久しぶりに本の紹介。



話を聴くことに関する本はたくさん出てますが、ボディサイコセラピーをおこなっているジェローム・リスさんの本として読みました。


セラピストじゃなくても、他者の話を聴く立場の方向けに書かれています。

なので、心理学の専門書ほど堅苦しくなく、コーチングとかノウハウものが苦手な方も若干入りやすいかもしれません。


日本人の場合にそのままあてはまられるかというと難しいところですが、要点がまとめられ、からだのことや感情についてなどわかりやすく書かれています。

また、メタ・コミュニケーションと呼ばれる相手を尊重した会話の方法も紹介されていて、お互いのコミュニケーションの取り方について話し合うというとても大切な部分についても書かれています。


アロマセラピスト、フラワーエッセンスプラクティショナーの方も入りやすいのではないでしょうか。