涼しくなるとなんだか疲れを感じやすくなったり、よく眠れるのでとても眠かったり・・季節の変わり目で花粉症や風邪をひく方もいますね。

いくつかお勧めの精油をご紹介します。


★レモン、グレープフルーツ

シャキッとしたいのと浄化と代謝アップに役立ちます。消化器系にも働きます。お部屋で焚きながらヨガをしたり、夜寝る前にマッサージしたりすることができます。日中は紫外線にあたると光感作作用がありますので、マッサージはさけるか拭きとっておきましょう。
妊娠中の人も香りをかいだりすることはできます。


★フェンネルシード

すっきりした独特の香りです。消化を助けます。便秘に役立ちます。妊婦と子宮内膜症などエストロゲン由来の症状がある方は使用を避けます。普段はあまり使用しない精油ですが、ほんの少しをすっきりデトックスしたいときに使えます。9月はとくに乙女座の時期で、水星と関連の深い上に腸の浄化もするこの精油は乙女座とも関連のある香りだと思います。


★コリアンダーシード

スパイスの香りです。シードの精油は種なので、インスピレーションを高めること、創造性の種でもあります。新しい創造性の要素がほしい方にもいいし、肉体には消化器系と循環を高める働きがあります。
この精油はほんの少しブレンドします。妊婦は使用を避けてください。
サンダルウッドやフランキンセンスなどとブレンドして芳香浴をしながら瞑想もいいかもしれません。


★カモミールローマン/ジャーマン

アトピー体質の方は夏の間、症状が出て、秋になると皮膚がカサカサになりがちです。
炎症を抑える作用のあるこの精油をマカダミアナッツオイルなどにうすーくブレンドして使えます。
花粉症のある方や胃の痛みを感じる方にも。
みぞおちが固くなって呼吸が浅くなったり、緊張したり、イライラしているときにも役立ちます。
生理痛やPMSなど女性特有の症状にも使います。
入浴のときに使ったり、マッサージオイルに混ぜてみぞおちから下腹部にトリートメントしましょう。



季節ごとにお勧めの精油、よく使う精油がありますが、トリートメントのときにも相談しながらそのときに必要な精油を使用しています。