ルーン文字の中で、ヤラというシンボルは「一年」をあらわすのだけど、

収穫ということが含まれています。

 

作物を種から育て、4つの季節にまたがり、収穫までのだいたいの期間です。

 

フラワーエッセンスのセッションでもレッスンでも見ていて思うのは

だいたい1年ぐらい続けていると

何らかの変化があらわれています。

以前と比べて視点が変わるというか、

捉え方が変わるというか。

 

とくにその方にとっての本来の性質に近いところで

生きるのが楽になっているような感じです。

 

占星術のサイクルでも一年は太陽が12サインを巡ったくらい、

木星がひとつのサインから次のサインへ移るタイミングでもあります。

 

月のサイクルの28日は

一時的な感情の問題のバランスを取ったり、クリアーにしたり

体調を調えたりというのには適したサイクルですが、

その人の中の根深い問題の解決には短すぎます。

 

3ヶ月〜半年というサイクルは

季節をひとつ越えるくらいのサイクルで

同じサインの新月から満月までの期間でもあります。

(牡羊座の新月は3月か4月で牡羊座の満月は10月頃)

自分の中でおこなう短いプロジェクトが達成するまでの

期間にもなります。

このサイクルで肉体のメンテナンスや何かを変えたいと思う自分のパターンや

行動、思考を変えていくには適しています。

 

 

先ほどの一年はゆっくりペースで無理なく

自分のパターンを変えていきたいとか

内面の変容を望んでいる人には適しています。

 

その次が2年半〜3年で

これはプログレスの月がひとつのサインを通過するまでの期間であり、

トランシットの土星がひとつのサインを通過するくらいの期間です。

火星が巡るのもこのくらい。

これは一年で取り組んだことをさらに無意識の領域までたどり、

成熟させていくのに適しているかと思います。

このくらいの期間になると途中にかなりしんどい感じもありますが、

達成感があると思います。

もちろん、短いサイクルでも個人によってかなりしんどさはあるでしょう。

セラピストとクライエントとの関わりでも一年くらいだと

まだまだ深まらないことも多く、信頼関係を作るのにこのくらいかかるのも

珍しくありません。

関係性の器をベースに無意識の領域まで見ていくにはもっと年月が必要だったりもします。

 

7年周期くらいでトランシットの土星が90度サイクル

プログレスの月がひとつのアングルから次のアングルに移るくらいのペース

(ICからDSCとかDSCからMCまでの間など)になることもあり、

7年というのもよく言われています。

期間的には長いけど、取り組み方がゆるやかな人はわりと普通なペースかもしれません。

植物でも花を咲かせるまで7年くらいかかるものもあります。

ただ、ここまで継続されるには本人の意志の力が必要になってきます。

また、逆には習慣化しすぎて、本人のこころの安定にはなるけれど

変化を望む場合は明確な意図をしておく必要があるかもしれません。

 

 

それ以上は

それなりに個人によってその年数が必要という方もいると思います。

 

 

きっちりフラワーエッセンス療法に取り組まれるのなら

一年ぐらいは継続されるといいと思います。

(それはセッションを半年に1回とかではなく、回数的には3週間〜4週間おきのペースで)

いろいろ複雑なケースの方なら一年では終わらず

数年ということもあります。

ただ、一年くらいごとに振り返りをしてもらったりするので

節目を作ることである段階にステップできるようにしています。

 

 

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松】10/28〜30ヒーリングお話会&エネルギーヒーリング個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