内なる子供を癒す・自分を愛する

フラワーエッセンスと内なる子供

140619_093916.jpg



太陽は蟹座に入り、水のムードは高まり、まだ水星は逆行中だし、蟹座のテーマである「家族・子供・ホーム」に関連して取り組むということが出来るかもしれません。

蟹座には祖先や過去のものなども意味として含まれていて、そこからひも解き、何かを学ぶということもよいかも。


ところでフラワーエッセンスで内なる子供を癒すというのはどういう過程でしょうか。

FESではメタフローラの月のレベルとかで学んだりもして、関連の花もいくつかあります。

しかし、フラワーエッセンスを服用するだけでは癒すことは出来ないです。


あくまで意識的に自分が取り組む姿勢が大事です。


占星術では月が自分の子供の頃をあらわします。蟹座の支配星も月になります。


自分の月の星座は何座ですか?

その星座の特徴はよくあらわれていますか?


よく主張しているのか、あんまり普段は出ていないのか、人から言われる自分の印象が本来の自分とかけはなれているのか・・。


本来の自分に近い性質は月にあらわれることが多いです。
そして、月は一番ここちよいと感じる自分でもあります。


どういうことが自分にとってここちよいのか、
どんな自分ならうれしいのか



ちょっと考えてみましょう。


ここちよい状態ではないのなら、どんなサポートがあればここちよくなれるのか
内なる子供が喜ぶには、どんな花が助けになるのか


さらに考えてみます。

「自分を愛する・受け入れる」
「守護されていることを感じる」
「大地とつながる」
「感情を感じること」
「人との距離感を保つこと」



ぴったりする言葉を書き出すことで花を選びやすくします。

色やかたち、植物が生育する環境を考えてもいいと思います。


ここちよさをサポートするための花にいく前に

いつも感じている感情や問題があれば、まずそこにポイントをおいた花を選んでもいいと思います。

占星術のチャートでは月にハードな角度を形成している惑星やトランジットの影響を少しゆるめるようなもの。



月は「自分がどう感じているのか」がとても重要なので、それを日々振り返りつつ、フラワーエッセンスを服用していくことをお勧めします。


子供の頃の傷ついた経験の深さにより、心理療法を受けたほうがよいこともあります。
フラワーエッセンスはすべてを解決させるものではありません。


またいくつかのアプローチを併用することでプロセスが進むこともあります。

ある程度の期間に区切って、取り組み、間をおいてまた取り組むというスタイルでもいいと思います。要は自分が意識的に取り組めることのほうが重要なので。





フラワーエッセンス・アストロロジー(占星術)・セッションのモニターは6月末までに
申し込んでいただければ、セッションそのものの開始は7月以降でも大丈夫ですよ。




******************************************

以下受付中です♪



【6月末まで】スカイプ・香川でのフラワーエッセンスアストロロジー・セッションモニターさん募集♪



定員の半数以上埋まりました♪お早目に申し込みください。

7/7(月)【東京・六本木】ワイズウーマンのためのセルフケア「薬草クリームを作り、ケアする」


7月【東京】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)♪


7/20(日)【福岡】ワークショップ「星と植物・12星座とフラワーレメディー・アロマ」


7月【福岡】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)



花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP




・・講座・ワークショップの感想

【受講者の感想】フラワーエッセンス占星術個人レッスン

 


1年あまりかけてスカイプでのフラワーエッセンス占星術個人レッスンを無事修了された方の感想・コメントを本人の了解を得てご紹介させていただきます。

このレッスンは4元素と惑星10個をひとつずつシンボルとして学びつつ、自分のチャートと照らし合わせ、毎回その惑星が自分の中でどう働いているのか感じながら、花を選んで服用してもらいます。そのレポートと惑星の象徴に近い植物を選んで観察してもらった記録を送ってもらうというなかなか大変なコースなのですが、自分のことを占星術をとおして理解しつつ、花の助けを借りるので、いろんなプロセスを感じることができるようです。

皆様じっくり自分のペースでされている方が多いように思います。


以下受講者Iさんの感想です。


占星術とフラワーエッセンスを通して・・・


 2013年4月から取り組み始め、1年に渡って自分のホロスコープと照らし合わせながら、フラワーエッセンスを選び、内的な成長を促す作業ができたこと、共に寄り添ってきてくださった千恵さんに、心から感謝しています。


