お盆休みの人が多いのでしょうか。

 

読書というと秋から冬のイメージもありますが、

夏は暑くて、逆に室内ですごす時間も多くなり、

イベントの多い秋よりも読書時間が増えるのではないでしょうか。

 

先日久々大き目の書店に行くと

いつもあれこれ新刊などチェックしつつこの時間が楽しいのですけど

2冊の本を購入しました。

 

一冊は「快読シェイクスピア」という河合隼雄さんとシェイクスピアの本の翻訳家である松岡和子さんの

対話集。(新潮文庫)

過去に本になっていたものらしいですが、決定版としてこれまで入っていなかった「タイタス・アンドロニカス」が加わった

バージョンとして新刊になっていました。

実はシェイクスピアってほとんど読んでいないのですが、

この本を立ち読みしてたら面白かったので購入し、

これを読んでからシェイクスピアを読む気になるかもと思っているところです。

相変わらず、ひとつの物語についてここまで語れる河合先生はすごいです。

読書会なるものがもし深みを増すとしたら、このように読まれる方がいてこそなんでしょうね。

 

まだ多読の中のひとつで全部読んでいませんが。

 

あともう一冊買った本はオススメです。

プレゼントにもいいと思います。

 

「幸せの鍵が見つかる世界の美しいことば」訳・絵前田まゆみ 創元社

 

同じような本のシリーズのはじまりの神話の本もよさそうでしたが。

この美しいことばの本は前田さんの絵とともに

2ページで世界中の人たちの書き残したひとつの言葉が書かれています。

全部で50あって、多くは詩人の言葉とネイティブアメリカンの言葉です。

とてもいいのは原文である英語(2つはフランス語)も同時に載せているところ。

 

 

いくつかの章わけをしていますが、

『草花と大地と空と』という章ではとくに自然に対する詩や言葉が中心です。

 

 

寝る前などに眺めたい本です。

 

FESのパトリシアがよくクラスの中で様々な人の詩や言葉を朗読していたのを思い出します。

 

美しい言葉はたましいの栄養となります。

 

ノウハウ本や仕事関係の本ばかり読みがちな方にはたまにこのような本はいかがでしょうか。

 

 

 

9/15の東京での植物観察会は満席となりました。

次回は晩秋あたりになると思います。

そのときにこういう詩や言葉の朗読を自然の中でおこなえたらなと思っています。

 

 

 

受付中

【東京】9/15〜17個人セッション

【高松】9/12まで・特別価格・夏のボディワーク

フラワーエッセンス・植物と占星学講座

【オンライン】花と星のアーキタイプをとおして内面世界を旅する

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