◆からだとこころのケア

朝露ウォーキング

 

6月がきたーと思ったら昨日は変な嵐でしたね。。

浄化の嵐??

 

今日から北海道ですけど、大丈夫かしら。

 

今月は夏至が21日にあり、暦的には大きな節目です。

昨年の冬至から半年。

そのせいか、ここのところいろいろな動きがあります。

普通にみるとそうよくないことも含まれますが、

私としてはそれも変化の流れなのかなと。

 

 

いま図書館で借りている本で

「修道院の医術」ルーツィア・グラーン 創元社

という本があるのですが、

 

修道院の医術というのはハーブや薬草を使ってきたというのもありますが、

たましいと心身の調和を保つことなのです。

修道院のように世俗から離れてなら

それを保つことも簡単かもしれませんが、

実際、そういう生活をすればそれなりに狭い中での人間関係や

ストレスも出てきそうです。

 

私たちは修道士ではないけれど

日常の中のひとつひとつの行為について

たゆまずこころを配っていくことができればいいですね。

 

その本の中でちょっとやってみたいと思ったものが

 

「朝露ウォーキング」

 

クナイプの水療法といっしょに紹介されていますが

早朝に裸足で朝露で湿った草の上を歩き、水気をおとすだけ

という療法です。

そのあと靴下をはいて15分運動をするそう。

心身がはっきり目覚め、風邪の予防にもなるとか。

 

朝露で足を冷やして、運動することで循環をよくする

ということかもしれませんが、

植物の露のヒーリングパワーも取り入れられそうですね。

 

あとメリッサ風呂っていうのも入りたいです。

 

メリッサ (レモンバーム)の葉100gに熱湯を注ぎ、15分そのままにして濾したものを

風呂の湯に加える。

神経過敏や睡眠障害、更年期障害などにメリッサ浴がオススメとか。

 

他にも薬草のことや使い方、セージ入りのオムレツの作り方とか

健康についてのあれこれが

いろいろ載ってて面白いです。

現代生活を送る私たちにも使えることがあるので

参考にしてみるのもいいと思います。

 

 

 

 

只今受付中♪

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

アストロロジー・心理占星学

自分の中の「慈しみ、育てる」という部分

 

ギリシャ神話に穀物と大地の女神デメテルという神様がいます。

麦は彼女の象徴するもののひとつで、

デメテルの姿はしばしば麦の穂とそれを刈るための鎌のようなものを

手にしています。

 

ローマ神話ではケレス(ラテン語)ともセレスとも言います。

 

デメテルは娘のペルセポネが冥界ハデスに連れ去られ、娘を取り戻すために

飲まず食わずで何日も放浪したという話が有名です。

その期間は大地は荒れ放題。

大地に再び豊かな実りがもたらされるようになったのは

娘のペルセポネを取り戻したときです。

しかし、ペルセポネは冥界にあるざくろを食べてしまったために

一年の4分の1くらいは冥界に行かなければならなくなりました。

それが大地に冬がもたらされる起源ともなっています。

 

なんで、いまデメテルの話??という方もいらっしゃるかと思います(^^;)

 

実は、先月くらいから占星術家の松村潔さんのオンラインサロンに参加していて、

毎朝のように20分くらい本日のサビアンシンボルやトランシットの説明など

先生が動画アップなさってて、松村レッスンを受けられるという・・

いい時代になったなーと地方ものの私は思うのですが、

昨日かな、セレスの話があったのです。

 

占星術の中にもセレスがあります。

チャートでは鎌のような形をしています。

小惑星なので、普通の惑星に比べるとかなり影響力は少ないのですが、

セレスは小惑星の中でもっとも大きいそうです。

私は自分のチャートに小惑星を表示させるとけっこう活発にアスペクトを

取っているので、微々たる影響とはいっても無視ではないなーと思うのですけど、

セレスは私のチャートではキロンと合で天頂にあります。

 

セレスが示すものは松村先生いわく

「ずっと関心を持って育てること」

 

小惑星の研究家の芳垣さんの本ではセレスは

「養育や母性」を示します。

 

ジェームズ・R・ルイスさんの『占星術百科』でのセレスの説明は

「われわれが人生のどこでどのように慈しみを受けたか

あるいはどこでどのように他人を慈しんだか」

を示しているということです。

 

