◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

東京での観察会・セッションまだ空きがあります

 

今日から7月です。

真夏の暑さですねやし2

 

北海道の研修から始まった6月が盛りだくさんすぎて

あっという間でしたが、

気づけば東京でのお仕事まであと一週間。

 

初夏の植物観察会「植物へのまなざしを育てる」は来週の土曜日です。

お天気はどうでしょうか。

こちら、あと2名ほど参加可能です。

7/5ぐらいに締め切りにしようと思います。

小石川植物園は日本の植物が中心なので、フラワーレメディーになっている

外国の植物は少ないと思います。

4月はスターオブベツレヘムのお花畑でしたが、

夏はまた多様な花が見られます。

フラワーレメディーになっている植物だけにとらわれずに

目の前の植物との出会いに注意を払い、関係を深めていけたらと思います。

 

観察会の参加者には来週はじめに確認のメールを送ります。

 

申込みはコチラから☟

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

 

 

 

あと東京でのフラワーレメディーとアストロロジーの個人セッションも

空きがあります。

 

 

フラワーレメディーのセッションは1回で悩みや問題が解決!というものではありません。

(まれにですが、長く悩んでいたことが1回のセッションでなくなったという方もいますが、

たぶんそれまでの積み重ねなどあり、タイミングもあったのでは)

ですから、回数を重ねながら、丁寧に相談者主体に進めていきます。

アストロロジーは間に入れながら受ける方も多くいます。

 

このような方には特に勧められます。

 

・一人では取り組むことがなかなかできない

・何年もパターンを変えることができない

・ウツ、無気力、孤立感などこころや感情的な問題を抱えている

・まわりの人や環境から影響を受けやすい

・家族やまわりの人間関係で悩んでいる

・心身症的な不調が出やすい

・自己実現や人生の方向性に悩んでいる

・自分へのネガティブな見方を変えたい

など。

 

アストロロジーは

・自分の可能性を知りたい

・自分の個性としての傾向を知りたい

・星のタイミングを知りたい

という方にオススメです。

 

 

東京でのセッション申し込みはコチラ。7/5まで受付。

【東京】7/8〜10個人セッション

 

スカイプ・電話・高松では随時セッションをおこなっています。

 

 

東京ではその次は9月を予定しております。

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

アストロロジー・心理占星学

突抜ける人のチャートの特徴

 

写真は昨年、英国バッチセンターのお庭でみかけたオダマキ。

 

昨年は柔軟宮に天体が多い一年だったので、

柔軟宮過多の私にはいろいろ波もありました。

 

柔軟宮というのは双子座、乙女座、射手座、魚座にあたります。

 

柔軟宮の特徴として

・まわりの変化にあわせて柔軟に対応できる

・調整力がある

 

ということですが、

これは過剰だと自分からあまりアクションをおこしにくく、

意志もそれほど強くなく、優柔不断になりやすいようです。

 

私はとくに活動宮がゼロなので

自分から何かを始めるというのはあまりなく、

自分から発言や提案をしていくというよりも

まわりをみつつ、それにあわせていくような傾向が強いのです。

 

それで、最近、こういう柔軟宮の多い人は突抜けるのは難しいだろうなと

思い、突抜けていると思う人のチャートをあれこれ見たり、

色んな人のチャートを見てみた結果

確かに、突抜けている人は柔軟宮が少ないということがわかりました(^-^;

 

不動宮と活動宮が圧倒的に多いのが特徴です。

とくに不動宮はブレない人に多いかも。

 

たまたま占星術の個人レッスンで金星について見る時に

松田聖子さんのチャートを例に出してみたのですが、

月、水星、火星、木星、土星、天王星、海王星が不動宮

太陽、冥王星が柔軟宮

活動宮がゼロ

でした。

不動宮過剰です。

 

なるほど、アイドルからそのまま突抜けてやっている人は彼女ぐらいかもしれません。

あの年齢で。

昔、かなりのバッシングの後にもへこたれなかったところなんか特に。

活動宮はゼロですが、アイドルのようなスターの場合は

まわりに愛されてなんぼなので、自分から動くよりも

ファンにこたえていくような形なのでできるのかもしれません。

 

会社を起業したり、自分でプロデュースしていける人は

活動宮と不動宮はけっこう必要だったりします。

 

 

じゃあ、柔軟宮が多い人は無理なのか?