フラワーエッセンスを、生きた植物と結びつけて伝えてくださるその方法は、千恵さんは、まさに植物、花のアルケミストです。私の植物との関わり方に、大きな意味と喜びを与えてくださったことに感謝します。また目に見えない無意識の世界、夢や精霊の教えをしてくださったことも、私にとっては小さい頃から、密かに信じ続けていたことであり、その分野を再び地に足の着いた形で取り組むきっかけになり、その研究は生涯の楽しみになると思っています。ありがとうございます。


そしてこれからも、フラワーエッセンスを植物の生きた形で学んで行きたいと思っています。またお世話になると思います。その時はまたよろしくお願いします。





ありがとうございます(*^-^*)
私もうれしいです♪しっかり歩むペースを保って、取り組むIさんの姿勢によいセラピストさんになっていくのを感じました。



フラワーエッセンス占星術個人レッスンのコースは随時受けることができます。








花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP


フラワーエッセンス

エドワード・バックの言葉

140607_155503.jpg


どなたかの畑ですが・・・ゴールデンヤロウの花が咲いていました。
夏だなあ・・。


最近、いろいろな本を必要に応じて読んでいますが、エドワード・バック(バッチ)の文章を何度か読み返しています。実ははじめからしっかり読むことがなく、随分昔はなかなか読み進めることが出来ないでいました。
バックの文章はシンプルですが、フラワーレメディーの学びを始めたばかりの人にとってはなかなかピンとこないかもしれません。実用的というよりもその背後にある理念のようなものだからです。また、キリスト教の要素もあり、宗教になんとなくなじみが薄い日本人には入りづらいものでもあるかもしれません。

ですから、さらっと読んでもよいのですが、ある程度学びを深めてきている人には再度チャレンジして読んでほしいと思います。


英国のバッチセンターに無料でダウンロードできるようにもなっています。

トゥエルブヒーラーとその他のレメディー 完全版


日本語を選択していただければ日本語で読めます。


バックの文章は今までにも本にもなっていますが、ジュリアン・バーナード編集の本がお勧めです。


完全版の上記の文章を見ると、何度か手直しや追加をしていることがわかります。
ジュリアンさんもバックは物事を単純にしたいという強い願いがあったから・・というので何度も手直ししていることを書いています。

チャンセラーの「エドワード・バッチ フラワー・レメディー・ハンドブック」(中央アート出版)の中にあるバックの言葉の中に

『この療法が単純だからといってその使用を思いとどまるな。研究が進めば進むほど、すべての創造物がいかに単純であるかに気づくものだからだ。』

というのがありましたが、シンプルであることはバックにとっての基本姿勢だったように思われます。

多くの人に届けるにはよりわかりやすく、シンプルでなければならない、そのために何度でも手直しすることに時間をかけること、エネルギーを注ぐことに怠ることはなかったようです。

しかも、それはお金のためでも自分の成功のためでもないことは先ほどリンクした12ヒーラーとその他のレメディーの文章を読めばわかります。

わかる人にしかわからないという姿勢で伝える側がたっていてはいけません。
なかなか傍からみると、あやしい療法のように思われてしまいますが、それをあやしくないように明確に伝わるように文章化しようとしたバックの姿勢には見習わなければと思い、文章を読めば読むほど、尊敬の念が増してきます。

もっともバックが書いたような書き方をすると即刻、薬事法にひっかかりますけど、そのためには伝える側は注意深く、フラワーレメディーの本質やしくみを理解しようと努めていくことだと思います。
どこかから習ったことをそのまま鵜呑みにするのではなく、自分で確かめ、体感していくことが大事です。それでさらにバックが伝えようとしたことを再度読んでいくとなんとなく、いろいろ発見があります。

シンプルになるように何度も書き直したということは、そのシンプルな言葉に凝縮させているともいえます。何気に読み進めていた短い文章の中にも意図されてその用語を使われている可能性はあります。

今のフラワーエッセンス界は非常に多様化しているような部分もありますが、もう一度シンプルなものの中の真理を見出してみてはどうでしょうか。




まったくの余談ですが、
12ヒーラーとその他のレメディー完全版を読んでいると最後のほうに
バッチ博士のチームという言葉があります。

メンバーはバックの他、ビクター・ブレン、ノラ・ウィークス、メアリー・バナーの4名ですが、フリンジチームのようでかっこいいなあと思いました(^^;