で松村先生がなぜ、セレスの話をしているかというと

只今トランシットのセレスが双子座の13度付近にあり、

もうすぐ太陽と合になるというところからだったのですね。

これも驚き、実は私のネイタルの金星とノードの度数だったので

今、セレスが来ていたとは知りませんでした。

セレスの周期は5年だそう。

だから火星よりは遅いけど、木星よりは早い速度。

 

あとセレスは穀物や植物もあらわすので

その年の植物の成長具合などもあらわれるようです。

双子座にいまあるので、風のエレメントがよく育ってる感じでしょうか・・。

 

自分のチャートの中にあるセレスは自分が慈しみ、育てているものを示します。

 

子供がいない女性でも母性はあり、何かを育てるということをします。

男性もです。

身の周りにいる家族のケアであったり、動物たちであったり、

植物だったり、自分と関わる他者の人たちだったり、

自分自身であったり。

 

私は仕事に関するハウスにキロンといっしょにあるから

仕事を通して、傷ついた魂と向かい合いながら、

共に育てていくのかなと思ったり。

私は風と土優勢ですが、ここではセレスは魚座なので

仕事ではかなり水っぽい面が出るようです。

近くには土星があり、確かに高齢者のケアをすることを

ちょっとやっております。(仕事で)

 

育てていくことや母性は天体では月のようにも思われますが、

確かに月は母親をあらわすけれど、

その人が母としてどう振る舞うかは出るかもしれません。

しかし、育てるには月単独では難しいかな。

月は反応や感情、欲求なので、それを表現したり、誰かに共感してもらうことが

なければ満足できないかなと思われます。

あるいは無意識なので、意識化できないといけないし。

キロンも小惑星(実際は惑星ではないけれど)で、よく傷ついた魂・トラウマとも

言われますけど、これも単独ではなく、他の天体を通して表現したり、

自分なりに声をみつけていく必要があります。

 

だから、育てていくという天体があるのはいいなあと思います。

 

自分のどのハウスにセレスがあるのか、どんな天体が近くにあるかを見て、

どの分野を、どの天体の要素を育てている傾向にあるのか

確認してみるとよいでしょう。

サインはどんな風に育てている傾向にあるかをあわらしています。

 

フラワーエッセンス療法は基本、自分自身を長期的に植物のように

育てていくようなものだから、セレスも見ながら、

参考にしていくのは面白そうです。

いつもキロンはアストロロジーカウンセリングでは含めて読んでいるのですけど、

小惑星までは読んでなくて、でもセレスは含めてもいいなと思いました。

 

ちなみにデメテルにはもう一人娘がいるという話があります。

ペルセポネはゼウスとの間の子供ですが、

それもゼウスに無理やりという話で、ウィキペディアの解説では

農耕民族が遊牧民族に征服されたことをあらわし、

ペルセポネを探すことで放浪したのは弾圧によって

信仰の拠点が点々としたことをあらわすという説もあり

興味深いです。

ネプチューンとの間に娘が生まれたことも書かれており、

秘儀の女神ディスポイナが神馬アレイオンとともに生まれたと。

デメテルは馬とも非常に関わりが深いそうです。

秘儀との関わりはやはり、自然界の中での暦と関係しそうです。

 

あと、乙女座もデメテルと関わりが深く、

乙女座の乙女はデメテルを指しています。

ちょうど刈り取りの時期だからです。

奉仕と関わりの深い乙女座はケアすることは得意なのです。

ただ、ともすればロッテンマイヤーさんみたいに規律正しい感じになるかも

しれませんが。

 

 

 

只今受付中♪

【東京】7/8「植物へのまなざしを育てる」夏の植物観察

【東京】7/8〜10個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

来月のご予約カレンダー更新しました!

梅雨の気配がなかなかないですね。

 

今週の後半から6月に入ります。

6月のご予約可能日時のカレンダーを更新しました。

 

来月は2回研修が入っているため、個人セッション、個人レッスン枠が少な目です。

希望の方はどうぞお早目にご予約くださいませ。

 

今週末の6/2(金)〜7(水)まで札幌でのフラワーレメディーの研修に参加するため不在となります。

メールの返信はできますが、ご予約に関する返信はこの期間は6/7以降となります。

 

同じく6/17(土)〜22(木)も飛騨での研修に参加のため不在となります。

 

どうぞご了承くださいませ。

 

人生2回目となる北海道、一番花が多いというこの季節に花を見るのも楽しみですが、

北の大地のごはんを食べるのがまた楽しみ(笑)