というと突抜けた人にはなれないかもしれないけれど、

それを活かしたやり方があるんじゃないかと思います。

 

無理があるのはそれができないのに

自分とはかけはなれた突抜けた人の生き方をやろうとすることかも。

 

不動宮が多いから、突抜けた人になれるわけでもなく、

不動宮が多いということは長期的に何かを成し遂げる意志の強さはあるけれど

柔軟に変化していくことには抵抗します。

変化の多い現代ではけっこうストレスを感じるかもしれません。

誰かのサポート役になるにはやはり大変かもしれないです。

 

だから、柔軟宮が多い人の場合は

そこを活かして何かひとつのことだけを長くやらないと

ということより、対応していく力を発揮していければいいのではないかと思います。

 

実は、ひとつの会社や団体でもずっと変わらないところなら

不動宮の多い人はやっていけるけど、

毎年のようにどんどん変化し続けていくような場所では

柔軟宮が多い人のほうが長くいることができます。

 

 

最近、ずっと韓流ドラマで一番大好きな「宮廷女官チャングムの誓い」

をBSで毎日見ているのですが(;^_^A

主人公のチャングムはどう見ても不動宮過剰じゃないか?と思うくらい

自分の意志を曲げることなく、どんどん突抜けていくタイプ。

 

一方目立たないキャラですが、ミン尚宮という人がいて、

この人はいろんな権力争いがうずまく女官の世界で波風たてずに

生き残れるように、出世しなくていいので細く長くをモットーに

柔軟にまわりの変化にあわせて長くそこで働いています。

まるで私のように(笑)

 

もともと私は風星座が多いので、

同じことをずっとやり続けるのは飽きるほうです。

今の仕事は長くやっていますが、ずっと同じやり方ではないし、

いろんなことを学びながら、今の状況にあわせて

どんどんリニューアルしていきたいほうです。

 

そういう柔軟な姿勢がないと実際、仕事としてやっていくには

難しい面もあります。

 

柔軟宮が多い人は結局、自分は何がやりたいのか??とか

どうしたいのかがブレることが多々あります。

これについて時々整理していく必要があります。

 

再び書きますが、無理に突き抜けた人になる必要はありません。

自分じゃないものになるから。

 

やりたいことがわかっていて、

自分らしくいられるやり方でいいと思います。

他者にあわせることのほうが得意であるなら、

他者と共同してやるような仕事をやっていくとか

グループ活動なんかもいいかもしれません。

 

 

ドラマ・チャングムを見ていると「チャングムのようになりたい♪」

と思うかもしれませんが、なかなかできません(笑)

チャングムの影となるような存在で

(韓流ドラマはたいていすごくいい人と悪役がハッキリしている)

チャングムのライバル的存在のグミョンは

チャングムの生き方にずっとあこがれ、自分がそうなれないので

彼女を強く憎み、嫉妬し、結局やはり彼女のように行動することが

できない自分を嫌悪していました。

ドラマからすると彼女も秀でた才能があり、

チャングムと同等なものがあるように見えます。

しかし、チェ一族という運命を背負って、そこから外れることはできなかったので

彼女は不幸なことになりました。

自分が生きたいように生きることができなかったのです。

 

 

占星術では自分でひとつの仮説をたてて、

いろんな人のチャートをみたり

自分について

検証していくととても勉強になります。

 

 

 

只今受付中♪
観察会は残席2名になりました⇓

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

アストロロジー・心理占星学

ホロスコープチャートの読み方はひとつではない

 

