・・講座・ワークショップの感想

10/16コンサート&ワークショップ報告・感想

 ずいぶん前から企画していた今井千晶さんのコンサート&初コラボとなるワークショップ終了しました!


参加者は9名でしたが、場所的にはちょうどいい感じでした。


皆様ライアーが初めてとかもちろん千晶さんの演奏も初めて聴く方もほとんどだし、フラワーエッセンスも初めての方も数人いらっしゃったし、参加いただき本当にありがとうございます


前半は千晶さんのコンサート。
私もとっても久しぶりに生うた聴きます。癒されます〜




ライアーという楽器の性質上、ハートチャクラに直に響き、涙が出たり、ゆるんだりされる方も多いようです。さらに千晶さんの歌声とオリジナルのゆったりとしたメロディーですっかりみなさんトロトロに・・・。
千晶さんの世界の語りかけやお話も惹き込まれます。
途中お楽しみでエンジェルカードも引きました。

後半はワークショップ。



タオライアーを使うため、からだに響かせるよう座卓を使用させてもらいました。



一瞬あやしいですが・・こんな風に響きを直接感じていきます。
その後は声を出したりして自分の感覚に注意をむけていきました。
私のほうではフラワーエッセンスの話と実際飲んでみて、どう感じるのかというのを
やりました。今回ツユクサのフラワーエッセンスを使いました。
のどに感じていた方もいらっしゃったようです。

タオライアーは千晶さんが話していたのでは、天と地をつなげるライアーで、天から持ってきた使命を地上でおこなう(思い出す)のにもいいということですが、ツユクサも何か近いものがあるように私はおもっているので、おおーと思いました。

確かにタオライアーは上と下へ同時に流れていく響きを強く感じます。
なるほどそういうことにもつながるんですね。

最後にシェアリングをして楽しく終了しました。

かなりゆるゆるになってしまったかもしれませんが、今後この経験がひとつのきっかけになれば幸いです。本当にありがとうございました。


参加していただいた方の感想です


昨日10月16日の今井千晶さんのライアーコンサート&堤千恵さんの 
フラワーエッセンスのワークショップでは、ありがとうございました。 

コンサートでは、ライアーの素晴らしい、なんとも言えない響き方に圧倒されたこと、 
身体の中の水分らしきものが、グラグラと揺れる感じがして、 
途中は、目を開けていられないほどでした。 

今井さんのお話にも、「そうだなぁ・・・」 
「人間て、良いも悪いもないよなぁ・・・」 
という気づきもありました。私も人と関わるお仕事をさせていただいていますので、 
ゆっくりお話をする大事さを学ばせていただきました。本当にありがとうございました。 

ライアーにもますます興味がでてきてしまいました! 


コンサートとワークショップの2部構成には、どのようなかんじなのか、とても興味がありました。 

堤さんのフラワーエッセンスのご説明がとてもわかりやすくて、 
こちらも、またまた興味があるものでした。 

実際にフラワーエッセンスを飲んでみて、自分への変化が、思考のストップだとは 
思いもしませんでした。本当にびっくりです。 

それだけ、今の私は、頭で考えようとしているのだと、こちらも気づかせていただきました。 

楽しくて、あっという間のお時間でした。 

お値段の安さにも正直驚いています。 



それでは、またお会いできる日を楽しみにしています 


(Sさん)


ありがとうございました!



・・講座・ワークショップの感想

フラワーエッセンスを学ぶ集いを終えて




 9/24エドワード・バック医師の125回目の誕生日におこなった香川サロンでのフラワーエッセンスの集い。

自宅サロンなので全然少人数ですが、楽しくおこないました。


中にはフラワーエッセンス療法学会のほうで作成したフラワーエッセンスを知らない人に知ってもらうためのパンフレットによって初めてフラワーエッセンスに興味を持った方が参加くださりました。


前半はハーブティーとお菓子をいただきつつ、フラワーエッセンスについての説明をして、実際に服用体験してもらいました。

もちろん何のエッセンスかは知らせずに。

2種類の花のエッセンスを服用してもらいましたが、初めて服用される方も二つのエッセンスは違うということを感じていただけたようです。

バックの12ヒーラーとなっている花のカードを並べてどの花だと思われますか?との問いで直感で選んでもらったものと実際服用した花が違うことを確認。

見た目と性格の違いのようですね(笑)


セラトーとゲンチアンだったのですが、終わった後実際に花が終わりかけのセラトーの鉢植えとリンドウ(ゲンチアン)の切り花を見ていただきました。

セラトーは今は紅葉してきています。


そしてどちらかのエッセンスボトルを作って持ち帰っていただきました。


花をとおしての素敵な出会いに感謝です

フィンドホーンへ今年行かれた方もいらしてフィンドホーンのお話も聞けてよかったです



あんまりうちのサロンでやる集まりは少なくなっておりますが、11月の終わりごろに冬至のためのお祈りキャンドルのワークを一応企画しております。また詳細が決まりましたらここでお知らせしますね。


・・講座・ワークショップの感想

「小さな植物観察会」ご報告



7/16土曜日、炎天下の中小さな植物観察会「フラワーエッセンスの花と触れる」をおこないました。
いやー集まってくださった皆様本当にありがとうございました。

みなさん、セントーリをみるために暑さの中来ていただき、花に対しての情熱を感じました!

