今年はカラマツの紅葉 (でも枯れているようにしか見えない) を初めてみました。

美しい葉っぱの紅葉は愛でられながら、葉っぱとしては地味なカラマツはとくに綺麗と思われず

しかし、かわいい松ぼっくりをつけてくれるんですよね。

 

 

フラワーエッセンスによって変化を求める場合について今日は書きます。

 

多くの人はお手軽な癒しや短い期間での変化を求めます。

もちろんそういう場合もあります。

しかし、長年の蓄積によってこりかたまったものを変化させていくには

時間が必要です。

どちらかというと変化というよりも変容ですが、

違うものに変わるのではなく、見方や捉え方が変わっていくことによって

状態が変わっていく

という感じでしょうか。

 

新しい習慣を身につけていくには

年を取ればとるほど、難しく感じていきます。

でも不可能ではありません。

若い時ほど短期間で身につかないかもしれないけど、

時間をかければできると思います。

 

これをもう少し早く身につけるには

回数を増やせばよいのです。

 

それと同じように思考のパターンなども

ネガティブに大きく傾いていたのなら

何度もポジティブな性質を与えていくことでだんだんバランスが取れてきます。

 

どんなにネガティブなものが嫌だと感じていても

人は慣れているものに無意識に反応していくものなので、

慣れていないであろうポジティブな性質を慣れさせていく必要があるのです。

 

フラワーエッセンスはまさにそういうことでもあります。

フラワーエッセンスを服用して

よくわからなかったという人の多くは

回数が足りない

 

ということがあります。

 

一日1回くらいしか取っていなかったとか

一カ月に数回しか取っていなかったとか

 

たとえ一日3、4回取っていても1か月ではまだ十分ではなく

もうちょっと必要な場合もあります。

(長期によるパターンに取り組むにしレメディーの内容を変えながら、数か月以上かかることも)

 

とにかくフラワーエッセンスを服用する上で頻度はとても重要です。

 

もしも、これは強すぎるとか好転反応のようなものが出やすい

という人だったら、服用する回数を減らします。

あるいはレスキューなど取りながら様子をみて続けるなど

されるといいです。

 

また、もしも何をやっても続かず、短期で結果を求めるとしたら

それはパターンなので、やり方を少し変えてみることも必要かもしれません。

 

フラワーエッセンスは何度も言われていることだと思いますが

薬ではないので、

その人の持っているものと花の性質でひきあうものによって

自然と同じバランスを保とうとしていくものです。

 

花の調和がとれた性質の意味を読むと

そんな部分が自分にあるとは信じられないと思う人もいるかもしれませんが、

最大限に引き出され、調和がとれるとそのような状態になるのです。

それは不調和にみえる状態が消失するわけではなく、

それも含めて受け入れている状態でもあるかもしれません。

 

こうならなければという思いを一端手放して

取り組むことも大切です。

 

それが自分らしさであり、力を入れすぎず

自然の状態にあることが生きやすさにつながると思います。

 

あせらず、繰り返し取り組むのにフラワーエッセンスは

心強いツールになります。

 

長期的に続けていくには一人ではなかなか困難なことがあります。

ダイエットと同じで(^-^;

そんなときにプラクティショナーと取り組むとわりと計画的に継続していく

ことが可能です。

 

 

12月の東京での冬の植物観察会とWSまだ空きがあります!

WSではエッセンスを体感できるようなことをやります。

 

受付中

【東京】12/12冬の植物観察と植物との関係を開くフラワーレメディーWS

【東京】12/9〜11個人セッション(フラワーレメディー、アストロロジー、アロマトリートメント)

【高松・スカイプ・電話】期間限定・2018年のわたしとひかりと森のヒーリングミスト

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