◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

4月にも無料オンラインセミナーをおこないます♪

今日は3月11日ということで、

菜の花を。

萩尾望都さんの漫画「なのはな」を思い出します。

フラワーエッセンスではマスタードが近いです。

「フラワーエッセンスレパートリー」※では

光を暗闇から離れたものとして経験するのではなく、

闇を変容のプロセスとして経験できるようになる。

 

と書かれてあり、

憂鬱で、沈んだ気持ちになっても、

その経験の中からわずかな光を見出していくことが

その人にとっての回復であり、強さとなっていくと思います。

 

※リチャード・キャッツ/パトリシア・カミンスキ BABジャパン

 

3/14の高松での植物・フラワーエッセンスによる春のケアは

受付を終了させていただきます。

申込みの方がいらっしゃらなかったので(^^;

 

しかし、3/16のオンラインでのフラワーエッセンスによる春のセルフケアは

満席となりました。ありがとうございました!!

こちらうまく録画ができましたら、期間限定での公開も考えております。

都合がつかず、参加できなかった方はお待ちくださいませ。

 

こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門はリアルタイムのみでおこなったほうが

いい感じなので、4月も設定しました。

 

4月5日木曜日の午前です。

今回は4月にあわせて緊張に対して使うお花も紹介します。

申込み・詳細はコチラから。

参加は無料です。

 

先日、フラワーエッセンス入門に参加いただいた方からの感想を紹介します。

この方はフラワーエッセンスがまったくはじめての方でした。

お名前を出してもよいということで感想のシェアの承諾をいただきました。

 

 

セミナーまでは、フラワーエッセンスに初めて触れて(飲んでみて)

何とも感じなかったら… そういうことも少なからずありうることだから…と思っていました。
ですが 飲んだ瞬間から、右肩の焦げ付いたような痛みがスッと消えたのは驚きでした。

お陰様で安眠で、本日は 心がグラウンディングして過ごすことができました。

(内田様)

 

他にも昼間の部でも頭が痛かったのが、よくなったという方がいらっしゃいました。

ちなみに使ったフラワーエッセンスは5フラワーレメディーでした。

コップで活性化をして飲んでいただいたのですけど、

私もたまにはレスキューを活性化して飲んでみようと皆様の感想を聞いて

思いました(笑)

 

とてもフラワーエッセンスにも興味を持ってくださり、うれしいです。

またやろうという励みになりました(^^;

 

 

 

受付中

【東京】4/21植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物

【東京】4/21〜23個人セッション

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

◆からだとこころのケア

薬膳でからだを調える

 

が大好きなドラマのひとつ韓国の「宮廷女官チャングムの誓い」という番組を

見ていた人も多いかと思いますが、

あのドラマの中で女官たちは王様の健康のための薬膳料理のような食事を作っています。

ドラマの回の中でも、食事によって様々な病気や体調の不調を治していくという場面もあります。

 

もちろん病気が重いと、漢方や鍼をおこなっていく場面もあります。

 

しかし、食事が健康の基本となっていて、養生にも重要な要素となっているところが

このドラマの見どころでもありました。

 

今はいろんな食事療法がありますが、

中医学により、個人の体質にあわせての薬膳はわりと

体調にあわせやすいと思います。

 

けっこう流行ってもいるようですし。

 

最近の本をあまりチェックしていなかったので

一気に3冊ほど本を購入しました。

ちょうど春のセルフケアのオンラインセミナーもやることで

参考にさせていただきました。

 

どれもなかなか勉強になったので紹介します。

 

 

「からだに効く和の薬膳便利帳」武鈴子 家の光協会

 

薬膳というと朝鮮人参とかなつめとか漢方食材をわざわざ買わないと・・

というイメージがありましたが、

この本では日本のスーパーでも手に入る身近な食材を使って

症状別のメニューや季節ごとの食材と働きを丁寧にまとめています。

 

この本であっ!と思ったのは肩こりのページ。

左のみがよく凝りを強く感じるのだけど、

左側の肩こりや頭痛は瘀血が原因で、血のめぐりが悪い人だそう。

ちなみに右側は水のめぐりが悪いそう。

ということで、瘀血をとる漢方を取り始め、

玉ねぎなどことあるごとに使って食べています。

だいぶ楽になってきました。

瘀血を取る食材にヨモギがあり、ヨモギをきらしてしまっているので、

今取れていないのですが、ヨモギをどこかで入手しないと。

 

とにかくこと細かく書かれているのでとても勉強になります。

ただ、最初に薬膳の基本については書かれていますが、

自分の体質チェックみたいなやつがないので

それがあるともっとよかったかも。

この本はアマゾンで見て、購入したのですが

思ったより大きめの本でした。A4サイズくらい。

 

あとの2冊は大きな本屋さんで見て、購入しました。

 

 

「薬膳・漢方 食材&食べ合わせ手帖」 西東社

 

