今週後半からまた暖かくなってきて、花粉が一気に増えている感じですね(^^;)

 

私の花粉対策は先日書いたブログ記事にも書きましたが、

自分で作っている花粉症用のミストは使うだけで

だいぶ楽な感じがします。

 

カモミールとユーカリはやはり最強ですき

 

フラワーエッセンスによる春のセルフケアに参加した方には

お渡ししたプリントに

紹介しているのですが、

ここにも書いておきますね。

 

精油 (数字は配合割合)

カモミールローマン 1

ユーカリラディアータ 3

ユーカリグロブロス 2

パイン 2

真正ラベンダー 2 

 

フラワーエッセンス

ビーチ

クラブアップル

 

アルコールと精製水で薄めてミスティング。

自分のまわりにかけたり、マスクにかけたりします。

 

※このあいだ書いたオレゴングレープもいいかもしれません。

試していませんが、人によってはヤロウとか

私はフラワーエッセンスでもカモミール入れてみたりしています。

 

オンラインでおこなったフラワーエッセンスによる春のセルフケアの録画した動画

の無料視聴は今月いっぱいまでメールいただいた方のみにご案内しております。

希望の方はこちらまで

テキスト付なので、折り返しテキストといっしょに動画URLをご案内します。

この中でもカモミールのお話をしています。

 

毎年、とある公園に自然に種からか、勝手にたくさん群生しているところがあって、

そこのカモミールを見に行くのですけど、だんだん少なくなってきてるかな。

 

鉢植えで育てることも何度かありますが、カモミールは広い場所にいるほうが

ご機嫌よさそうに見えます。

 

シュタイナーの「農業講座」を読む

という本があるのですけど

バイオダイナミック農法にもカモミールは使われ、

「イオウがカリウムとカルシウムの働きのバランスをとり、

それらを転換するのを助ける」

と書かれています。

 

『シュタイナーの「農業講座」を読む』ジョン・ソーパー ホメオパシー出版

 

この本の中でも

カモミールは非常に気まぐれに現れる。

ということを書かれてあり、

いろんなところで現れては、消えていき、またどこかでどっと群生したりする

きまぐれさを持っているようです。

同じところには定住せず、一年草でできた非常に細かい種は

あちこちへ流れ、流れて、好む場所で芽を出す感じです。

 

なので、鉢植えで無理やりそこにいさせるのはかわいそうかも。

 

カレンデュラ同様、コンパニオンプランツのひとつでもあるように

カモミールが好んで、あらわれた場所は

大地の調整をするためかもしれませんね。

 

 

 

受付中

【無料オンラインセミナー】4/5こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【東京】4/21植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物←満席になりました。キャンセル待ちのみ受付

【東京】4/21〜23個人セッション

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