バック医師はもちろんウォルター博士、ビクターがピーター、ノラ・ウィークスがオリビア、そしてメアリーがアストリッド・・とあてはめ妄想してしまいます。(海外ドラマ「フリンジ」を見た人にしかわからずすみません・・)
どんな会話がされていたんだろうかという妄想までしてしまいました。



*******************************************

以下受付中です♪


うたとライアーの演奏、フラワーレメディーのお話、花のアートによるイベントです。
6/15【香川】シークレットガーデン〜花と魂の内なるお庭〜受付中♪


スカイプ・香川でのフラワーエッセンスアストロロジー・セッションモニターさん募集♪



定員の半数埋まりました♪お早目に申し込みください。

7/7(月)【東京・六本木】ワイズウーマンのためのセルフケア「薬草クリームを作り、ケアする」


7月【東京】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)♪


7/20(日)【福岡】星と植物・12星座とフラワーレメディー・アロマ


7月【福岡】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)



花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP



アロマセラピー

【キャリアオイル】ライスブランオイル

 

140530_135711.jpg




こちらのブログ久しぶりの更新。

ジュゲムブログがウイルス感染!!みたいになってたから、おそるおそる。(もう大丈夫みたいです)


自転車で小豆島上陸して帰ってきたので、足が筋肉疲労で、高山へ行ったときに購入して使っていなかった疲労回復セットを使うことにしました。

セットの内容はyuicaのライスブランオイルとミズメザクラの精油のミニサイズ。
これをブレンドしてあたためて、筋肉疲労をとったり、鎮痛作用もあるので使ってみました。


先日から暑いので、ベタベタするかな・・と思ったら、のびがよくて非常にさらっとした使い心地。

米ぬかのオイルは初めて使ってみたのですが、これは夏にぴったりですね!

yuicaのものはオーガニックです。お米はどこのものでしょう?たぶん岐阜だと思います。

yuicaライスブランオイル


お米はアレルギーも少ないし、なによりさらっとした感じがホホバオイルのようで、非常に吸収が早いのもよいし。

マッサージするときにベタベタするのが嫌な方もお勧めです。

しかも現在発売中のものは震災の前のものですね。


自分でマッサージケアってなかなかしなかったりするものですが、どんなベースオイルがあって、どう違うのか試す機会もあまりないかもしれません。


7月7日に東京・六本木でおこなう

ワイズウーマンのためのセルフケア

ではマッサージケアの実習もありますが、ベースオイルの選び方やいくつかのベースオイルを試してみたりというのもおこなってみたいと思います。

お持ち帰り用には薬草クリームを作ります♪




*******************************************

以下受付中です♪

うたとライアーの演奏、フラワーレメディーのお話、花のアートによるイベントです。
6/15【香川】シークレットガーデン〜花と魂の内なるお庭〜受付中♪


スカイプ・香川でのフラワーエッセンスアストロロジー・セッションモニターさん募集♪



7月【東京】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)♪


7/20(日)【福岡】星と植物・12星座とフラワーレメディー・アロマ


7月【福岡】個人セッション(フラワーレメディー・アロマセラピー・アストロロジーセッション)



花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP


フラワーエッセンス

フラワーエッセンスとフラワーレメディー

アメブロのほうで書いた記事と同じですが、こちらにもアップさせていただきます。



フラワーエッセンスとフラワーレメディー

現在この2つの呼び方で花から作られたものを呼ばれています。

よく質問もされるのですが、同じものではあります。


その違いについてですけど

そもそもエドワード・バック(バッチ)は「フラワーエッセンス」という言葉は使っていなくて、「レメディー」と呼んでいたことからフラワーレメディーという言葉を使われているのです。

バッチのレメディーを使っている人はおそらく「フラワーエッセンス」とは呼ばないでしょう。


「フラワーエッセンス」という言葉をはじめて使ったのは北アメリカのFESのようです。FESはバックの38種類だけでなく、自分たちが住んでいる土地でもエッセンスが作れるはずということで作り始めたのです。

それ以後世界各地で作られたものは基本「フラワーエッセンス」になっています。

フラワーエッセンスは花の本質であり、エキスという意味もあります。

レメディーは薬剤というような意味がありますが、バック医師がホメオパシーをおこなっていたこともあり、ホメオパシーの薬剤をレメディーと呼んでいたことからそのまま移行されたと考えられます。


