・・講座・ワークショップの感想

11/28のワークショップの感想・その2

一部になりますが、11/28の女性のためのフラワーエッセンスワークショップに参加した方からいただいた感想をご紹介させていただきます。
ありがとうございました。

少人数のグループのワークは個人的に好きなのですが、なかなか知らないグループに加わるというのは勇気のいることだと思います。しかもとあるビルの一室で(笑)

初めてお会いする方も二名いらっしゃってほんとに勇気を持って参加くださり、私も励みになりました。

来年への野望(?)もちょっと膨らんでまいりました。


以下参加者の方からの感想です。



全体的にわかりやすく、くつろげるようないい感じの講座でした。
参加者それぞれの母なるものがあり、それに関わるテーマがあって、
花へ抱くイメージが違うのが興味深かったです。

作っていただいたマリポーサですが、早くもおもしろい効きかたをしています。

私は何回か長期間、半年とか一年とっていて、その度におもしろい結果が出ている花です。

自分の子供(8歳児)が岩だらけの場所にいる夢をよく見るようになったり、
私の母とマリポーサとの出会いがあったり、彼女のパートナーとの関わりなど、
自分にも周りにも影響しています。

今回は、母なるものという、ある意味漠然とした広範囲のテーマでとってみました。

母と子というのではなく、私のハートの魂の根源に、芯が通るような、
一直線に旅するような効きかたです。


母としてというより、一人の女性の生きかたという感じ。

自分がこれからしていくことなどが明確に出てきました。
やっぱり女性性の強い花です。柔らかさがキーワードみたいです。





午後のワークショップは、フラワーエッセンスという点では、ブラインドで!しかも飲み比べで!、そしてグループシェアで!と、私にとってはなかなか刺激的でしたー(笑)。
飲み比べて自分が違いを感じたことにも驚きましたし、
グループでシェアすると同じ感じ方や違った感じ方、いろいろあってそれも驚きでした。

ホロスコープのほうは、母親との関係をホロスコープ上でみていくという視点は
とても興味深いと思いました。
母親からみた自分は、そうかもそうかも〜と納得する部分でもありましたし、
チャートを使って客観的に見られるところがおもしろいしいいなと思いました。
自分のチャートを見てじっくり考えてみたいなと思っています。


今回は本当に参加してよかったです。
少ーし開いていたフラワーエッセンスへの扉をバーンと開けてもらった感じです(笑)。
そして・・・なんと思い切ってamazonに1冊だけあった「フラワーエッセンスレパートリー」をポチッとやってしまいました(^^;) 果たして読めるのかちょっと不安です(汗)
おっしゃっていたお花の観察もやってみたいなと思っています。




先日はありがとうございました。

ふたつのエッセンスのブラインドで母親のアーキタイプでもまったく違う感じだったのが印象的でした。

森の奥深いところまで入って行き、さらに進むと家にたどり着くというイメージが見えたのはまさしく母というイメージだったのだと思いました。


楽しい講座でした。




・・講座・ワークショップの感想

ワークショップ・母と娘のアーキタイプを終えて

11/28に女性のためのフラワーエッセンスワークショップ「母と娘のアーキタイプ」をおこないました。
占星術の話も交えるので3時間がレクチャーによりがちではあったのですが、
象徴としての材料を蓄えられたのではないかと思います。
参加者の皆さんがイメージする「母なるもの」の写真や絵をたくさん見ながら、
ポジティブな性質とネガティブな性質をみていき、占星術の簡単な説明、
いくつかの母なるものを象徴すると思われる花についてみていき
、名前をふせてフラワーエッセンスも2種類取ってもらって
感じたことをシェアしてもらいました。

フラワーエッセンスはチコリとマリポサリリーの二種類を取ってもらったので、
この二つのエッセンスの違いがとても興味深く感じました。


母なるものというテーマのせいか、個人的にたまたま海を見たり、
河瀬直美さんの「玄牝」という出産がテーマになった映画をみたこともあり、
おもしろいなと思いました。

母なるものの象徴として「自然」の写真を持参いただいた方が多かったのですが、
河瀬直美さんの映画ってあらためて思うと「母なるもの」を感じられる要素がたくさんあるなあと思います。あるがままの自然の姿を常に描き、説明的なものは一切ないため、ドキュメンタリーじゃない映画もドキュメンタリーのように見えてしまいます。

日本人は特に自然というものを感じながら寄り添う暮らしをしてきたので、大地や水という育まれる要素は感じやすいように思います。切り離されることや飲まれることもあるけれど。