 

なのに今朝から胃の調子が急に悪くなり、

(自分のチャートをみたらASCにトランシット火星が乗っかってて、

同じくトランシット土星と180度)

胃腸の調子を調えるようにしたいです。

 

火星-土星のアスペクトは仕事だとなんかうまく使えそうではありますが・・。

双子・射手の柔軟宮なので、あちこち飛びそうな感じ。

 

 

高松でのストレスケアのためのヒーリングミスト作り

 

フラワーエッセンス&アロマヒーリングミニセッション(高松・スカイプ・電話)

 

5月末までですので、ご予約は本日中くらいにお願いします。

 

 

◆女性のためのケア

梅雨前から梅雨時の体調不良のケア

 

双子座の新月です。

旧暦の皐月にはいるのかな。

田植えの時期ですね。

 

私はちょうど誕生日週だったので

より始まり感があります。

 

 

最近、少し体調不良な感じだったのですが、

どうも今の気温に関係しそうです。

 

日中暑い日もありますが、

まだ汗をだらだらかくような感じでもなく、

いろんな場所に行くとすでに冷房がけっこう効いてて

体を冷えているのと

水分が体にたまっているのが原因っぽいです。

 

暑いからつい、アイス食べてしまったり、塩分多めな食事になってしまうと

それほど汗をかいてないのに、水分過多になります。

すると冷えるし、むくむし、

女性だとPMS、生理痛、排卵痛の悪化、めまい、関節痛などおきてきます。

 

これから梅雨に入ると腎臓の手当が大切になってきます。

汗をかき、排泄をよくするには腎臓の機能をよくすることが必要です。

 

塩分と糖分を減らし気味にして (加工食品、スナック類や麺類など)

排泄をよくする食事 (豆類とかキャベツとか、あるいは旬の夏野菜もむくみを取るものが

たくさんあります。とうもろこしやキュウリなど。ただし、冷えているときは控え気味に)

と必要であれば漢方薬や薬草も使ってみましょう。

※漢方薬は専門医にみてもらって処方されるのがいいと思います。

 

とりあえず私はヨモギとドクダミを使ってます。

ほとんどのハーブティーには利尿作用があります。

 

運動したり、体をねじるポーズをしたり、

リンパマッサージをしたりして代謝もあげていきましょう。

 

体がだるくてけっこうしんどかったので

私はYouTube見ながら、ヨガをしたのですが、

それだけでも楽になりました。

 

鍼灸やハンズオンヒーリング、アロマトリートメントでも楽になると思います。

 

 

一番よくないのがだるいから、しんどいからと寝るだけの状態かもしれません。

(こうなりがち)

 

酷暑の夏をこれから過ごすために梅雨に入る時期の体調管理は

かなり重要だと思います。

少なくとも代謝がおちやすい40代以降の女性は。

病気ではないからと放置せずにこの新月を機に、

根本的なところから見直してみてはいかがでしょうか。

 

双子座は呼吸器系と関連の深い星座です。

呼吸とともにおこなうヨガは気持ちがいいかも。

とくに肩コリや首コリも双子座的なキーワードなので、

このあたりをほぐして、胸部をゆるめるのはよいと思います。

 

また双子座は支配星が水星なので、神経系からくるストレスを受けやすいのです。

ですから、ちょうどこれからの時期の植物でもありますが、

ラベンダーやペパーミント、レモンもハーブや精油から使ってみるのもオススメです。

これはヨガのときにディフューザーを使って焚くのもいいと思います。

(※猫を飼っている方は精油を焚くのはオススメできません。

猫の肝臓は精油の特定の成分を代謝できないため)

 

むくみを取るオイルトリートメントは

ジュニパーベリー、サイプレス、ゼラニウム、レモングラスあたりがオススメです。

 

もう少し湿度が高くなってきたらまた変わってくるので

今からケアの計画をたてておくといいかもです。

体調管理は常に予防から始まります。

 

その前に自分の体調のちょっとした変化に気づくことが大事です。

なにげに日々送ってしまいがちですが、気づいたときに

どんなことが自分に必要か検討し、またわからなければ自分にとって

かかりつけのようなヒーラーやボディワーカーを作っておいて

定期的に通うのもいいと思います。

 