フラワーエッセンスもフラワーレメディーもどちらも同じものですが、

「バック医師が作られたフラワーレメディー」のほうが正しいということになります。一方で「FESのリチャード・キヤッツが作られたフラワーエッセンス」ということになります。
これは説明をする側が作り手が呼んでいたほうの名称にするというだけですが。



しかし私はバック医師の言葉を読んでいると、この「レメディー」というニュアンスは
『何かによってもたらされたもの』という信仰がベースになった産物のようにも感じてしまいます。
これはあくまで私が感じたことです(;^_^A


治療薬というとその人にとっては薬のように作用するものということになり、バック医師はまさにそのつもりだったはず。
そしてそのための治療体系を作っていきました。

FESはフラワーエッセンスを魂の変容と癒しに使うものとして開発されていきました。


けっこうこうした作り手の意図や背景は大きいものです。


私はどちらも使っていきたいのでこだわりはありません。

でもその違いを頭に入れておいて使うことは重要ではないかなと思います。

自己実現・自己成長

【book】祈りの力

140514_133202.jpg


こちらのブログは久々の更新です。

図書館で借りた本ですが、「祈りの力」という本を読みました。

アマゾンで検索したら、別の本(祈りの力を活かす)も出てきて、それもすごく面白そうなのでそれは古本のほうで注文中。

「祈りの力」のほうはプロの祈祷師さんが書いた本ですが、心理学のほうもされているのでトランスパーソナル心理学とかけっこう幅広い視点から「祈りの力」について書いてあります。

祈祷師の養成所が四国にあるというのでおどろき。この職業のことすらそれでやっている人がいるのかと疑い気味だったのですが、真剣にやればものすごい仕事ですよね。


昔読んだ漫画「イティハーサ」で言霊で病気を治したり、いろんなことをしていて、そういう力もあるだろうと思いつつ、漫画の世界と思っている部分もありました。

しかし、その疑いが祈りにはもっとも禁物なこと。

祈りというとこれを叶えてくれなければ、神様をのろってやる〜とかそういう気持ちでおこなうものではありません。

信仰心がないとだめなんじゃないの?とかいろいろ思われるかもしれませんが、

自分の中の神とつながる神聖な行為だと思います。


Hulaをおこなっていたときに一番惹かれたのはそこでした。
祈りがあり、Hulaは神聖な行為であり、そのように接して、神さまのために踊る。

踊りの前のお祈りの言葉はほんとうにエネルギーが宿っています。
ただ、ハワイ語なので、私は日常では使えません。

さきほどの「祈りの力」という本では神道や仏様にお祈りすることに関してのいろいろな疑問などにお答えしていて、最後にいくつかの祝詞を載せています。


神社でお願いしても神様はお願い事をきいてくれるわけではないのですが、眷属(神様のお使いをする存在)という動物のようなイメージ(動物霊ではないらしい)がお願いを叶えてくれるそう。


自分にあった神社の探し方とか呪いの防御法とかふむふむという感じで読みました。


何度かしか見たことないけど、美輪明宏さんがお祓いの言葉みたいなのを言っているときってテレビで見ただけでもものすごそう(;・∀・)あのくらいの気合いがあれば何でも防御できそう。

フラをやっているときのお祈りの言葉はもにょもにゅ言うのではもちろんだめでしっかり、エネルギーを込めて言わないといけないけど、非常に気分はいいものでした。

そういうお祈りよりも気合いのはいった言葉を発することも少ない現代ですが、カラオケで発散するくらいかしらね。

祝詞やお経を言うのはなんだかよさそうです。

もちろん自分の言葉でお祈りを作り、言葉に出すことがもっとも効果的かと思います。


そのときに普通の人が、やはり抵抗があるのが「神様」という存在。

そもそも目に見えない大いなる存在を信じるか信じないかという問題ですから。

天使でも眷属でも、創造主やキリスト、マリア、日本の神様、女神なんでもいいのです。
呼びかけるのは。

ご先祖様でもいいし。


願いを叶えてもらおうというために祈るというよりも、どんな自分でありたいのかを大きな存在にゆだねてみるのです。と書きつつも私も実践できているというわけではありません(-_-;)