8/2の京都でのフラワーエッセンス占星術入門は満席となりました。

キャンセル待ちのみ受付となっております。

 

平日にも関わらずたくさんの方に申し込んでいただけてうれしいです。

占星術への関心の高さを感じます。

 

さて、私は占星術にそもそも興味を持ったのは

小学生か中学生の頃に「マイ・バースデー」という雑誌を買っていたところから

なのですが、これ私世代の魔女的なもの大好き女子ならみんな読んでいたようです(^-^;

私はルネ先生の「白魔術入門」を買って

よくわからん図形の護符を手描きで描いて部屋の入口とかに

貼り付けていたものです(笑)

 

が、その後それほど占星術は興味半分的に終わっていて

確実に興味を引き出したのは

私が20代の前半くらいのときに

兄が毎日のように読んでいたパソコン通信の内容をプリントアウトしたものを

読んでからです。

それは今は占星術界の大御所となっている松村潔さんの文章だったのですが

その内容のボリュームがこれ、毎日?!!と驚くほどの量で

内容も濃い〜もので発売されたばかりのサビアン占星術の本のことをよく書いていました。

 

占星術への見方が一気に変わるほど、興味深く、面白く

サビアンにしばらく夢中でした。

それでスターゲイザーではじめて自分のチャートを出したのですが、

いろんなことが判明し、

しかし、自分のチャートを自分で読み解くというのは

今でもすべてを理解できるものではありません。

 

が、それでもチャートを見てわかったことは

自分は普通な感じではどうみてもなさそう(笑)ということ。

 

若いときから普通のOLとか (私の年代では誰もがOLになるものという

時代だったような・・) 無理だなと思っていましたが、

ここまで合っていないとはということがわかりました(-_-;)

 

松村先生に過去個人鑑定を2回ほどしていただいたことがあるのですが、

そのうち一回はFAX鑑定なのでいまだにその文章が手元にあります。

驚くことはその可能性をいまだ成し遂げてはいないこと。

 

ただ、向かっている方向性は今のところ合っているだろうと思われます。

 

これはチャートにこう出ているからこう行くべきというのではなく、

自分が向かっている方向はこんな感じかなというのを確認するような感じです。

そしてそのために越えるべきポイントはいろいろあり、

相変わらず葛藤してるんだなーとも思います。

 

人はホロスコープチャートから

今の問題や困っていることへの理解を深めたいと思ったり、

どうすべきかのヒントをほしがったりします。

 

チャートを見る時は

自分の中でどう感じているのか気づいていて、

ふわっとしたものでもどう生きていきたいのかわかっていることが

ある程度必要じゃないかと思います。

 

すべてをチャートから答えとして丸のみすることは危険です。

また、そのチャートの解釈はものすごくいろいろあるし。

誰かの解釈のみを鵜呑みにはしないほうがいいと思います。

 

自分のプロセスと時々見直すチャートからの影響を見比べつつ、

納得しながら、自分を開拓し、発展・成長していくことが大切です。

 

 

占星術もいろいろなものがあるので

イギリスでは行方不明の猫を探すためとか不動産を買うときとか

そういう使い方をすることもよくあるし、

すべてがたましいの地図としての使い方でないこともあります。

でも私は宇宙という大きな枠の中にある自分自身を客観的にみることが

できるので、やはりそこから自分を知るということの助けとなるので、

使っているという感じです。

 

小さな目的を超えた意志がチャートにし記されています。

そこに気づいていくことで生きやすくなるかもしれません。

 

ときには本では特定の配置にネガティブな書き方をしていることもあります。

だから、そういう運命なのだという見方はすでに古いものです。

それだけの成長の幅があるとも言えるし、

それを越えるために生まれてきたとも言えるし

その方面では熟練できるためとも言えます。

だから、ガックリする必要はありません。

本で書かれてある通りに生きていない人もたくさんいるから。

 

