オンラインでの連続講座「星と花のアーキタイプをとおして、内面世界を旅する」についてですが、

オンライン会議室ZOOMを使ったことがないので不安という方には

事前にご都合いいときに、つないでみるテストをおこなうことができます。

どうぞお気軽にお問合せください。

 

 

久しぶりにフラワーエッセンス療法に関することを書きます。

 

長期的な取り組みとしてフラワーエッセンスを服用している場合、

毎回のように劇的な変化とか、あるいはわかりやすい実感を感じるわけではありません。

これは心理療法を受けていてもそうかなと思います。

 

ボディワークやヒーリングでも最初はおおっーと思うようなことがあっても

とても長く続けていくと特によくわからないような自分への気づきがわかりづらいような時期がある

のではないでしょうか。

 

そんなことはないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ダイエットの停滞期と同じで

自分の変化が足ふみしているような時期ってやはりあるのです。

それはもしかしたら星の配置の関係とかもあるかもしれませんが、

むしろ、そうした停滞期は大切だったりします。

 

ダイエットだとその停滞期にそれまでやってきた食事や運動といったものを

やめてしまって、何も守らなくなるとただ、その先にするっとやせて結果が出せる時期に

たどりつかないだけです。

結果が出せるのはその停滞期を越えてきたからともいえます。

 

内面の取り組みの場合はそうした目に見える状態ではないのでわかりづらいです。

多くの人はエッセンスが適していないのだと思うかもしれません。

心理療法を受けていたら、セラピストが自分にはあっていないのだと思うかも。

 

何か停滞しているな・・とか

うまく進まないな・・ということがあれば

その流れの中で

そのまま継続して取り組むか

いったんお休みしてみるか

追加で何かおこなうかを選択できます。

 

そのまま継続して1か月、2か月たっても停滞感が続くようなら、そのあとの2つのステップを試みてみます。

 

いったんお休みをする。

エッセンスの服用もいったんお休みして、旅行に行くなり

内面のことばかりおこなおうとしていたのなら、

体のケアをしたり、休んだりします。

 

または追加で何かおこなう。

これはもし一人で取り組んでいたのなら、一人で取り組むのは限界というサインでもあるので

やはりプロのプラクティショナーのところに相談に行くか

心理療法を加えていく

心理的なことを扱えるエネルギー療法家のところに行ってみる (エネルギーの滞りをよくすることで動き出すこともあります)

ということがオススメです。

 

プロのところに行っているのに停滞しているというのなら

それはその停滞感についていっしょに取り組むべきではないかと思います。

そこに自分についての抵抗か何かが潜んでいる可能性もあります。

また、セッションそのものの頻度をあげて取り組むのも内面の動きが出てきやすくなります。

※その場合1か月に一回ではスローすぎるかも。

フラワーエッセンス療法なら3週間ごとくらいで

心理療法は週に1回から月2回くらい。

 

要は何かのせいにせずに、じっくり取り組み続ける根気を試されているのです。

 

 

例えがどうかしらと思いますが、

美味しい煮込み料理を作るのにじっくり待つ時間がなければ

素材の味を引き出すことはできません。

停滞期はまさに素材の味が出てくるまで待っているような時間です。

 

気持ちの焦りがあるのなら、

そこを見ていくこともできます。

インペイシェンスを使ってみることもいいですね。

 

あと、いつもこれといった目的を明確にしてなくてOリングなどでエッセンスを選んでいる場合は

服用過程で、よくわからなくなることはあると思います。

その場合は自分がいったい何について取り組もうとしているのか

長期的な流れで考えていくことが必要かと思います。

 

 

受付中

 

 東京】9/15植物へのまなざしを育てる〜火のエレメントと植物〜

【東京】9/15〜17個人セッション

【高松】9/12まで・特別価格・夏のボディワーク

 

 

フラワーエッセンス・植物と占星学講座

【オンライン】花と星のアーキタイプをとおして内面世界を旅する

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