日本人だと神社やお寺のほうが身近にあるし、ゆだねるのも近くにある大きめの山とか自然のほうが無理がないように思われます。

祈りは日常の行為としておこない、お供えを必ずするバリヒンズー教の人々を見ると、それを当たり前のこととしているようです。

ネイティブアメリカンならタバコをお供えにします。

日本の神様だと塩、水、お酒ですね。


私はお香がどうしても好きなので、香を焚くことで捧げます。



それにしても祈祷師ってどこで探すのかしら。まさか電話帳に載ってないよね(笑)
また本当に詐欺じゃない祈祷師を見つけるのは難しそう。



しかし、自分を変えたい、いまの状況を変えていきたいと願う人は祈りを日常に取り入れていくことはお勧めできると思います。
自我の力でなんとかしようとするのをおまかせするつもりで。



*******************************************


うたとライアーの演奏、フラワーレメディーのお話、花のアートによるイベントです。
6/15香川【ヒーリングイベント】シークレットガーデン〜花と魂の内なるお庭〜受付中♪


スカイプ・香川でのフラワーエッセンスアストロロジー・セッションモニターさん募集♪




花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP







フラワーエッセンス

観察に基づきながら、フラワーレメディーを学ぶ

140424_160000.jpg

 

 


写真はうちにあるホワイトセージがはじめて花芽をつけたところ。
ホワイトセージは花が咲くまで何年かかかるそうです。

花が咲いたら、エキスを作りたい♪


どのような植物療法もそうだとは思うのですが、植物そのものを知ることは使い手にとって、

生きた知識になると思います。

本に書かれたことは参考にはなるけれど、

頭で理解した内容は療法としての結果を出すときに限界をつくります。


アロマテラピー占星術やハーブ占星術、フラワーエッセンス占星術など最近とてもやっている方も増えました。

しかし、個人に使うときに月の精油はこれだからこれにしましょう

という使い方も簡単にはいえないかなあとも思います。

たとえばクラリセージは一般的に月と関連づけられています。

出産のときに使われたり、婦人科系のケアにもよく使われるところからもきていますが、

クラリセージにはもともとのシソ科であるセージとしてみたときに水星的な要素もみることができます。

香りも強いのですが、クラリス、明晰にするという名前の由来や種子を目の治療に使われた

というクリアーにするような要素などから。
また、香りだけだと陶酔感があり、酔ったような高揚感が感じられるため、

車の運転には注意という注意書きもありますが、非常に独特のふわ〜とした感覚があります。

そうした部分からは海王星的な要素を感じます。

それだけではなく、クラリセージは非常に大きく広がる植物で

鉢植えだとはみ出るぐらいの葉っぱが巨大化します。

そうした広がり方も海王星的です。(拡張するという性質は木星にもありますが) 
しかしセージらしい茎のすっきりのびた姿や花が

規則正しく折りたたまれている様子は水星っぽくも見えます。

おそらく植物にもいくつかの惑星の影響があり、

それがもっとも強く出ているものもありますが、複数感じられるものもあります。
それを人の中で月の部分を癒すということを考えたときに、

どんな部分でどの植物がマッチするのかよく検討しなければなりません。

そのときに引き出されるのがその植物そのものをどれくらい知っているのかということ。


それは占星術を使わなくても同じなのですが、植物を知っていて、

使うこととそうじゃないことにはやはり差が出てくるのではないかと思います。
知っているというのは本の知識で知ってるというだけではなく、

植物そのものを時間をかけて観察したり、過ごしたりして関係を築いているかどうか。


私がやっているフラワーエッセンス占星術個人レッスンですが、

これには毎回課題がついていて、例えば、その中に身近な植物の中から特定の惑星(水星とか金星など)の要素が感じられるものを選び観察し、レポートを出すというのがあります。

ちょいハードル高しな感じではありますが・・(^^; ちゃんと提出していただいてます。

おーこれを選ぶのねーと思うような植物もありますが、あらたな発見もあったりします。


ハーブやアロマをやる場合、植物そのものを感じられる要素があるので比較的使いやすいのですが、

フラワーエッセンスは香りもしないし、見た目は水の入った小瓶なので、

植物・花であることを忘れられがちになりつつ、

言葉のみで選択されやすいから難しくもあるんですよね。





 

 

 

 

花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP

 

-

フラワーエッセンス・アストロロジー・セッションモニターさん募集♪(スカイプ・香川)