こちらの本は自分の体質チェックもあり、

食材別に事典のように調べることができる本です。

とくに食べ合わせについてのメモがすごい。

注意ポイントが必ず書かれており、

どの食材とあわせるともっとこういう効果が引き出せるとか

この食材とあわせるのは効果を半減させるとか細かい。

キャベツは生のにんじんとあわせるとキャベツのビタミンCを破壊するとか

知りませんでした。

枝豆はチーズといっしょに食べるとチーズのカルシウムの吸収を悪くするとか。

薬味やハーブについての項目もあります。

 

 

「血めぐり薬膳」 坂井美穂 A&F

 

こちらはちょっとおしゃれな本。

わりと身近な食材で作れるフレンチ薬膳で

メニューがすごく美味しそうです。

体質チェックや体質ごとのおすすめ食材、

季節ごとの食材リストなどすごくわかりやすくて

すぐ参考にできます。

 

 

一応いろいろ参考にはしますが、

結果的には自分が今、それを食べたいのかどうか聞いて

取り入れるという感じです。

あといくら体によいといえども、美味しくないものは

あまり食べたくないので、美味しい物を買うようにしています。

たとえば菜の花は今の時期すごくいいのだけど、

なかなか美味しいと思う菜の花がなかったりします。

こういう青物の野菜はオーガニックかどうかもあるかもしれないけど

私の中ではフレッシュさが第一条件で、

スーパーにいくと一番に産直コーナーでチェックして

その中でいきいきして、美味しそうと思う野菜を買います。

なので、あまり頭ばかりで考えて食事を作らずに

体がほしがるものを取り入れるのがいいと思います。

 

チャングムのドラマでもすごく工夫されてて美味しそうな料理ばかりでしたね。

 

 

無料オンラインセミナー、昨日はフラワーエッセンス入門でした。

実際にエッセンスを飲んでいただく山場があり、みなさん実感していただいてとてもよかったです。

4月5日(木)にも同じものをおこなう予定です。

今度は午前中にします。また告知しますね。

 

 

受付中

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

【東京】4/21植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物

【東京】4/21〜23個人セッション

【香川・小豆島】5/31オリーブの花と夏のハーブガーデン植物観察会

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

東京と小豆島での植物観察会のお知らせ

 

やっとお知らせページができました・・。

今週はオンラインの準備や確定申告で時間を取られていました。

 

フラワーエッセンスのことを学ぶ上で絶対かかせないのが

実際の花や植物を観察することです。

 

五感を通じて、その手触りや色や形、香り、全体性を見ることで

受け取る情報は本で書かれてあるものを越えて、

存在と向き合うことを通してでしか得られない感覚を味わいます。

 

花の本質に近づくにはそうした花との関係をつくっていくところから始まります。

 

そうしたことを目的とした仲間とともに観察をおこなうと

たくさんの発見がありますよ。

 

春はわりとハーブを中心としていろいろな花をみることができます。

写真のは5月終わりの小豆島ハーブガーデンで見られた花です。

 

4月、5月は花の移り変わりが激しいときなのでうまくタイミングあわせて

ぜひ、花に会いにいきましょう♪

 

 

東京での植物観察会

植物へのまなざしを育てる〜風のエレメントと植物〜

日時4月21日(土) 10時30分〜13時30分 ※今回は長めにおこないます。料金は変わらず。

場所 木場公園都市緑化公園

詳細はコチラ

 

香川・小豆島でのオリーブの花とハーブガーデンでの植物観察会

日時 5月31日(木) 11時〜15時

場所 小豆島・オリーブ公園

詳細はコチラ

 

 

また東京でのフラワーエッセンスカウンセリング、アロマトリートメントなどの

個人セッションも4/21(土)〜23(月)で受付中

詳細はコチラ

 

 

受付中

【無料オンライン】3/16フラワーエッセンスによる春のセルフケア

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

◆からだとこころのケア

春の不調を調える〜春の凝り〜

 

雛祭りということで、桃の花の写真を・・。

 

遅くなりましたが、3月のご予約可能日時のカレンダー更新しております。

個人セッション、個人レッスンともに高松、オンライン・電話では随時受付中です。

 

オンラインセミナーの受付は開催日の2日前まで受付中です。

どの回も参加申し込みをいただいていますので開催します。

3月7日水曜日のフラワーエッセンスによる春のセルフケア3/5までの受付となります。

無料なのでお気軽に参加ください♪

無料なのにPDFが5枚くらいのテキスト付です(*^-^*)

3/7の昼間の部と3/16の夜の部があります。

 

 

2月は全般的に不調気味で、ここ2週間くらいは

肩と腰がかなりがちがちで

ストレッチやっててもおいつかない感じでした。

 

私は周期的にひどい肩こりにみまわれるのですが、

目を使うからとかそういうのもありますけど

以前は生理前後がいつもひどかったので

体質的なものとか他の要因もあるかなと感じます。

 