人によって読み方も違うので

誰かに見てもらうときは参考程度でもいいかも。

ただ、自分では見落とすような、自分では気づかないところから

人は読んでくれるので、確かに参考になると思います。

もしもネガティブな言い方をしたり、決めつけをするような人であれば

スルーしちゃっていいと思います。

 

そんなわけで、ホロスコープは簡単には読めないのですが、

だからこそ、あーだこーだとその意味について思考し、

深めていくことができるのですよね。

 

 

アストロロジーを含めたセッションもスカイプ・電話・高松でおこなっています。

ご興味ある方は下記のサイトリンクから申し込みくださいませ。

 

 

 

9月に東京・小平にてフラワーエッセンスWSを予定しておりますが、

こちらは「花と物語のアーキタイプ」をテーマにしたものを考えております。

告知は7月に入ってからになるかと思いますが、しばらくお待ちください。

今後、関東で占星術を含めた講座も検討中です。

 

只今受付中♪
観察会は残席2名になりました⇓

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

フラワーメディスン・アルケミー

夏至の頃の山と生き物とメディスン

夏至の後に咲いた鮮やかなアザミ。

 

飛騨では2年ほどわたって、冬至、春分、秋分、最後に夏至の

計4回にわたって

シャーマニズムとセレモニーという研修がおこなわれ、

参加していました。

 

説明が難しいのですが、

日本も昔はシャーマニズムがあり、

今はわずかに残るアイヌの地北海道や沖縄ぐらいしか

残っていませんが、

自然との関わり方がもっと濃厚で

信仰とともにあり、そうした古代の人々や

先住部族の人々の自然との関わり方を学びつつ、

自己の内面をその器の中で(いっしよに学び、参加するコミュニティと自然)

育て、成長させていくようなものでした。

 

季節の節目を祝うとともに

作業を各自おこない、

日常から離れた自然の中で贅沢な時間を過ごします。

 

夜には自分たちのメディスンやパワーアニマル、高い世界の存在たち

との交流のためにジャーニングというドラムを使った

旅路に行くという日々でした。

 

フラワーエッセンスを使っている人は

基本的に花や植物が好きな人が多いのですが、

虫や生き物はちょっと苦手という方もいらっしゃるのではないかと思います。

 

これはフラワーメディスンの研修でも感じたのですが、

自然界には植物以外の存在もたくさんたくさんいて、

私たちも含んで、すべて自然なのです。

 

この4回目のクラスではそれをものすごく感じました。

 

 

同じ場所にもう計7回足を運んだのに

さすがに夏至前だからか

本当にたくさんの生き物・動物があらわしました。

 

私は見てないのですが、みんなが見たという情報では

シカ、リス、キツネ、ネズミ、イノシシ

あたりは草木が生い茂り、セミのような声が響き、

鳥なのか動物なのかいろんな声が聴こえていました。

 

私もこれまでそんなに見ていなかったものを見る機会がありました。

 

朝、朝食を食べに友達と食堂まで歩いていると

私の足元に何かがいました。

 

それは、、モグラの赤ちゃんの死体でした!!

 

モグラを見たのは初めてです。

ケガをしていたので、何かにやられたのでしょう。

まだ死んで間もないかも。

大きなアリが通り過ぎながらねらっていました。

後からやってきたみんなとモグラの観察に余念なく

時間を過ごしました。

 

その後、私のところにやってきたのは

ご飯の後に温かいお茶を入れようと

みんなの分も入れているときに

ふと、茶碗に目を落とすと

さっきまでなかったのに

大きなハチがお茶の中に入っていました!!