140417_172142.jpg140417_181331.jpg


家のスターオブベツレヘム。
開花すると綺麗な6角形で、夕方閉じていくときに3角形になる花の図形が美しき。


さて、個人レッスンにフラワーエッセンス占星術個人レッスンというのをスカイプまたは香川でおこなっております。
6回にわたって、4元素と惑星に関連するフラワーエッセンスを学びつつ、自分のチャートの中の4元素や惑星の配置など見て、必要とするエッセンスを服用してもらう内容。
けっこう濃ゆい(笑)

レッスンというよりもセッションでチャートを使いたいという方もいるかと思うので、個人セッションを始めてみようかと思います。


フラワーエッセンス・アストロロジー・セッション

スカイプ60分 6,200円(ボトル郵送+600円)

【対面】香川70分 6,200円(ボトル+400円)

【対面】東京・福岡 70分 8,000円(ボトル郵送+600円)



 

★開始にあたり、お試し価格でモニターさん募集します!!

 

6月末まで申し込み受付。


3回継続できる方 60分×3回受けて10,000円(服用ボトル代別)


スカイプまたは香川での対面のみ。

3回終了された後に感想を書いていただきます。

感想をブログなどでご紹介してくださった方には無料でプラス1回セッションが受けられます。


 

自分自身が抱えるテーマや内面の成長、変化の助けとなるように

惑星や4元素の影響・バランスをホロスコープチャートを見ながら、花のエッセンスを選びます。

ホロスコープチャートにあわられることへの解釈は自分自身でおこなえるようにサポートします。自分がどこへ向かうのか、自分がどう道を歩んでいくべきなのかは自分自身の内側からしか出てくることはありません。

惑星によってあらかじめその人の生まれ持った傾向はあるかもしれませんが、運命はその影響を超えて自分で切り開くことができます。

意識的に自分が影響を受けているものに気づき、無意識だったところに光をあてて、取り組むことによって、自分の道を歩むことができます。

フラワーレメディーはその旅の心強いヘルパーであり、ヒーリングツールでもあります。植物もまた惑星の影響を受け、4元素を見ることができます。

通常のフラワーエッセンス療法も同じではありますが、占星術というツールも用いながら内界の旅をおこないたい方にお勧めです。

精油やハーブのアドバイスも希望によりおこないます。



占星術を使うというのは意識的に自分の成長をおこないたいという方向きかなと思っています。フラワーエッセンス占星術個人レッスンを一通り受けて、そのあとこちらのセッションへの移行もオッケーです。


夏ぐらいから東京、福岡でも受けられるようにします。



※スカイプは無料でダウンロードできるネットでおこなう通信ツールです。

とても簡単です。どうしてもスカイプは・・・という方には電話でのセッションでもオッケーです。

ホロスコープチャートはご自身で無料のサイトなどから出していただくこともできますし、こちらで作成することもできます。



★ご予約方法


希望の日時をお仕事カレンダーの「香川セッション受付可能日時」をみてお知らせください。生年月日と生まれた時刻、生まれた場所をお知らせください。

(5/2〜7は研修のため不在となります)


希望日時の3日前以上からご予約ください。

モニター希望の方は3回分の料金を前日までに振込してください。

通常のセッションで希望の方は1回ずつで振込ください。

こちらから送付する用紙に記入し、前日までに返信ください。


香川での対面セッション希望の方は当日に用紙に記入&お支払で大丈夫です。



スカイプでのセッション希望の方のご予約フォーム



香川でのセッション希望の方のご予約フォーム






 *********************************************


6/15香川【ヒーリングイベント】シークレットガーデン〜花と魂の内なるお庭〜受付中♪


5/31・6/1東京でafet主催の植物から学ぶフラワーエッセンスの講師をします。只今受付中です。フラワーエッセンスの初級レベルの内容を2日間でカバーします。



花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP



◆女性のためのケア

女性のメンタルリズムにあわせること

140413_114646.jpg


東京でのお仕事終了。

今回はじめて使った場所などあり、いろいろ慣れない点もありましたが、使ってみないことにはわからないことばかりですね(^^;


門前仲町のPlantsさんでおこなったワークショップも無事終了しました。
こちらはとても素敵なところで、お店の方もとてもいい人たちでほんと気持ちよく使わせていただきました。個人セッションのほうで引き続き使っていきたいなあと思っています。