木場公園・都市緑化植物園はそんなに広くはないけれど、ボランティアの方々が常に手入れをされていて、とても管理され、たくさんの花をみることができます。

とくに帰化植物コーナーは必見。
帰化植物なのであちこちに広がっていたりするのですが、それもまた花の生命力を感じて、そのままにしているところもうれしいです。



 

現在いたるところにノラニンジンが花を咲かせています。



チコリも伸び放題にさせてもらっていて、2、3メートルくらいの大きさに。
チコリってここまで大きくなるんですね。


お目当てのセントーリ(ベニバナセンブリ)ですが、札は「ベニバナセンブリ」と書いてあるものの、
花の直径は7mmほどで非常に小さく根生葉が確認できなかったため、ハナハマセンブリなのでは?という結論に。
この写真はルーペで拡大して撮ったのでやっとここまでの大きさでみられますが、ものすごく小さく他の草にまぎれているのでとても探しにくいです。

茎も非常に細くやわやわです。

花は朝開いて、夜閉じ、3日ほど咲くそうです。


ビロードモウズイカ(ミュレイン)も非常に大きく育っています。




こちらは同じくゴマノハグサ科のモウズイカ。

ビロードモウズイカよりも背は高く、茎の部分がたくさん分かれています。



実は写真がたくさんブレまくっていて(汗)ノラニンジンのアップ写真が撮れていませんが、

ノラニンジンには真ん中に赤紫の花がつきます。
それがついているものとついていないものとに分かれます。

実際これから咲くところのまだ平たい状態のときに見られるようです。
そして開いてまあるくなるともうわからなくなります。
真ん中の花も開いて白っぽくなり、真ん中がにじんだピンクのようにみえます。
そしてだんだん下に隠れます。



花が終わると真ん中に集まってきて、種を作っていきます。

さまざまな表情がノラニンジンの蕾から種までの間みられ、非常に興味深いです。
変容していく過程のようにもみられます。

FESのフラワーエッセンスであるクイーンアンズレースは「見る」ということに関連したエッセンスですが、空間の広がりと焦点と集約される姿にあらわれているのではないかと思います。



この日見れたお花は

Bach チコリ、セントーリ、ヴァーベイン
FES ミュレイン、ゴールデンヤロウ、ヤロウ、ピンクヤロウ、ブラックアイドスーザン、クイーンアンズレース、サンフラワー、ラベンダー、タンジー、エケネイシャ、イブニングプリムローズなど

みられました。


とにかく暑いので、スケッチ観察などはせずに、涼しい美術館のベトナムカフェへ移動し、ランチ会としてみなさんで交流。
みなさんすでに勉強をある程度されたり、使ってきた経験のある方ばかりだったので、情報交換もかねてとても楽しくすごしました


今回は夏に花を咲かせるセントーリみたさに企画しましたが、次回やるときはもうちょっと涼しいときにおこないたいと思います。



・・講座・ワークショップの感想

11/28のワークショップの感想・その2

一部になりますが、11/28の女性のためのフラワーエッセンスワークショップに参加した方からいただいた感想をご紹介させていただきます。
ありがとうございました。

少人数のグループのワークは個人的に好きなのですが、なかなか知らないグループに加わるというのは勇気のいることだと思います。しかもとあるビルの一室で(笑)

初めてお会いする方も二名いらっしゃってほんとに勇気を持って参加くださり、私も励みになりました。

来年への野望(?)もちょっと膨らんでまいりました。


以下参加者の方からの感想です。



全体的にわかりやすく、くつろげるようないい感じの講座でした。
参加者それぞれの母なるものがあり、それに関わるテーマがあって、
花へ抱くイメージが違うのが興味深かったです。

作っていただいたマリポーサですが、早くもおもしろい効きかたをしています。

私は何回か長期間、半年とか一年とっていて、その度におもしろい結果が出ている花です。

自分の子供(8歳児)が岩だらけの場所にいる夢をよく見るようになったり、
私の母とマリポーサとの出会いがあったり、彼女のパートナーとの関わりなど、
自分にも周りにも影響しています。