更年期肩こりというのもあるかもしれません。

 

私の場合は主に左のみ強くなります。

花粉症があるので、とくに左なのだと思います。

逆に言えば左の可動性が悪いから、花粉症になるとも。

春という要因も重なり、肝の気を流したり、熱をとる食材を使ったり、

そういう精油と自家製たんぽぽオイルをブレンドしたオイルでマッサージしたり

ダンデライオンのフラワーエッセンス使ったり

ヒーリングも受けたし

温泉にも行きました。

 

※ダンデライオンのフラワーエッセンスは頑張ってて、

筋肉に緊張がたまっているのを解放します。

春の花でもあり、根っこには肝臓を強壮したり、デトックスする働きがあるので

お茶などにして取り入れることもできます。

 

 

が、まだ苦しく

昨日はマッサージを受けに行きました。

某チェーン店の・・(^^;

うちの近くにあるもので。

 

とても上手な方でちょうどいい加減でした。

 

腕のマッサージがとても痛かったので

(そこがとても張っていたそう)

 

家に帰ってセイクレッドハートというFESのフラワーエッセンスフォーミュラがあるのですが

それを使ったところ

とてもスッキリとして流された感じがありました。

ちょうど満月ということもあり、月の相の力もあったかもしれません。

 

結果、

何がよかったかというよりも

どれも必要なんだろうなと思います。

 

西洋医学以外のものを使った場合、どれかのみでなんとかというよりも

最終的にそれでよくなったとしても

いろいろやってみたのなら、それが少しずつほぐれてきて

最終的にやったものによって最後の一押しみたいな感じになるのではと思います。

 

もし何もやらないままでいると、風邪をひいて寝込むみたいな感じになるかもしれません。

(風邪の前兆は凝りからはじまってるように私は感じます。

で、熱が出ると一気に解放するみたいな・・。)

 

確かに温泉やヒーリングでだいぶ違うような気もしたけど、

まだほぐれきれずにいたので、そこは継続してやっていく必要があるのですね。

 

なので、まだいろいろ気を付けてやっていきます。

 

途中、FESのアクティブ8を使ったら、なんか流れる感じがしたのですが、

アイハーブでこのフォーミュラのレビューを読んでたら

多くの人が「からだがぽかぽかしてきた」と書かれてあり、

まあ、カイエンヌのエッセンスが入ってたり、精油もシナモンとカルダモンが入っている

というのもありますが、そのような滞りがあるときに使うのもよさそうです。

 

そういうのもセルフケアの講座でお話します。

 

私はけっこう不定愁訴みたいなのが若いころから多かったので

自然と何を食べたらいいのかとか、植物療法とかの研究に余念がなかったけど

全然健康だったらそんなに関心を向けないままだったかもしれません(;´∀`)

なので、自分の体で実験・・的な要素がけっこうあります(笑)

 

 

 

受付中

【無料オンライン】3/9こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【無料オンライン】3/7・16フラワーエッセンスによる春のセルフケア

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

ゲーテ・シュタイナー的植物観察

植物と大地のエレメント早春の植物観察会終わりました♪

東京での植物観察会はやはりお天気に恵まれ (案外晴れ女なんです(^^;

2月であるのにも関わらず満席ではじめての方も多く参加くださいました。

 

目黒の自然教育園は広いけど、季節的にも花は少なく

早春に咲く花がいくつかありましたが、

厳重に網を張ってたり、カメラ撮影のおじさんが常に陣取っていたりで

ちょっと観察しにくいかなー。

 

でもセツブンソウ、フクジュソウ、ユキワリイチゲなど見ることができました。

 

明るいキンポウゲ科のフクジュソウ。

 

ユキワリイチゲは白と紫系の花がありました。

とても可憐です。

 

セツブンソウはうまく写真に撮れなかったのですが、

そのくらい思ったよりとても小さな花でした。

 

さて、こうした季節の花以外に

自然教育園で前に観察会をしたときにノイバラとキンミズヒキがあったことは

知っていたので、大地のエレメントということですし、バラ科植物の今の様子なども観察しました。

 

ボケ気味の写真ですが、こちらのノイバラはわりとしっかりと木になっていて

大きく育っています。すでに赤い実はほとんどなく、

新しい葉っぱが芽吹いていました。

 

キンミズヒキの写真はないですが、

葉っぱがあちこちにあって、ノイバラの葉っぱのような複葉がたくさんあり、

同じバラ科であることが確認できます。

最初に出てくる複葉は5枚でなりたち、花も同様に5枚で

5という性質との関わりもあることがわかります。

 

バラ科の植物は大地にしっかりと根をはる性質を持っているので

フラワーレメディーでのワイルドローズやアグリモニーの性質にも触れました。

 

後半は大地とのコンタクト。

植物が春に根をはることについての説明をし、

本当は根っこの状態が見られるとよいのですが、

大地を通して、根を感じる、樹木を触ることで深部の固さにある根の部分とつながる

実習を各自わかれてやってもらいました。

 

