ここのところ星関連のことは書いてなかったので

思ったことを書いておきましょう。

 

5月16日に天王星が牡牛座に移動するので

いろんなことを書いている人が多いですね。

 

天王星のサイクルは84年なので、

前回、天王星が牡牛座入りをしたのは1934年です。

 

その頃の世界での大きな出来事は

ヒトラー政権でしょうか。

 

かといって他のトランスサタニアンは違う配置だから

同じような状況になるということではありません。

 

1934年はエドワード・バックがそれまで根なし草のように住所不定で

彼に手紙を届けたり、伝言を伝えるのに苦労していたみたいな記述を読んだことがあるので

その彼がやっと安住できる地に根を下ろした年でもあります。

ソットウェル村のマウントバーノンを仕事場として迎え、

庭仕事や家具を作ったりしていたのもその頃です。

実際はそれから2年後に亡くなってしまいますけど。

 

前に松村潔さんが進行の太陽がずっと牡羊座で、

そこから牡牛座に入ったときに非常に物質的に動いた年だったことを

お話されていました。

現実世界で占星術を仕事としてできるようになったことを指しています。

 

私が考える天王星の牡牛座入りというのは

7年前に天王星が牡羊座の春分点に入り、

日本は大震災で大きく揺さぶりがあって

その揺さぶりはまだ小さくても、続いていて

そこで動いたもの、はじまったものが

ひとまず落ち着き、現実として動いていくことにつながるのではないか

と思っています。

 

体に入って、目を覚まして何らかの行動をしていくみたいな。

とくに現実的な行動ですね。

その中で価値観や安定や安心というものについての見方が変化することも

あるかもしれません。

 

星の配置をうまく利用するとしたら、

変えたいという現実についての行動をそんなタイミングでおこしていく

ということはできると思います。

 

実際天王星のトランシットが自分の出生チャートとからんでいたとしたら

やらざるを得なくなるとかそんな状況かとは思います。

 

私は天王星がからんでくるとしたらまだ数年はあるので

そのときがどうなるのかわかりません。

しかし、2度目のサターンリターンと進行の太陽のサイン移動とも

重なるから、すごいことになりそうな予感も・・・(^^;)

 

出生チャートとからみがなくても、天王星の移動は社会的な変化をもたらすので

私たちにも影響はあります。

職場や仕事への影響、それによっての個人生活の影響など。

そうした変化の備えにも

自分のまわりを整理したり、いつどんな変化がおきてもいいように

準備をしておくといいと思います。

 

 

受付中

【無料オンラインセミナー】4/5こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【東京】4/21植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物←満席になりました。キャンセル待ちのみ受付

【東京】4/21〜23個人セッション

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