今回は、母なるものという、ある意味漠然とした広範囲のテーマでとってみました。

母と子というのではなく、私のハートの魂の根源に、芯が通るような、
一直線に旅するような効きかたです。


母としてというより、一人の女性の生きかたという感じ。

自分がこれからしていくことなどが明確に出てきました。
やっぱり女性性の強い花です。柔らかさがキーワードみたいです。





午後のワークショップは、フラワーエッセンスという点では、ブラインドで!しかも飲み比べで!、そしてグループシェアで!と、私にとってはなかなか刺激的でしたー(笑)。
飲み比べて自分が違いを感じたことにも驚きましたし、
グループでシェアすると同じ感じ方や違った感じ方、いろいろあってそれも驚きでした。

ホロスコープのほうは、母親との関係をホロスコープ上でみていくという視点は
とても興味深いと思いました。
母親からみた自分は、そうかもそうかも〜と納得する部分でもありましたし、
チャートを使って客観的に見られるところがおもしろいしいいなと思いました。
自分のチャートを見てじっくり考えてみたいなと思っています。


今回は本当に参加してよかったです。
少ーし開いていたフラワーエッセンスへの扉をバーンと開けてもらった感じです(笑)。
そして・・・なんと思い切ってamazonに1冊だけあった「フラワーエッセンスレパートリー」をポチッとやってしまいました(^^;) 果たして読めるのかちょっと不安です(汗)
おっしゃっていたお花の観察もやってみたいなと思っています。




先日はありがとうございました。

ふたつのエッセンスのブラインドで母親のアーキタイプでもまったく違う感じだったのが印象的でした。

森の奥深いところまで入って行き、さらに進むと家にたどり着くというイメージが見えたのはまさしく母というイメージだったのだと思いました。


楽しい講座でした。




・・講座・ワークショップの感想

ワークショップ・母と娘のアーキタイプを終えて

11/28に女性のためのフラワーエッセンスワークショップ「母と娘のアーキタイプ」をおこないました。
占星術の話も交えるので3時間がレクチャーによりがちではあったのですが、
象徴としての材料を蓄えられたのではないかと思います。
参加者の皆さんがイメージする「母なるもの」の写真や絵をたくさん見ながら、
ポジティブな性質とネガティブな性質をみていき、占星術の簡単な説明、
いくつかの母なるものを象徴すると思われる花についてみていき
、名前をふせてフラワーエッセンスも2種類取ってもらって
感じたことをシェアしてもらいました。

フラワーエッセンスはチコリとマリポサリリーの二種類を取ってもらったので、
この二つのエッセンスの違いがとても興味深く感じました。


母なるものというテーマのせいか、個人的にたまたま海を見たり、
河瀬直美さんの「玄牝」という出産がテーマになった映画をみたこともあり、
おもしろいなと思いました。

母なるものの象徴として「自然」の写真を持参いただいた方が多かったのですが、
河瀬直美さんの映画ってあらためて思うと「母なるもの」を感じられる要素がたくさんあるなあと思います。あるがままの自然の姿を常に描き、説明的なものは一切ないため、ドキュメンタリーじゃない映画もドキュメンタリーのように見えてしまいます。

日本人は特に自然というものを感じながら寄り添う暮らしをしてきたので、大地や水という育まれる要素は感じやすいように思います。切り離されることや飲まれることもあるけれど。

また来年もいろんな形でワークショップをおこなっていきたいと思います。



参加者からの感想です。

**************************************************



今の自分にとっては、母親との間ではあまり大きな問題もなく
どちらかというとポジティブな事の方が影響を受けていると思っていました。
そうは言ってもその奥に何かまだ意識に上っていないものがあるのかな
あるのであれば見てみたいと思っての参加でした。

ブラインドテストで服用したエッセンスは結構衝撃的でした。
一つ(チコリ)は自分の持つ母性というイメージのもので
それを更に深めてくれる感じ。
一つ(マリポサリリー)は自分がこれから自分の中に育んでいきたい母性であると同
時に自分自身が大地から(天から)与えて欲しい・受け取りたい性質なのではと感じまし
た。

自分が持つ(持っていると自分では思っている)性質を更に深め
それ以外にもあった性質を自分が受け取り、自分の中にも育み、
他に与えることができるのかも。この可能性の広がり方に驚き、嬉しく思いました。

自分が母親との間に見ていた、受け取らせてもらっていた性質は
母性という広い性質の一面で、今日組み合わせた花との関係から

これからまた新たな性質を育てていけたらと思います。

ありがとうございました。