 

こんなことってあるでしょうか。

無言でパニックになり、

ハチは出してもらいました。

 

しかも、スズメバチらしきお方。

梅雨なのに雨が降っていなかったので

水を求めていたのかもしれません。

 

 

また別のときに山道を一人で歩いていたら

白いものが目に入り、近づくと

ウズラの卵のようなものが割れていました。

??お菓子のおまけ??とか思いつつ脇におきました。

後でわかったのですが、ヘビの卵だったようです。

そしてその後小さなヘビが横切っているのをみました。

 

カエルもわりと大きめなやつは久しぶりに見たし。

 

最後の極めつけは夏至を過ぎて蟹座に入った後

サワガニが私が歩いているすぐ足元を横切っていました。

川の中でもないのに、カニなんて

ここの地に行くようになってそこでははじめてみました。

蟹座にカニを見る、、写真を撮っておけばよかったです。

 

トンボや蝶、鳥たち、その他の虫もいろいろ見ました。

 

みんなが見たという動物はあまり見ていないけど

私は昆虫界とは近いのかもしれません。

花と近いし。

 

こうした生き物たちは花もそうだけど、

私たちにとってはメディスンとなりうる存在です。

 

私は正直、虫はそんなに得意ではありませんでした。

 

 

以前、農薬を使わずオリーブを育てている山田オリーブ園さんの

取材に行ったのは7月の暑い盛りでした。

山田さんは取材の前にメールで

「夏のオリーブ畑は、生き物の気配が満ちていてにぎやかです」

と返信くださり、

実際に行ってみると、草をはやして、生き物をたくさん住まわせることで

自然の連鎖によって、害虫を防ぎ、バランスを保つようなやり方で

オリーブを育てていました。

だから、草地にはへびとかカエルがいるというので

ヒャーと思いつつ取材させてもらいました。

山田さんは子供の頃から虫が大好きだったので

オリーブの天敵となるオリーブアナアキゾウムシをいくつも飼って

研究していました。

まずはやつのことをよく知るために。

なかなかそんなことをやっている農家さんはいないですよね(^-^;

 

フラワーエッセンスで花を知るために自然の中に行くことで

どうしても欠かせない自然の生き物との関わりができてきます。

 

山田さんのような方や

研修でいっしょに学んでいるクラスの生き物大好き女子(みんないい年齢だけど・・(^-^;

によって私自身も生き物との関わり方や見方がだいぶ変わってきたと思います。

 

滞在期間、何度も夜の森を歩きました。

真っ暗闇の森の中で友人らとお茶会をしました。

毎回、夜の森に行く友人がいるのですが、

私はまったく行かないこともあったり、

行けても1回のみとか多かったのですが、

今回は2回行きましたよ(笑)

(そういうの驚かれるのだけど)

 

桂の大木の下で夜の森の音に耳を澄ましたり、

香りを嗅いだり、気配を感じたりしながら

アストラルな自然を満喫しました。

そんなことができるようになったのも

普通にそうしている友人らのおかげ。

 

 

そして、関わり方や見方が変わることで

生き物や動物たちは私たちにとってメディスンとなることが

あります。

花もそうです。

メディスンは私たちをバランスさせるすべてのよきもの

という意味だそうです。

 

パワーアニマルはアメリカ先住部族の間では

同伴者というか、守護的な存在となります。

 

メディスンとパワーアニマルは違います。

 

 

花と関わることは、他の自然界の生き物とも関わること。

花だけを見て、無視するのではなく、

彼らの存在に気づきながら、

学ぶことも始めてもよいのではないかと思います。

それは自然とつながるための方法のひとつだから。

 

 

 

只今受付中♪
観察会は残席2名になりました⇓

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

お知らせ諸々

夏至が過ぎて、明日は蟹座の新月です。

 

飛騨研修から戻りました。

北海道の植物や占星術関連の記事など書きたいことはいろいろたまっております。

飛騨についてもまた書きたいのですが、とりあえずお知らせがたまっているので

先にお知らせから。

 

 

▶メルマガを7月から月2回発行にします。

 

あくまで予定ですが、、(-_-;)

ブログよりも多少つっこんだこととか書いております。

 

