平成最後の年。

ということもあるのか。

たまたま偶然ではあるけれど、象徴的だなと思うこともあります。

 

さくらももこさんが亡くなられたとのこと。

私と同世代なのでびっくりです。

ちびまるこちゃんがアニメ化するよりずっと前

まだ一巻しか出ていないちびまるこちゃんをたまたま書店で見かけて

読んだら、世代バッチリすぎてしばらくの間はずっと読んでいました。

 

その漫画がアニメ化されて大ヒット。

平成を代表するアニメのひとつでした。

 

遡って、昭和から平成に変わった年。

わりとすぐに昭和を代表する漫画家、手塚治虫さんが亡くなられたときも

驚きました。

 

この年は昭和から平成の準備期間はなかったので

平成入った年に亡くなられた方が多かったように思います。

昭和の歌姫、美空ひばりさんも。

 

亡くなられてはいませんが、

平成の歌姫である安室奈美恵さんは今年のうちに引退。

 

年号が変わるということは日本もこれから大きく変わるだろうということですね。

とくに2020年までの間。

 

いま、少し前の記事で紹介した松木正さんの2冊目の本を読んでいるところです。

この本は2014年に出たのでもっと今の日本に近くなっています。

彼はラコタ族のコミュニティや儀式で学んだこと、体験したことをもとに

日本の若い人たちのために活動しています。

 

その活動が先住部族のことを学ぶようなものというよりも

その教えを元に日本に住む人たちが生きる力を取り戻したり、自分らしく生きること、

人とのつながり方などを自分でつかんでいけるようにしているところがいいと思います。

 

「あるがままの自分を生きていく」という本では

松木さんがビジョンクエストやサンダンスなどの儀式に参加した体験を少しシェアされていて

とても興味深かったです。

 

ちょっとだけ紹介。

 

彼がビジョンクエストで4日間飲まず食わずで大自然の中一人過ごし、

あまりの暑さで倒れそうになりかけたときに雷とともに雨が降ったのですが、

そのときに雷のスピリットから言われた言葉が

「靴をつくれ」

という言葉。

 

ハッキリ言って何のことか松木さんもわからなかったそうです。

先住部族での言葉というのは2つの意味を含んでいて

ひとつは文字通りの意味で、もう一つは象徴的な意味。

もちろん、ここでの「靴をつくれ」は靴職人になれとかではありません(笑)

 

私も読みながら、実際に靴を作るってことじゃない?とか思ってましたが・・。

その後、ビジョンクエストを終えて町にもどるとクラフト作家の友人から

なんと、ビーズ飾りのついたモカシン (先住部族の人たちがはく皮の靴) をもらうことになります。

 

すごい共時性です。

 

そして彼は理解します。

自分の使命を。

 

「人が大事な一歩を踏み出す手助け」をこれからやっていくことを。

 

こんな風に象徴をとらえられるというのは

別の人なら違う解釈になるかもしれません。

でも、靴をつくれという言葉がすごいなと思いました。

 

そもそも松木さんのまわりでは越えられない何かがあって、

なかなか一歩を踏み出せない人がたくさんいることを

気にかけていたからそのように受け取ることができたのでしょう。

 

 

共時性はユングが使い始めた言葉なのですが、

ユングは占星術で共時性を証明しようとしたというのもウィキにちらっと書いてありました。

 

共時性はたまたまなのかもしれません。

しかし、集合無意識のレベルで私たちはつながっており、

モカシンの靴を渡すことになっていたのはすでに決まっていて、

それでスピリットはそのようなメッセージとなり、

松木さんはそんな言葉としてハッキリ聞いたとも言えます。

 

なんでもかんでもこれはこういうメッセージと

たまたまなことから引き出そうとしてしまうのもちょっと違うこともあります。

虹が出たから、これはオッケーサインだ♪とか

あんまりしょっちゅうだとその共時性に重要さがなくなってしまうようにも思います。

 

かなり大事なメッセージだからこそ、共時性として受け止める側が体験できるのではないでしょうか。

 

それとはあまり関係ないかもしれませんが

最初に書いた時代の終わりと重なるような喪失や別れは

それにあわせたわけではないのにおこったりします。

もちろん、毎年別れや喪失はあるのですが、とくにそんな風に感じるなあと。

 

社会が、日本が大きく変化していく。

多くの日本人が無意識レベルでも意識レベルでも感じているはず。

 

 

私自身について言うと

仕事についての変化を少し感じていて

おそらくこういう方向性になっていくのでは・・という流れに

調整しているような感じです。

もう少し根底からの調整というか。

 

 

個人のレベルでもますます変化は進み、

どのように生きるか、在るべきかがかなり反映していくと思います。

 

若くして亡くなる方がまわりに多くなると

一番思うのは今をどう生きるのかということ。

未来の不安や心配、今よりも未来にやりたいことばかり考えるよりも

一日を大切にしたいですね。

 

 

オンラインでの「花と星のアーキタイプをとおして内面世界を旅する」の受付は終了させていただきます。

参加の皆様、今週からどうぞよろしくお願いいたします♪

前日にご案内メールを致しますので、お待ちくださいね。

 

 

 

受付中

【東京】9/15〜17個人セッション

【高松】9/12まで・特別価格・夏のボディワーク

 

花と植物の学びと癒し 

高松・オンライン・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ライン始めました♪

友だち追加