※ヒーラーやボディワーカー、鍼灸師、整体師などものすごくいるわけで

同じようなことをやっていても、やっている人が違えば結果の出方も違うし

相性のようなものもあります。

ですから、自分にとって信頼できるセラピストを探すのはなかなか至難な感じですが、

あきらめずに探してみましょう。

そして一回ではすぐに結果が出ない場合も症状によってはあり、

しばらく続けてみる必要があるかと思います。

 

 

 

 

フラワーエッセンスの選び方

実感できるためのフラワーエッセンスの選び方「花の性質を理解する」

初心者のうちはレメディーを選ぶときにキーワードから選ぶことが多いです。

 

イライラする→インペイシェンス

落ち込む→ゲンチアン

 

みたいな感じで。

 

それでもいいのですが、

本を暗記して頭でっかちに

キーワードの部分のみで選んでしまうと

自分の問題や状況とはちょっと違うものを選んでしまうことがあります。

 

セッションのときは

クライエントさんがいくつか候補を出してきたり、

これを取りたいと言われることもあります。

それが本当に必要かどうかは

いっしょに検討します。

合っているか合っていないかというよりも、

その花のもつ本質・アーキタイプの捉え方が

少し私が捉えているものと違うかなと思ったときに

話し合います。

 

その花のレメディーについて

たいていは自分なりの解釈や思い込みがはいることが

あるからです。

 

そこで自分で選ぶときにも

ひとつの花のエッセンスについて

どこまでの理解があるのかはとても大きいです。

 

よく知っているそこらへんでよく見られる花であれば

わりと感覚的に理解しているところがあります。

 

エドワード・バックがイギリスで当たり前に見られる植物・樹木の

花を中心にレメディーを作り、

必要であれば自分でも作ることができると言っているのは

よく知っているというのが前提だったのではないかと思います。

 

私たちが現在、使っているレメディーの多くは

外国の花で、見たことがないものもたくさんあります。

人間でいうとフェイスブックの外国の方の写真をみて、

その人を想像するようなものです。

 

AさんからみたBさんと

CさんからみたBさんは違います。

 

おそらくクライエントさんからみた花と

私からみた花も違います。

それでもその花の植物の存在を実際に見たり、観察していたり

接する機会が多いほうがより理解できているといえます。

 

人間の場合も同じですよね。

 

だから付き合いの浅いAさんが

Bさんことを「おとなしい人」という見方をしていても、

付き合いの長いCさんからは「おとなしいけどとても人のことをよく観察している。

まわりのことをよく気が配れるし、

理解が早い。しっかりしているので実は頼れる人でもある。」

など細かい情報が引き出されます。

 

フラワーレメディーになっている植物を実際に

じっくり観察する時間をとり、

季節ごとに、定期的に会いに行ったり、育ててから

レメディーを選ぶときは

自分の直接のコミュニケーションをつうじて花をみるようになり、

選び方が変わってきます。

そして、服用しての反応も変化します。

 

ですから、もしも自分でもっと適切なフラワーエッセンスを選んでいけるように

したいと思う人は

そのレメディーの植物・近縁種への観察や直接出会っていくことは

欠かせないことのひとつだと思います。

 

実はそうして自然と触れ合う機会を増やすことで

ボトルに入ったレメディーだけでなんとかしようとしていたところから

もっと直接的な関わりをとおしての変化というのも

おこってくるともいえます。

 

 

 

 

植物・自然とシンボリズム

ナガミヒナゲシにまつわる話題について

フラワーエッセンスブログのほうに

2005年にナガミヒナゲシの植物研究をしたものをまとめた記事を

再更新しましたが、

このナガミヒナゲシ、しばらく前からSNS(主にFacebook)で話題になっていました。

 

私の植物研究の記事

ナガミヒナゲシ1

ナガミヒナゲシ2

 

この2のほうで、話題になっていた

ナガミヒナゲシを危険な植物とみなし、駆除するようにという

呼びかけをみて、書き足した追加の文章があります。

 

昨日、そうした騒動について

私とほぼ似た意見をお持ちの方の発言をFBで見かけ、

多くの人がシェアしたり、コメントしているのをみて、

けっこうそれなりにみんな反応していたんだなーと感じました。

 

ちなみにツイッターでもみつけた以下のリンクは

ナガミヒナゲシの専門家の先生に話を伺っているものです。

ナガミヒナゲシは本当に駆除したほうがいいの?危険外来種って何だ?