そのあとのシェアでは面白いことがおこりました。

 

普段、花のほうは見ていても、大地に目を向けられていなかったりします。

 

多くの方がドングリに根が張っていることを発見しました。

たまたまそういうコナラ系の木が多い場所だったからでしょうけど

ほんとにあちこちで大地の刺さったドングリが見られました。

 

 

皆様、いろいろな疑問がわいて興味津々だった様子で

「この根っこはどこまでいま伸びいてるのか」(ひっぱったけど固くてしっかりして抜けない)

「これはいつ根をはったのか」

「芽はどのように出てくるのか」

という疑問がでていました。

 

ちょいと調べてみました。

 

こちらにNHKさんの動画のめを出すコナラのどんぐりというのがありました。

この動画の説明でこのドングリは根を下ろし始めてから芽がここまで伸びるのに

約1か月と言われていました。

 

他のサイトなどで確認してみると

根が出てくる前にドングリは殻を割るのですが、

それが2月くらいということです。

根をおろすのはおそらく今の段階ではつい最近なのではないかと思います。

 

ヴァルター・クロースの「大地の四季」によると

「根の形成にみられる芽生えのプロセスは、生命に昇華したひとつの塩プロセスであり、

そこでは地球の中心から働きかける植物の自我存在が熱をとおして活動している」

と書かれてあり、

塩というのは植物に形を与え、支える力を持つものですが、

大地に根をはるプロセスは個体として地球に根付くことをあらわします。

 

 

もう少し時間があるときやこれからお花見くらいの時期になれば

桜の下で寝転んでみたり、裸足になって大地を歩いてみたりすると

よりいっそう私たちは大地の力を感じることができると思います。

 

 

ただ、自然教育園でたくさん根をおろしていたドングリのほとんどは

木の真下とかで、そこから大きな木として成長することは難しいのではないかなと

思います。植え替えをされると生き残れますが。

どんな環境であろうと自分が置かれた場所で根をおろすドングリは

人間に置き換えるといろいろ考えさせられます。

 

人間は自分から移動できますから、

成長する予定のものは同じですが、自分が生かされる場所を選ぶこともできるので

植物にとっての根をはる作業は

この地球で関わることで自分の居場所をつくっていくことになるのでしょうね。

 

次回の観察会は4月21日の予定です。

告知までしばらくお待ちくださいませ。

場所はまた変えて、花をメインにたくさん見る予定です。

 

 

受付中

【無料オンライン】3/9こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【無料オンライン】3/7・16フラワーエッセンスによる春のセルフケア

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

 

 

 

 

◆からだとこころのケア

根本原因を見ずに健康はあり得ない

 

明日より2/27まで東京出張です。

オンラインセミナーの申し込みなどこの期間、簡単にメール返信し、

当日のリンク先やZOOMの案内に関しては2/27以降にあらためて返信させていただきます。

 

 

季節の変わり目で、実はお疲れ気味です(-_-;)

ちょっと横になったり、ヨガやストレッチしたり。

自分でケアをしたり。

 

でも睡眠を必要としている感じなので少しでもいいから日中時間があれば、私は寝てます。

だからこそ、セルフケア、養生はかかせません。

もちろん時には人の手も借ります。

 

随分前にネットで見かけたのですが、

ある方が〇〇なときには睡眠を十分にとることが必要と書かれていた

事に対して、いくつかのコメントがつけられており、

それはほとんどの方は

「そんなことはわかっているけど、現状そんなに睡眠時間は取れません」

というものでした。

 

確かにそうかもしれないけれど

非常にもやもやしました。

 

体調の悪いのを治したいけど、睡眠は取れない、

睡眠が取れなくても治る方法を教えろ

 

ということではないかな。

こころの声としては。

 

それって

 

たばこはやめられないから、たばこをやめずにこの咳を止める方法をとか

甘いものがやめられないけど、糖尿病を治したい

とかにも近い感じがします。

ただ、これはたいてい医者から言われることなので

まあ、守ろうとしますね。

 

だけど

深刻な病気レベルではないけど

いつもどこかが不調な方で

 

風邪でも仕事は休めない

睡眠はいつも3〜5時間くらい

食事はいつも外食かコンビニ

家庭や職場で常に強いストレスを感じている

 

それは変えられないから

この不調を治してと言われたとすると

無理・・と答えるしかないです。

 

それを例えばもしフラワーエッセンスやヒーリングに求めたとしたら。

 

根本的なものが変わらない限り、どんなにヒーリングしようが

サプリやいろんなものを取り入れようと

体の声を聞いていないことになります。

 

睡眠を十分にとって、自然の中に出かけて深呼吸をしたり、

運動をしたり、美味しく新鮮な体が必要とする食事をするだけで

十分回復することもあります。

 

それが出来ないとしたら

そのライフスタイルや生き方の見直しをするしかありません。

 