明日できれば発行したいと思っています。

ご登録はコチラから。

 

 

▶【京都】8月2日にフラワーエッセンス占星術入門をおこないます。

 

この講座は満席になりました。キャンセル待ちのみ受付だそうです。

Seeds of Angelicaさん主催で特別講座としておこないます。

すでに残席1名ということなので一般参加の方は早いもの勝ちです。

ここ数年、アロマと占星術とかハーブと占星術、フラワーエッセンスと占星術といった

ことをされている方も多く、本も以前より出ているかと思います。

しかし、多くは牡羊座はこれという植物が決まっていて

それを使いましょうで終わるというか、、

星座・サインのアーキタイプと植物のアーキタイプの理解については

ほんとにサラッとしかないことも多いように感じます。

通常、フラワーエッセンスを自分のために選ぶときは

花のアーキタイプの理解と自分にあらわれるアーキタイプの理解の両方必要となります。

占星学・占星術は自分の理解のほうに役立つものですが、

それを本当に理解するのはサインや天体のアーキタイプも深くみていかないと

ならなくなるため、実はこの辺でわけがわからなくなる方が多いかもしれません。

今回の入門ではどんな風に使っていけるのか

私なりの考えをお話していけたらと思います。

 

詳細・申し込みはコチラ

 

 

▶ Afet主催 第1回AFETつなぐ★プロジェクト勉強会&交流会

「フラワーエッセンス熊本地震支援活動」

 

オンラインで熊本で震災の後支援活動をフラワーエッセンスを使って

ずっとされてきた団体ワンネスさん

の活動報告を聞くことができます。

とても貴重なお話なので、フラワーエッセンスに関わる人たちには

ぜひ聞いてほしいと思います。

録画視聴での参加も可能です。

 

詳細・申し込みはコチラ

 

 

只今受付中♪
観察会は残席2名になりました⇓

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

植物・自然とシンボリズム

夏至について

6/17(土)〜22(木)は飛騨での研修のため不在となります。

この期間のご予約・お問い合わせは6/22以降の返信とさせていただきます。

 

 

そんなわけで今月は研修月なので、なんだかあっという間に終わりそうです。

 

しかし、いろんな予定が次々とあってちょっと目まぐるしい感じではあります。

 

もうすぐ夏至です。

夏至というのは植物もかなり成長していく時期でもあるけど

内的な意識が外へと向かい、

行動も含めて、広がりを感じるときです。

 

私の手元にシュタイナー系のお店で購入した

夏至のためのお話

「錆びた短剣 スコットランドに伝わる夏至のお話」という小冊子があります。

 

ヨーロッパでは夏至というと

妖精たちがいたずらをしたりするというようなお話があります。

このお話もちょっとそんな感じではあります。

 

そしてそのために夏至の頃に咲く花は

私たちを守護し、魔除けとして使われてきました。

ヤロウ、バーベイン、セントジョンズワートなど。

 

日本だと梅雨の時期にあたるので

魔除けというよりも、体の調子を崩しやすいから

厄除け的な感じでショウブや薬玉を身につけたりなど

されていたようです。

 

先ほどの小冊子の終わりに

その話の象徴的な意味についての解説があるのですが、

この時期は五感が忙しく使われるため、

思考が働かなくなるということがあるということです。

たしかに気温が上がるだけで思考は働かなくなります。

 

また、植物を観察してもわかると思いますが

葉っぱや茎が伸び放題で

何が主要なものであるのかわかりづらくなります。

 

それと同じように

自分の活動の忙しさが増してくると

自分にとって、本質的なものは何であるのか

わからなくなってくるのです。

 

五感、感覚は働かせていたいけど、

自分にとって必要なものと不必要なもの・影響されているものを

感じていなければなりません。

 

そんなことを時々考えます。

夏至という節目にそうしたことを考えてみるのもいいかもしれません。

夏至は太陽の恵みに感謝する日でもあり、

自然と親しみながら、昼間は過ごし

短い夜に内的な時間をつくるというのもいいかも。

 