 

SNSで見かけると、さも当たり前の情報のように書かれてあるけど、

ソースがはっきりしない、事実とは違うものも多くあります。

それを事実だと丸鵜呑みにしないようにしたいものです。

 

 

で、私が思うのは

なんで、今頃そんなことが話題にされているんだろうということ。

 

象徴することかもしれません。

だって私が2005年に研究したとき(写真はその頃のものです)

にもわんさか咲いていたし、何年もの間毎年春に見かけているわけです。

 

まずひとつは

そのおかげで?

知らない人にまで、今まで気にもしていなかった人にまで

この花はナガミヒナゲシという名前を知られるようになった。

つまりは、ネームバリューが上がったということです。

 

悪いうわさはよく煙がたつといいますが、

知ってもらうアピールとしては大成功になるでしょう。

 

そして次に

この花が悪者にされたからこそ、

かなり多くの人が反応し、今の日本と自然との関わりや関係について

目を向けたり、考えたりするきっかけになっているかも?!

というのがあります。

 

そんな意味では揺さぶりがあったともいえます。

 

あとは先にあげたネット上での広まり方について。

ネットで広まるのはとても早いです。

そして事実でないものもあったり、

ときには人の記事のパクリを自分の記事のように書く人もいます。

何かそうした情報の強いメッセージ性に反応するだけでなく、

客観的にこれはどうだろうと考えることの大切さも

感じました。

 

あとは他にもたくさんたくさん、帰化して繁殖している植物が

あるのにも関わらず、ナガミヒナゲシが取り上げられたということは

まあ、目立つというのもあるかもしれませんが、

ポピーというのに反応しているようにも思われます。

アヘンが取れるポピーは日本では栽培できないことになっていますから。

ポピーじゃなければ、駆除するようにとは書かれなかったかもしれません。

 

これはポピーへの間違ったイメージからきているかもしれません。

 

 

根本的なことについて理解するには

時間がかかったり、流されてそうかもと思うことはあると思います。

 

それでも、人間と植物、大地との関わりについて

目を向けていくことになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

・・手作り石鹸情報

【手作り石鹸】1チャクラ石鹸

 

久々の石鹸です。

 

チャクラをテーマにした石鹸を作ろうと作ってみているのですが、

なかなか自然素材では色が思うように出ません・・・。

 

写真の下のが1チャクラで上が2チャクラです。

 

1チャクラ石鹸は熟成ができたのでおわけすることができます。

石鹸はすべてパームオイルフリーです。

 

1チャクラ石鹸

オリーブオイル

ココナッツオイル

ヒマシオイル

レッドクレイ

ハイビスカスパウダー

精油 

パチュリー

ベチバー

フランキンセンス

サンダルウッド

 

 

次回、1チャクラ石鹸作るときは酸化鉄を使ってみようかと思います。

 

小さ目サイズなのでおひとつ500円または600円

 

ご希望の方は

 

希望数

お名前

住所

をお知らせください。

info★innergardemflower.com (★を@に変えて送信ください)

 

2チャクラ石鹸はもう少し熟成にかかりますが (6/10前後)

いっしょに購入したい方はお取り置きして

2チャクラ石鹸が出来上がり次第いっしょに送ることもできます。

2チャクラ石鹸は少しサイズ大きくなるため、

600〜700円くらいになるかと思います。

 

2チャクラはカレンデュラインフューズドオイルを使用。

キャロットジュースも入ってます。

香りはオレンジとイランイラン。

 

 

真夏と真冬は石鹸がうまく作れなくなるため、お休みするのですが、

すでにだいぶ気温が高くなってますね。

夏までに3と4は作りたいなーと思ってますが・・・。

 

 

 

 

フラワーエッセンスの選び方

実感できるためのフラワーエッセンスの選び方「服用する目的を決める」

 

■ 服用するための目的を決める

 

自分の課題や問題の改善のためや

気になっていること、内面の成長や癒しのためにフラワーエッセンスを

選ぶには、どんなサポートを必要としているのか考える必要があります。

 

端的に

・彼氏ができるように

・仕事が成功して稼げるように

・就職できるように

・試験に受かりますように

 

のような外的な状況を変えることは

フラワーエッセンスではできません。

 

しかし、たとえば「仕事が成功し稼げるように」なるためには

自分はどんな風になるべきかは考えることができます。

あるいはなぜ、そうなりたいのか。

 