もしかしたら職場を変わらなければならないとか

引っ越ししなければならないという問題にあたることもあるでしょう。

 

特に日本人は睡眠時間が十分に取れないという人がとても多いようです。

お休みも海外に比べるとまだ少ないかな。

 

睡眠を削ってまで、ネットやSNS、ゲームをする人もいるかもしれません。

 

睡眠が取れなくても元気なら別にいいのですが、

のちのち大きな体の不調につながっていくこともあります。

脳と体を完全に休めることになりますから、

睡眠が不足すると疲れだけではなく、

神経系のバランスも崩れて、仕事の能率もあがらなくなります。

創造的な意欲もなくなります。

体だけではなく、こころの健康にも影響が出てきます。

 

睡眠は6時間は取れてるから大丈夫という方もいらっしゃると思いますが

そのときの状態によって、人はもっと睡眠が必要とされることもあるし、

短い睡眠でも十分だったりします。

なので、頭の中でこれだけの時間が取れてるから大丈夫と思うのではなく、

自分の体に聞いてみる必要があります。

 

本当の健康は体をなんとかもたせることではなく、

自分のこころも体も充実していると思えることです。

 

自分自身や自分の生活への向き合い方はその根本的なものとなります。

 

体とこころの声を聞くというのは

自然と同調しようとすることでもあると思います。

自分の健康のために何を必要としているのか (ここでは具体的な療法ではなく、

食べ物とか睡眠や運動などすぐにできるようなことです)

耳を傾けて、気づくことができるようにしてあげてください。

 

 

 

受付中

【無料オンライン】3/9こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【無料オンライン】3/7・16フラワーエッセンスによる春のセルフケア

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

オリーブ公園での植物観察会は5月です!

 

今週末の東京での個人セッションは受付を締め切りました。

 

いろんなお知らせが最近多いので

今受付中のもの、これから告知予定のものの一覧は以下から

見てください。

 

最新のお知らせ・受付中のオンライン講座、イベントなど

 

無料のオンラインセミナーの申し込みが続々入っております♪

 

 

先日、以前から見てみたかった映画「オリーブの樹が呼んでいる」を見ました。

オリーブの樹が呼んでいる公式サイト

 

動画で樹齢2000年のオリーブの樹が見れます。

 

お話はスペインのある一家が安物のオリーブオイルも出回るようになって

オリーブではなかなか食べていくことができなくなり、

樹齢2000年の樹をお父さんが売ることになります。

それはおじいさんがとても大切にしている樹で

孫娘もその樹とともに成長し、大反対しますが、

売られてしまって、おじいさんはおかしくなります。

それで孫娘が売られたオリーブの樹を探しに行くという話。

 

感動的な感じもしますが、

冷静に考えるとこの映画のために

あのオリーブの樹を掘り上げて、オフィスビルに置いたのか・・

と思うとかなり複雑な気持ちになりました。

(でも映画ではフェイクかもしれません。この映画の主旨としては

樹齢の長い樹がどんどん売られている現状を知ってもらうということだから。)

 

しかし、現状としてはあのような樹齢の長いオリーブの樹は

世界中に売られているのです。

おそらくかなりの高値で。

小豆島の千年のオリーブの樹のように

お日様のあたる大地に植えられているのならまだいいけど

ビルの中はいかんでしょう・・。

 

樹齢が1000年を越えるような樹はその土地のものです。

その土地のエネルギーそのものともいえます。

だから、どこかに移動して見に行くよりは

会いたければ、そこまで行って会いに行くのが正しいことでしょう。

 

 

今年は去年のようなお泊り込みのリトリートはおこなえないのですが

小豆島のオリーブ公園での植物観察遠足はやろうと思います。

オリーブの花が満開の状態を見ることができます。

 

で、日にちを決めました!!

 

今回ははじめての平日。

土日より平日のほうが行きやすいという方はぜひぜひ日にちをあけておいてください。

 

5月31日木曜日におこないます。

 

 

水曜は小豆島でのお店がけっこう定休日が多いため、木曜日にしました。

時期的にはオリーブ公園内のハーブガーデンもヤロウとかディルとかいろいろ見られます。

お昼には昨年行ってとてもよかったので、創作料理野の花さんのランチを予約する予定。

遠方から来られる方は土日よりもホテルが予約取りやすいし、

すごく安く泊まれたりします。

なので、すでに押さえておいてもいいかもしれません。

 

受付は3月からになると思います。

 

 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

自己実現・自己成長

自分の能力を発揮するというのは

 

ここのところ、なぜか山に登る話をラジオやりテレビで見まくるので

ラジオで紹介されてたクライマーの漫画を読もうかと思ったら

レンタルコミックになかったので

いまだ読んでなかった「神々の山嶺」を借りて読んだらなんかハマってしまい、

昨日は普段は全く見ていないイモトアヤコの登山部で南極の山を登頂してたのを

見てしまいました。

 

