東京でのお仕事を終えて、帰宅しました。

帰る予定の便が搭乗手続きが始まったのに、トラブルがあり、

まさかの欠航で、航空会社の事故なので

豪華ホテル一泊と豪華夕食と朝食付きで翌日戻りました(^^;)

朝のバイキングが予想外によかったという・・。

 

土曜日は今回、私が主催の観察会ではおそらく一番多かった人数で

かなりの遠方からの参加も2名いらっしゃいました。

暑くなく、曇りで雨も最後のほうにちょっと降ってきてというタイミングだったので

よかったと思います。

 

何より、6月は見られる花がとても多いのです。

とくにFESのフラワーエッセンスになっているお花。

 

チコリ。

木場公園のチコリはとにかく背がすごく高いのです。

9月くらいになってもたくさん花が咲いてるくらいなので

ずっと見れると思います。

 

ミュレイン

敷地内にいくつかありました。

これは写真では理解するのが難しい花で

(FESのレパートリーの写真は花のところのアップの写真しか

なかったりするので)

いつか見ていただきたかった植物のひとつです。

葉っぱの観察をよくしてみるとミュレインは茎を覆うように葉っぱがあり、

茎そのものは見えない状態になっているというところは興味深かったです。

 

 

クイーンアンズレース

夏中、こちらの公園ではいたるところに生えるノラニンジン。

奥のスペースにはまだたくさんのノラニンジンの葉っぱや蕾が見られました。

今は咲きはじめでした。

とても興味深い花です。

 

エキナセア(エケネイシャ)

こちらもたくさん咲いてました。白い品種のものとかも。

夏のハーブガーデンには欠かせないですね。

 

ブラックアイドスーザン(ルドベキア)

お天気が雨っぽいのでこんな感じですが、

真夏にルドベキアを見るとものすごく目立ってギラギラしてるんですよね。

エケネイシャと似ているようで、花の咲き方はかなり違います。

この花弁のひねりが面白いです。

 

 

タンジー

茎がとても赤いです。

葉っぱを触るとヨモギのような香りがします。

虫よけ作用もタンジーにはあるそうですが、

花から香ってくる匂いは強烈で、けっこう臭いです。

このギャップはなんでしょうか。

 

 

ゴールデンヤロー

こちらの公園でよく札を間違えてたりして、

タンジーとゴールデンヤローは似ている印象なのでしょうか。

実際にゴールデンヤローもあったので比較ができました。

葉っぱの感じとか香りは近い感じがしますが、花はまったく違います。

茎や全体の状態も。

 

他にピンクヤローと白いヤローもあったのでヤロー3種類の比較もできました。

エケネイシャもあるので、ヤローエンバイロメンタルソリューションの4種類が揃うわけです。

 

テーマが水なのに水っぽい花がカラーくらいしかなかったですが・・。

百合などあればもう少し水っぽさが加わったかな。

 

 

こちらセントジョンズワート。

帰化植物園ではコゴメバオトギリという名前です。

セイヨウオトギリソウの変種らしいです。

 

他にはスイートピーや月見草、ラベンダーなども見られました。

セントーリの仲間のハナハマセンブリは札はあったけど

花は見当たりませんでした。

 

次回は9月を予定しています。

決まり次第またお知らせしますね。

 

 

受付中のイベント

【オンライン】7/5・8 フラワーエッセンス・植物と占星学入門

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