占星学的には蟹座に入るわけですが、

蟹座は基盤であり、自分とつながる集団的な力が働く場所ですから

自分にとって根っこ的な部分とつながるというのもいいでしょう。

 

 

写真はヤロウではありませんが(^^;)

この時期に夏至にちなんだ植物のフラワーレメディーを使ってみるのも

いいと思います。

お庭にこれらのハーブがあれば

よく観察したり、部屋に持ち込んだりしてもいいかも。

 

 

北海道の北大植物園で日本のノコギリソウ(ヤロウの日本版)がありました。

花は咲いてなかったけど、葉っぱの切れ込みが西洋のものとはだいぶ違いました。

薬効としてはやはり止血・傷の手当に使われていたようです。

なるほどこれのほうがノコギリっぽいですね。

 

只今受付中♪
観察会は残席2名になりました⇓

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

・・手作り石鹸情報

【手作り石鹸】1チャクラ・2チャクラ石鹸

2チャクラ石鹸も出来ましたので、

1チャクラと2チャクラの石鹸どちらもご提供できます。

 

こちらの石鹸は完売いたしました。

また同じものを作る予定でもありますので、

ご希望の方はお待ちくださいませ。

 

 

ちなみに、この石鹸はチャクラをテーマにして精油やハーブを配合しただけで、

これを使ったからといってチャクラが活性化するというわけではありません。

 

ヒマシオイルを入れるようにしたらちょっと固めな感じになってるかも。

夏場は溶けやすいのでね。

 

 

1チャクラ石鹸

オリーブオイル

ココナッツオイル

ヒマシオイル

レッドクレイ

ハイビスカスパウダー

精油 

パチュリー

ベチバー

フランキンセンス

サンダルウッド

 

各500円

 

2チャクラ石鹸

カレンデュラインフューズドオイル

ココナッツオイル

ヒマシオイル

ニンジンジュース

精油

スイートオレンジ

イランイラン

 

各500円〜650円

 

 

ご希望の方は

 

希望数

お名前

住所

をお知らせください。

info★innergardenflower.com (★を@に変えて送信ください)

 

 

※6/17〜22は研修のため不在になりますので

受付と発送ができません。

その期間の申し込みは6/23以降に返信させていただきます。

 

 

3チャクラにはウコンとかレモングラス、レモンなど入れたいと思うので

夏中には作りたいです・・。

 

 

只今受付中♪

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

フラワーエッセンス

北と南のオオアマナは違う

これは北大キャンパス内に咲いていたオオアマナ。

 

そしてこちらは東京、小石川植物園のオオアマナ。

 

あきらかに花弁の長さが違いますね。

北海道のものは細長い。

ホソバオオアマナなのかなと調べてみたけど

ホソバのほうが花弁がふっくらしていました。

 

場所のせいかな。

こちらは蕾、やはり長い。

エゾオオアマナ?? (笑)

 

ところでこのオオアマナ、学名の改正によって

キジカクシ科に変わっています。

アスパラガスの仲間?

ユリ科でなく、キジカクシ科となるとなんかよくわからないですね。

しかも、有毒植物とウィキペディアに書かれておりますが、

どうなのでしょうか。

 

それにしても、北海道の植物について延々書いてしまいそうなので

だんだん小出しにしたいと思います(笑)

ハマナス、オオウバウリ、クロユリ、ハゴロモグサ・・・私の興味ある植物が

多すぎてずっと書きそうなので。

クロユリは特に面白いですね。

研究したいくらい。

本州なら高山植物でなかなか見れないけど、

エゾクロユリは低地でも見られるので比較的うまく栽培すれば

見られます。色も濃くてちょっと写真からでは違う感じでした。

 

そういえばハマナスの精油もあるんですよね。

希少精油ですが。

ハマナスの芳香蒸留水を作っているところはあるかも。

 