それだけではなく、YouTubeでもけっこう雪山登山の動画見ました(;´∀`)

 

実は山登りは苦手なほうです。

山は好きだけど、雪山登山はわけがわからない。

森林の緑が綺麗とかお花畑を見るためにとかではなく、

何もない激しい天候の雪山を登山することには

まったく興味なかったです。

その手の映画とかもただ、凍傷になりながら、遭難しかかってえらい目にあってるのを

わざわざ見たくないので、見たこともなかったのです。

 

酸素が少ない中、崖のようなところを登り、マイナス20度くらいで

過酷な環境でなんで登るのか・・。

 

世界の14座の山を登頂された竹内洋岳さんが取材されてた番組を見ていたら、

彼は学生のときに何も得意なことがみつからなかったそうです。

高校のときに部活に入らないといけなくて、

早く家に帰りたいので、一番人が並んでいなかった登山部に入部したのが

山に登るきっかけだったそう。

はじめのうちは日本の山しか登っていなかったけど

そのうち海外の山の非常に標高の高い山にも行くようになり、

酸素の薄いところでまわりの人が高山病になるのをみて、

自分は意外と平気で、そのときにはじめて自分の得意な場所を見つけたと

言われていました。

 

標高何千メートルという山に登らなければ、

自分にあってるかどうかもわからなかったということですね。

 

標高の非常に高い6000〜8000くらいの山を登るというのは

けっこうその人の持っている体質とか能力が必要な感じがします。

YouTubeでみたあるクライマーは雪山の崖でビバークという

岩にテントを結び付けて崖のテントで寝るという危険なことをやるわけですが

(一日で登りきれないからだそうで)

普通はそんなところでは眠れないのだけど、彼は爆睡できるという (笑)

とにかくその人はそういう危険な登山ができる体質と能力を持っているわけですね。

 

なんというかオリンピックを見ていても

その人の持つ素晴らしい能力に感動しますが、

これはわずかな能力のある人だけのものではなく、

どんな人にも素晴らしい能力はあると私は信じています。

 

ただ、それが何かに気づいていないだけではないだろうかと思います。

 

以前、やはりテレビでみたのですけど

鍛冶屋をやっている若い人がいて、その人は

いろんな仕事を今までやってきたけれど、

もっとも鍛冶屋という仕事が自分に合っていることがわかったと話していました。

鍛冶屋なんて実際それをやらないと向いているのかそうでないかもわかりません。

 

 

たぶん、何か惹かれるような気がするみたいな軽いきっかけであるものの中に

自分が能力を発揮できるものがあるのではないかと思います。

 

そこで先天的なものと後天的なものがあると思うのですが、

よく天才といわれる子供は大人になると伸び悩む的な傾向があったりしますけど

先天的な能力のみでは年を重ねるにつれて、やっていけないことに気づくのでは

ないかと思います。

 

よく自分の強みや得意なことを仕事にすればいい、

自分が楽にできることを仕事にと言われます。

でも、自分が楽にできることのみで仕事にしていくのは

自分としては達成感を感じないでしょう。

自分がうまくできないと思っていた部分ができるようになる喜びを知ることができないから。

 

自分が生まれ持っている能力と自分の限界を広げていくことの両方があって

その人の能力が本当に発揮されるのではないかなーと感じます。

 

オリンピックのアスリートたちはそれができているから私たちは感動するのです。

雑念や集中できないとかイメージできないという実際にその場で能力を発揮できるか

どうかが問われるようなものに関しても、それも能力だと思います。

 

 

先天的な能力がどうしても必要と思われるような職業もあるでしょう。

でもたいていのものは後天的におぎなっていけるはずです。

また、まだ眠っていて使われていない能力がある可能性もあります。

 

人間はもっともっと可能性を秘めていますから。

多くの限界はその人の脳の中で思っているだけかもしれません。

 

 

自分の能力に関して以下のことを振り返ってみてもいいでしょう。

・自分が得意なことを書きだす

・自分が適している役割・場所を書き出す

・自分が好きなことを書きだす

・惹かれるなあと思っていることを書きだす

・苦手だなあと思っていることを書きだす

 

 

私のことですが、私はバリバリ双子座ステリウムなので

子供の頃から飽きっぽくてあまりひとつのことを長く続けるのは苦手なんですけど

どういうわけか今学んでいるスクールにかれこれ20年くらい学んでいます(^^;)

はじめ、1年くらいでフラワーエッセンスのことを学んでみようかという

気軽な気持ちだったので、どうなってるんだろう・・(笑)

と思うのですが、時間をかけて何かをやるということが

意外にも好きというか適していたんじゃないかなーと思っています。

 

だから、苦手と思うことも能力として発揮されるものでもあるのでしょう。

フラワーエッセンスの定義がネガティブな状態として見られますけど、

それって、そこを長所に変えていくこともできますから。

 

 

 

 