・もっと自信がもてるように

・まわりの人たちと比べて落ち込みやすいのをなんとかしたい

・日々の仕事に意欲がわかないのをやる気になるように

・そのことに執着しすぎているのを手放したい

 

いろいろ他にもあると思います。

 

その中でももっとも自分にぴったりな言葉や状態を考えます。

 

さらに段階を深くする場合もあります。

 

意欲がわかないというのは

ただ、やる気になればいいのかというと

 

根本的に体調としてウツっぽい状態になっていて

脳やホルモンの状態からそうなっているかもしれません。

(そうなるとマスタードとか)

 

あるいは環境やまわりからの影響でウツっぽくなっているかもしれません。

(ヤローやクラブアップル、ガーリックとか)

 

意欲がわかない仕事を無理やりやれるようにというのではなく、

自発的にその仕事に喜びを見出すには

どうしたらいいのだろうか?

と考えてみると

実はやりたくない仕事だからというのもあるかもしれないし

休みやリフレッシュが必要だということかもしれません。

 

日々の仕事が退屈に感じ、単調なことをやるのに疲れている場合は

ホームビーンが必要だろうし

仕事をやりすぎていて疲れているのなら、

オークやオリーブ、ダンデライオン、アロエベラ

インディアンペイントブラッシュとか考えられます。

本当にやりたい仕事に向かいたいという葛藤があるのなら、ワイルドオートとか。

 

そうやって、本当に必要なサポートのために時間をとって考察します。

 

もしかしたらフラワーエッセンス以外の方法で解決できることもあるかもしれません。

 

しかし、本来はそこから先もあります。

 

仕事が成功して稼げるようになることが

自分にとって本当に望むことかどうか。

外的には望みだと思いますが、

たましいにとってはどうでしょうか。

 

そこまで普通は考えることはありませんよね。

 

自分にとっての仕事について突き詰めて考えていくと

自然と根本的なところにたどり着いていきます。

 

そんな風にエッセンスを自分のために使っていくのには

選択するまでに自分の思考を整理し、ほどいていく作業になります。

だから、時間をかけて取り組んでみましょう。

 

一人ではなかなかできない人は

やはりプラクティショナーとともにおこなうと

効率よく、確実にそのための時間が取れますし、

(一人でやろうとするとなんだかんだで時間をあけられない

ことが多い)プラクティショナーとの対話や関係性をとおして

自分自身をみていくことができます。

 

 

 

 

日本の花リサーチプロジェクト

日本の花のフラワーエッセンス・リサーチ協力募集!

 

細々とおこなっております日本の花のフラワーエッセンス

リサーチプロジェクト。

 

実は現在、リサーチフィードバックが

小豆島オリーブ 19

ヤブツバキ 9

カンサイタンポポ 3

と目標の100までに相当遠い道のりですが・・・。

 

ご協力される方を大募集しております。

 

今回、新たに追加で

オオイヌノフグリソメイヨシノを加えました。

 

これまでご協力いただいた方でも

大丈夫です。

 

いただいたフィードバックをまとめたいのですが、

かなり少ないのでまとめられない状態です(:_;)

 

どうぞよろしくお願いいたします! !

ボトルも送料もこちら負担で無料で参加できます。

服用ボトルではなく、ストックレベルでほしい方は

1,000円のご負担いただきます。

 

オオイヌノフグリとソメイヨシノはブラインドのリサーチの結果

全然別のところで他の人に服用していただいても

はっきりまとまった傾向がありました。

 

ご協力いただける方は以下のサイトから申し込みください。

down

日本の花のフラワーレメディー・リサーチプロジェクト

 

 

自己実現・自己成長

創造的活動を日常に取り入れる

今年のはじめくらいからアイリスインディアンペインブラッシュなどの

フラワーエッセンスをしばらく服用していたせいか

何かを作ったり、創造的なことをやりたいという気持ちはありました。

 

だいたい、いつもそういうのがあるので、

本を読んだり、見たりしては(手芸や物作り系の)

とりあえず材料買うが、なかなか着手せず・・・ということが

多かったのです。

 

日常生活に何か別の活動を持ち込むには

そのための時間をどこかで工面しなくてはなりません。

 

ただでさえやることややりたいことがいろいろあるのに。

 

絵を描くとかにしても

リトリートなどに参加すると嫌が上でも

描く時間がそのためにあるので、

描けます。

しかし、日常に戻るとなかなか絵を描くゆとりがなくなります。

 