野生で見られる山や海岸もフィールドワークしたいところ。

 

 

只今受付中♪

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

アロマセラピー

北海道の精油

ファーム富田も北見にも行ってませんが、

空港で精油を買いました。

 

ファーム富田のおかむらさきと北見のハッカオイル。

 

おかむらさきってネットで写真を見てみました。

ラベンダーでも色の青紫が濃いタイプで遅咲きなんですね。

 

6月にこれまでシャスタのラベンダー畑とか

昨年は列車で通っただけのプロヴァンスのラベンダーなど

見ることがありました。

いつか北海道のラベンダー畑にも足を運びたいです。

 

ラベンダーってわりと日本人のある年代以降の人たちには

苦手という方もいますが、

日本で栽培しているラベンダーだと他の日本の精油と

もしかしたらなじみがいいかもしれません。

 

あと気になってたのが

フプの森

 

販売している精油はモミ(トドマツ)のみ。

 

しかし、気になってたのは芳香蒸留水のシリーズ

モミとシラカバとヨモギがあって、

とりあえずオンラインショップがあるようなので

後でみようとそのとき買わなかったのだけど、

よくみたら、ヨモギはエゾヨモギを使ってるんですねー。

気になる〜。

フレグランススプレーにエゾヨモギの精油が使われているので

少量だけど精油は取れるみたいですね。

ネット販売はしてないようですが。

 

アカエゾマツのスプレーはネット販売しています。

精油のほうは貴重なようなので普段は販売してないようです。

 

 

北見のハッカ油は食品添加物として売られているためか

精油扱いではなく、遮光の一滴ずつ出るような瓶には入っていません。

なので、ちょっと使いにくいような・・。

虫よけスプレーを作るつもりですが。

 

 

これからの時期、ハッカとラベンダーは梅雨時の蒸し暑さを

リフレッシュさせてくれると思うので

個人的にミストを作ろうかなーと思っています。

 

梅雨に入ったのに晴天の高松ですけど

今日は満月が見れそうかな。

 

メルマガを今日か明日中に発行予定です。

 

 

只今受付中♪

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

植物のこと

北海道のタンポポ (エゾタンポポ)と北大キャンパス内の植物

北海道でのフラワーレメディーの研修から戻りました♪

 

北の国の6月のお花は楽しみでしたが、

思ったより、寒く・・(+_+)でもいろいろ見られました!

 

ちょっとずつ紹介できたらいいなと思っています。

 

この時期、札幌ではタンポポの綿ぼうしがいたるところで見られます。

 

北海道大学キャンパス内。

キンポウゲもたくさん咲いてました。

 

やたらと大きく、背が高いことがわかります。

 

 

セイヨウタンポポと違い、総苞が反り返ることがなく、

角状突起もありません。

花弁はわりと細く、たくさんあるように感じます。

 

しかし、寒いのに、本州では春の花と夏の花がいっしょに咲いてて

やはり北国だなあと感じました。

 

北大キャンパス内では

他にクロユリやオオアマナも咲いてました。

 

オオアマナ、おそらくもっと咲いてただろうと思われますが、

無残にも刈られている子たちもいました( ̄д ̄)

 

このクロユリは正門入ってすぐのところにあるやつ。

クロユリについてはまた別記事に書きますね。

 

北大のキャンパスは広大で、自然がたくさんあって

植物園の中のよう。

香川大学とは全然違うな・・。

たくさんの植物がみられるので楽しいです♪

すごく広いため、人もあまりいないところで植物観察も存分にできますし、

無料で入れるし・・。

そしてなにより、暑くない (けっこう大事)

 

北海道で植物をみるときに

アイヌの人たち (先住民族) はどう使っていたのか

ということがたいていわかることも非常に面白いです。

 

いつか北海道でもレメディーを作りたいなー。

 

 

 

只今受付中♪

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