明日2/20で受付を締め切ります。

間際の受付はおこないませんのでよろしくお願いします。

【東京】2/24〜26個人セッション

2/24の東京での植物観察会「植物へのまなざしを育てる」に参加申し込みされた方には

確認ご案内メールを送っています。

届いていいない方がいましたらお知らせください。

 

受付中

【無料オンライン】3/9こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【無料オンライン】3/7・16フラワーエッセンスによる春のセルフケア

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

 

◆インナーガーデンティアラからのお知らせ

無料オンラインの読書クラブ、セラピスト交流会もやります

 

ZOOMの講座を受けて終了しました。

ZOOMはいろんな機能があり、

まだまだ使いこなせてませんが、慣れていくために

いろいろやりたいなと思っています。

 

現在のところ

ほとんどのZOOMを使ったセミナーはカメラで顔出しスタイルのようですが

スカイプと変わらず、一般向けのセミナーではカメラオフ状態での参加という形にしたいと思います。

ZOOMに最初に入るときに名前を入力して

そのままその名前が表示されます。(カメラオフでも参加者のメンバーの名前は表示されます)

そのときにハンドルネームや苗字のみとか、下の名前のみとかでもオッケーです。

本名フルネームだと都合が悪いという方もいらっしゃるでしょうから。

すでに入力していても後から変更もできます。

 

 

追加で以下のことも予定しています。

 

無料オンラインでつなぐ会

★自然とつながる読書クラブ

3月2日(金) 20時〜21時

植物観察会でも使っていく予定の「大地の四季」ヴァルター・クロース

の本を読んでいきます。

持ってなくても参加可能。

読書クラブは平日の昼間とかも設定したいと思いますが、

3月はこんなもんでいっぱいいっぱいかも・・(-_-;)

ちなみに「大地の四季」は植物専門の本屋さん草舟あんとす号さんで買いました。

まだ在庫あるかしら。

 

★限定・セラピスト・プラクティショナー・ヒーラー交流会

3月4日(日) 20時〜21時

こちらは限定参加で、参加条件は

私と会ったことがある方でフラワーエッセンスや植物療法、ヒーリングなどの分野で仕事をしている方

カメラが使用可能であればカメラで顔を見ながらおこないたいのですけど

難しければ音声のみの参加も可能。

ちょっとお試し的な試みですが、テーマとして「仕事とインターネット」

についていろいろ情報交換とかご意見など伺えればいいなと思っています。

私のほうではZOOMについて教えられる範囲でお教えします。

 

どちらも無料です。

受付は2日前までで

参加者がいなければ開催しません。

参加希望の方はメールFBメッセージツイッターのDMにて

どちらが希望かを明記してください。

 

 

2/24〜26の東京での個人セッションですが

アロマトリートメントに関しては場所がまだ取れそうなので

2/26に希望の方がいらっしゃったら10時〜16時最終で受付できます。

フラワーエッセンスカウンセリング、アストロロジーセッションともに

2/20で受付を締め切ります。

【東京】2/24〜26個人セッション

 

東京では次回の予定は4/21〜23になります。

 

 

受付中

【無料オンライン】3/9こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【無料オンライン】3/7・16フラワーエッセンスによる春のセルフケア

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

高松】2/21まで・お得な冬アロマ・トリートメント 

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ

 

 

 

 

内なる子供を癒す・自分を愛する

私がわたしになれる本

 

 

今から20年くらい前、「私がわたしを生きる本」という本を持っていて

コンパクトな本ながら、好きな本でした。

その本はずっとセッションルームの本棚に置いてあり、

誰かに紹介したり、昔ブログでも書いたかもしれません。

それをふと最近、手に取り、

この本の前に出された「私がわたしになれる本」を読んでいなかったので

アマゾンで調べたら、今は文庫本になっていて

それを購入しました。

 

日本語タイトルはこういう本ですが、

今のように「引き寄せのなんとか」とか「夢を叶えるなんとか」

というタイトルになっていないだけいいと思います。

よく似たことを書いているようですが、

この本の中でもそういうところは強調されず、

まわりや過去に左右されずに自分でありつつ生きていけることを

書いています。

 

「私がわたしになれる本」の原題「WHAT YOU THINK OF ME IS NONE OF MY BUBINESS」

「私がわたしを生きる本」の原題「HOW TO HAVE MORE IN A HAVE-NOT WORLD」

文庫本では「私がわたしを生きる本」は「私がわたしになれる本2」というタイトルになっています。

 

「私がわたしになれる本」のほうは原題のように

まわりの人や過去に影響を受けたことに左右されながら

まわりにあわせていくうちに、自分というものがわからなくなり、

自分を生きれなくなっている人がまわりに左右されず、人からどう思われようと

自分を生きることがメインテーマとなっている本です。

 

たくさん重要なことが書いてあり、

無駄なページもあまりなく、コンパクトにまとめられているので

わかりやすいと思います。

 