 

それがわりと最近、これはすぐ出来るんじゃないかと思うものがあり、

それをすぐに実行したらとても楽しいのです。

何かを作るのってやはり満たされます。

 

ポイントは2つあって

 

・材料は百均でも買えるもの

・細切れ時間でもできること

 

これが取り掛かりやすい点のようです。

 

もちろんいい材料を使ったほうがいいと思うのですが、

いい材料を揃えると過去の自分の例からは

放置されてしまうケースがあり、

手始め程度のときはすぐに買えるものであることが

いいのかもしれません。

(材料がなくなっても、すぐに次作ろうとなるので)

 

毎日時間に追われる方、スケジュールがパンパンな方は

やるべきことがたくさんあり、

そこに新しい何かを持ち込むのは難しく感じます。

 

何よりも気力というか、何もする気がしないという場合も多いでしょう。

 

 

創造的なことといっても、自分からやってみたいと思うことがやはり必要です。

 

筋トレやヨガでも10分でやるメニューがあるように

短い時間を決めておくとやりやすいです。

 

やってみたいという動機があって、

まずすぐできることからやってみる。

 

すると何がおこるか。

 

 

これが、もっとやりたいと思うことが増えてきてしまうんですね(^^;)

 

今私がやっていることは別に仕事でもないし、

何かを目指しているわけではありません。

本当にもっとやりたいことは百均では買えないものを使ったりもします。

ただ、自分の創造的活動のための扉を開きたいというものです。

 

昨年からそれに関連して受けてみたい講座があったのですが、

なかなか難しく(場所や日程で)、参加できませんでした。

それがわりと近県でおこなわれることになり、

早速事前受付で予約してみました。

殺到するだろうから、行けるかどうかわかりませんが。

 

具体的に書いてないのでわかりにくいですが、

もう少し進めていけたら、シェアしますね。

 

ひとつ言えるのは、創造的な活動を日常に入れていくには

なんとなく、こころが動く方向を意識する

ことかなと思います。

 

私の場合は、そのきっかけはほんとになんとなくです。

必死で探そうとはしていません。

 

意識で何か創造的なことをしたいと思っていたら、

たぶん、無意識のほうで何かをキャッチして

なんとなく惹かれるものが出てくるのかもしれません。

 

その中で惹かれるものややってみたいことを

短い時間でまずやってみること。

そんな時間はない!!と思ってても10分ぐらいならありますよね。

その10分からやってみるのです。

 

すると楽しければ、後はもっと時間に組み込めるし、

毎日じゃなくても、続けていけるのではないでしょうか。

 

 

モーニングページというのがジュリア・キャメロンさんの

「ずっとやりたかったことをやりなさい」という本で紹介されていましたけど、

毎日3ページ書くというもの。

これ、書くのが苦手な方は苦行のように感じるかもしれないので、

毎日15分だけ書いてみると決めて、時間で書いてもいいかもしれません。

頭が整理されてクリアーになり、やりたいことが出てきたり、

アーティスト脳になる、など言われています。

 

実はやっておりませんが・・・。

またやろうかなと思ってます。

 

やり方は

朝おこなうこと。

毎日3ページなんでも頭に浮かぶことを書く

読み返さない。

 

フラワーエッセンスを使ってもいいです。

フラワーエッセンスのアイリスは

たましいに色をもたらし、創造性やインスピレーションを日常にもたらすことを助けてくれます。

 

インディアンペイントブラッシュは創造的活動をおこなうための活力を活性化させてくれます。

 

私はアイリスは何度も使うエッセンスのひとつですけど

左脳的にやらねば的になってて、日常が楽しくなくなっているとき

なんかに使ったりするかな。

そこからちょっと自由になっていく感じがします。

スルーして突破口になるような。

 

経験があると思いますが、

楽しいことや好きなことをしているときは

あまり疲れを感じていません。

楽しい旅行とか、趣味の活動とか。

肉体は疲れていると思いますが。

 

ただ、非日常になると

日常のルーティーン(仕事や家事など)のリズムが狂うので

日常の中に自分の楽しみを持ち込むには

リズムのサイクルの中に組み込んでいくことが大事です。

 

 

ちなみに、私はトランジットの木星が

自分のチャートの5ハウス(創造性や遊びに関連)

に入ったばかりで、その影響もありそうです。