立秋すぎて、夏の盛りが少し落ち着いてきたようにも思います。

雲がたまに秋っぽい。

でも夏のようなもくもくした雲も健在。

 

今日から水星逆行にはいるようです。

乙女座から獅子座まで逆行するよう。

お盆休みでの渋滞や休み前後の病院の混雑ぶりは

だいたい予想できるものです。

あらかじめそういうものという意識でいると

それほどイライラはしなくてすむかもしれません。

その時間に読みたかった本を読むとか音楽を聴くとか

準備もできますものね。

 

 

話変わって

西洋占星術では人間関係のエネルギーをシナストリーという

それぞれの出生図を通してみていく方法があります。

 

同じグループなのに

AさんとBさん、

AさんとCさんではお互いの関係性が違います。

AさんがBさんに感じていることが

Cさんには何も感じないこともあります。

 

そんなことも実はホロスコープにもあらわれるのです。

 

シナストリーはよく恋愛や結婚の相性で見てほしいという人が多いかもしれません。

しかし、家族や家系、いろんな人間関係においてみることができます。

 

 

たとえば

自分が好きな作家や音楽家、画家のチャートをみて

自分のチャートと同じサインの度数がないか調べてみるというのは

面白いです。

 

私が好きな音楽家の方のチャートをみると

私の月の位置にその方の金星がありました。

その人の音楽 (金星は音楽とも関連がある) が私の月に心地よく感じるわけですね。

 

自分が好む音楽というと自分の金星も関わるので

自分の金星に音楽家の方の太陽とか金星がきているという場合もあるかもしれません。

ロックとかなら火星もあり。

癒し系なら海王星も。

 

 

アストロロジーのセッションでは

あらかじめお伝えいただければ

気になる人のチャートもごいっしょに出すこともできます。

 

しかし、結婚できますか?という質問に対してはなんとも答えることができません。

チャートで見るのは関係性の星の配置です。

すでにこういう関係性であるということは事実としてわかっているので

それを客観的に見ながら、その関係性をどのように発展させていくことが可能なのか

ということなら見ていくことができます。

 

いずれにしても何かができるかできないかは

本当に本人次第なのです。

 

 

自分にとってかなり嫌な印象をもつという人のチャートを見るのは

面白いかもしれませんが、その人の出生データを掴みにくいですね(笑)

有名人でどうもその人を見ると嫌な感じがするという人のチャートを

見てみるとか。

たいていは何かを投影しているわけで。

自分にとっての土星的なものや海王星、冥王星的なものかもしれません。

 

しかし、自分にとってあまり使われていない性質を補うのも他者で、

足りないエレメントや未発達のサイン、天体をその人の中に見ることもできます。

 

それをフラワーレメディーとして使うこともできます。

 

未発達の部分を共振・共鳴させていくことで、

少しずつその性質を目覚めさせていくのです。

 

そう考えると関係性というのは

私たちをより成長させてくれるためのものであるということが

とてもわかりやすくなるのではないかと思います。

 

 

使われていない部分は意識化した上で、フラワーレメディーを使うほうが

よりプロセスがスムーズです。

 

 

フラワーエッセンス・アストロロジーまたはアストロロジーのセッションは

高松、スカイプ・電話で随時おこなっております。

東京では9/8(金)〜12(火)に西新宿・大久保、茅場町、小平・草舟あんとす号さんにて

予定しております。

 

詳細とご予約はコチラからどうぞ。

 

 

受付中

【東京】9/9「植物へのまなざしを育てる」初秋の植物観察会

【東京】9/8〜12個人セッション

【高松・期間限定】夏の癒しアロマ(ヒーリングコスメとトリートメント)

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