著者のテリー・コール・ウィッタカーさんはカウンセラーですが、

心理学の本ではなく、どちらかというとスピリチュアル寄りな内容になっていて、

読み手にあわせて理解できるような書き方をされていると思います。

 

たぶん何度も読むような本です。

 

ある意味、エドワード・バック医師の「汝自身を癒せ」などの本に近いような感じかも。

 

「この真理はシンプルですが、実践するのはつねにたやすいとはかぎりません。

要するに、自分をもういちど愛しなおし、意識と宇宙エネルギーの接触を確立しなおすことといってもいいでしょう。

わたしたちのみなもとは"神"であることを思い出し、それゆえ本質はすべて肯定的なのだということを思い出してください」

 

『私がわたしになれる本』より

というようなことも書かれています。

 

この本にあわせてフラワーエッセンスのセッションを進めたいかも。

フラワーエッセンスのセッションに来られる方やレッスンを受けている方にも

お勧めだし、もちろんこのブログを読んでいる方にも。

 

自分が幸福かどうかは外的な状態によってあるものではなく、

自分の内側から満たされていることが重要です。

 

「自分を愛すれば、スペシャルなものを引き寄せられる」というような

書かれ方をしている本もありますが、

結局、何かを引き寄せるためにという目的がそもそもなんか違うんだろなと思います。

わからないことはないですが。

そして、簡単に自分を愛すればいいのですと書かれていても

「・・どうすればいいの?」となってしまうかもしれないですね。

 

それができていない人からすれば、わからなくて当然です。

 

「私がわたしになれる本」の最初の章で

「自分に気づく力」を高めるということが書かれています。

 

まわりからのいろんな影響を受けている私たちはどんな影響を受けているのかが

無意識だとわかりません。

それには自分がどんな思考や感情、反応を持っているのかに気づかなければなりません。

それが自分のものなのかそうでないのかはまず

無意識のものを意識化していく必要があります。

 

そうしたことも書かれています。

 

これは最初のステップとなるのではないかと思います。

2の方ではもう少し実習できるような取り組みについても書かれています。

 

あと、まわりからどう思われようと、かまわない自分というのは

決して、相手に共感しない、人の言うことを聞かないということではありません

というように何か自己中心的な人間になれという誤解がないように

何度も説明されています。

 

ここら辺はチャクラでいうと2チャクラ(自分中心)、3チャクラ(他者とのバランス)の

バランスではないかと思われます。

 

日本では関西はわりと2チャクラ文化ですが、自己中心的なおばさんになれというのではなく、

自分というものがしっかりあり、自分のやりたいこと、やっていることが

他者によって左右されることなく、他者との関わりや社会的に倫理を守り、協調できる

ということでしょうかね。

 

テリーさんの言葉を引用すると

 

「他人から押し付けられるネガティブな意識を払いのけ、"否定的になる心"の悪循環を断ち切ろう」

 

という精神。

 

日本人はかなりまわりと同化しやすいところがあるので

集団深層意識との関わりも濃いのですけど

その中で自分を貫くのはときにはかなり大変かもしれません。

 

しかし、上記に書いた自分に気づく力を高めるというのは

フラワーエッセンスはとても役立ちそうです。

もちろんまわりを気にしないといっても気になる方や

人からの影響を受けやすい方も、しかし、そういう方はとくに

自分で取り組むよりもセッションに来られたほうが速いと思います。

 

 

ちなみに文庫本よりは私がもともと持っていた新書サイズくらいの本のほうが

文字も大きく読みやすかったです。

 

あとハッと思ったのは死について書かれていた章で

高齢になると死ぬのを待っているような状態になっている人が多いかもしれないですが

生きるというのは死ぬ準備をするためでなく、今をどんな風に生きるかが

いかに死ぬかにかかっていることを書いてます。

死ぬ間際まで今を生きる例として

高齢になっても新しい服を買ったり、結局役立つことがなくても新しい語学を習っている

ということをあげていました。

死ぬ間際になると断捨離して、物をなくそうという傾向が強いですけど

死と生に対しての考えをあらためて考えました。

 

まだまだ引用したいくらいの大事なことが書かれてあったのですが、

ぜひ読んでみてくださいませ。

20年以上前の本とはいえ、今読んでも古い考えなどではまったくありません。

変わらない真理ではないかと思います。

 

 

受付中

【無料オンライン】3/9こころのバランスを取るフラワーエッセンス入門

【無料オンライン】3/7・16フラワーエッセンスによる春のセルフケア

【高松】3/14・植物・フラワーエッセンスによる春のケア

高松】2/21まで・お得な冬アロマ・トリートメント 

【東京】2/24〜26個人セッション

 

花と植物の学びと癒し 

高松・スカイプ・電話・東京

フラワーレメディーのセッションしています♪
インナーガーデンHP

 

よろしかったらポチっとお願いします。

にほんブログ村 健康ブログ フラワーエッセンスへ