場所を借りるとやはりそこを管理している人とのやりとりで、なんとなくそこのエネルギーを感じます。人と場所はほんと関係してるなあと思います。

ワークショップをおこなうにはplantsさんでは少し狭いこともあり、7月には少し広いスペースを借りて女性のためのケアの実践編としてセルフケアのマッサージなどの実習を交え、ハーブエキスや薬草オイルなど使ってジェルクリームを作る予定です。
もちろんその中にもフラワーレメディーが入ります。
定員も増やしますので、すこしゆとりを持って申し込めると思います。
今回はやくに定員になってしまい、参加したかった方には申し訳ありませんでした。
また、スカイプ講座かなにかでも考えたいなあと思います。



メンタルケアの中でも女性のリズムや月や四季のリズムに応じた過ごし方のお話をメインにしました。

籠る時期と外に出ていく時期をうまく自分でマネージメントすることが大切です。
自分の体調に振り回されるのではなく、自分のメンタルリズムにあわせて臨機応変にスケジュールを変えていくだけ。

植物は気候の変動や惑星の運行にあわせて、開花や成長をおこなっています。

リズムを取り戻すのにも植物は助けとなってくれます。
そうしたいろんな対応をみていくと面白いですね。



*********************************************


6/15香川【ヒーリングイベント】シークレットガーデン〜花と魂の内なるお庭〜受付中♪




花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP



◆女性のためのケア

女性機能を高めるアーユルヴェーダ式家庭料理

 
春も本格的で、花粉もかなり飛んでいます(^^;

花粉の時期はそんなに外出しないのですが、桜は見に行きたいですね・・。


春になるといろいろ体を調える必要があります。

あたたかくなって体も動かしやすくなっているので、汗をかいてどんどん代謝をよくしていきましょう。
女性はホルモンバランスが崩れやすい時期なので、食事に注意します。

先日見つけた本、タイトルで買ってしまったのですが、手軽に入手できる材料とスパイスを使った料理が中心なので、実践しやすいかなと思います。

「女性機能を高めるアーユルヴェーダ式家庭料理」

は若返りの分野であるラサヤナをラサヤナ膳として紹介しています。

妊活力を高めるとか女性ホルモンを活性化させるなど、女性が興味ひくところを押さえている感じ。ただ、私がよく使っている食材が多いので、そう目新しい感じでもなかったけど、写真のせいかどれも美味しそうです(*^-^*)

体質別の献立のたて方とか食材の選び方などもあり、丁寧にフォローされているかな。
アーユルヴェーダでは乳製品をよく使われますが、日本では環境ホルモンが取り入れられてしまう原因にもなり、エストロゲン過多になりやすくなります。そのあたりの注意も含まれております。


本格的なアーユルヴェーダの食事の本はたくさん出ておりますが、「アーユルヴェーダ治療院のデトックスレシピ」はお勧めです。

見ているだけでもデトックスされそ〜(笑)
基本的に消化力を高めることがポイントですね。


生理周期のある女性はこれにあわせて、周期によって食事ケアをするとよいでしょう。

生理期間・・葉酸、鉄分、デトックス作用のあるもの(ニラや玉ねぎなど)

生理後〜排卵・・タンパク質、ナッツなど。糖質控える。

排卵〜生理開始・・炭水化物中心、繊維質をとる。



あと、春になると睡眠のリズムが狂いやすくなるので、睡眠のリズムはホルモンバランスと関係がありますから注意です。
自律神経のバランスから狂いやすくなることが考えられますので、日常のリズムを調えるところからはじめます。朝目覚める時間をなるべく同じにして、朝日をあびるとか体操をするとか。精油を使うのもよいと思います。
呼吸法も。もちろんヨガも。

それから排卵出血などしやすい傾向が春にはあります。
ヤロウなどのハーブを取り入れるのもお勧めできます。


そのあたりの体の調え方やケアについては7月に東京で予定の女性のためのケアの肉体編でご紹介・実践したいなと思っています。まだ先なのでしばらくしてから受付します。





*********************************************




東京4月フラワーエッセンス療法・アロマトリートメント個人セッション受付中♪

【afet主催】神戸・4/20フラワーエッセンス野外ワークショップ「樹木に触れ、こころで感じる・春の芽吹きとともに」も受付中♪



花と植物の学びと癒し
インナーガーデンHP