、

オークやオリーブ、ダンデライオン、アロエベラ

インディアンペイントブラッシュとか考えられます。

本当にやりたい仕事に向かいたいという葛藤があるのなら、ワイルドオートとか。

 

そうやって、本当に必要なサポートのために時間をとって考察します。

 

もしかしたらフラワーエッセンス以外の方法で解決できることもあるかもしれません。

 

しかし、本来はそこから先もあります。

 

仕事が成功して稼げるようになることが

自分にとって本当に望むことかどうか。

外的には望みだと思いますが、

たましいにとってはどうでしょうか。

 

そこまで普通は考えることはありませんよね。

 

自分にとっての仕事について突き詰めて考えていくと

自然と根本的なところにたどり着いていきます。

 

そんな風にエッセンスを自分のために使っていくのには

選択するまでに自分の思考を整理し、ほどいていく作業になります。

だから、時間をかけて取り組んでみましょう。

 

一人ではなかなかできない人は

やはりプラクティショナーとともにおこなうと

効率よく、確実にそのための時間が取れますし、

(一人でやろうとするとなんだかんだで時間をあけられない

ことが多い)プラクティショナーとの対話や関係性をとおして

自分自身をみていくことができます。