また来年もいろんな形でワークショップをおこなっていきたいと思います。



参加者からの感想です。

**************************************************



今の自分にとっては、母親との間ではあまり大きな問題もなく
どちらかというとポジティブな事の方が影響を受けていると思っていました。
そうは言ってもその奥に何かまだ意識に上っていないものがあるのかな
あるのであれば見てみたいと思っての参加でした。

ブラインドテストで服用したエッセンスは結構衝撃的でした。
一つ(チコリ)は自分の持つ母性というイメージのもので
それを更に深めてくれる感じ。
一つ(マリポサリリー)は自分がこれから自分の中に育んでいきたい母性であると同
時に自分自身が大地から(天から)与えて欲しい・受け取りたい性質なのではと感じまし
た。

自分が持つ(持っていると自分では思っている)性質を更に深め
それ以外にもあった性質を自分が受け取り、自分の中にも育み、
他に与えることができるのかも。この可能性の広がり方に驚き、嬉しく思いました。

自分が母親との間に見ていた、受け取らせてもらっていた性質は
母性という広い性質の一面で、今日組み合わせた花との関係から

これからまた新たな性質を育てていけたらと思います。

ありがとうございました。


アロマセラピー

ホリスティックアロマセラピー

 ★ホリスティックアロマセラピーとは
アロマセラピーは植物の香りのもととなる精油に植物オイルによって希釈されたものを皮膚に直接浸透させながら、マッサージの効果により、凝りをほぐし、リラックスさせていくものです。
精油はその方の体調や精神状態、好み、その頃の季節の変化などにあわせながら、必要なものをセラピストがチョイスします。

場合によってはベースオイルも季節の変化などにあわせて薬草のオイルなどブレンドしております。

香りによって呼吸から脳へ刺激となって自律神経のバランスをとったり、皮膚から浸透した精油は体内で働き、老廃物とともに排出され、リンパ系、免疫、筋肉、内臓など体調をととのえます。

ホリスティックなアロマセラピーはその方の状態を通して、すべての環境を含めていま一番必要と思えるケアをおこなうことで、自分でより健康になろうとする力を発揮して、自分らしく全体に戻っていく自然療法です。

それは植物の癒しの力とそれを熟知したセラピスト、そしてアロマセラピーを受けるクライアント自身とそのクライアントとセラピストとの信頼関係と安全で落ち着くことができる場所などによって大きく作用していきます。

精油を選ぶための短いカウンセリングがありますが、個人情報の保護を守ります。


★このような方におすすめです。

不眠、ストレスの緩和(テクノストレスにも)に、ホルモンバランスの乱れ、妊婦(安定期以降)、潟首、背中のこわばり・緊張、冷え、呼吸の浅い人や緊張しやすい人(胃腸や骨盤の緊張がある方)、便秘、むくみやすい人など。

アロマトリートメントは医療行為ではありませんので、病気などの方はサポートとしてご利用くださいませ。


★アロマセラピストについて

4年間のアロマサロン勤務後、2000年よりフリーでお仕事をしています。
いろんな方からアロマを習いましたが、アロマセラピストとして迷うこともありながら、現在は以下のことを重視して仕事をしています。

1.クライアントが自分で癒していく力を信じる

ぐいぐい必要以上に押されるマッサージに慣れていらっしゃる方はもしかしたら物足りなさをおぼえることもあるかもしれませんが、必要以上のことはやらない方向でさせてもらっています。
もちろん圧などクライアントさんの要求にあわせておこないます。
ここでクライアントさんの言葉とクライアントさんの体から要求しているものが食い違う場合も生じますが、基本的にからだの声にあわせることを意識しています。
疲れというのは実際、自分で回復する力を持っています。なので、完全にセラピストにゆだねてすぐ治してもらうというより、少しずつ元に戻っていく過程を経るほうがホリスティックな回復の仕方となります。
圧の快感だけに頼ってその場しのぎというのは、逆にもみおこしなどの原因にもなります。アロマトリートメントはトリートメントの後も続いています。その回復期を含めたことを考慮していますのでご了承くださいませ。
こちらが癒すというよりは、ゆるめたり、じゃましているものを取り除いたりすることをサポートしてより、本来の自分の体調に戻れるようにするかというところに視点をおいてます。


2.フラワーエッセンスを選ぶときと同じように、精油を選ぶことも相手から理解したことを手がかりとして、効能で選ぶというよりも、必要とする植物を選ぶという形をとっています。

3.プライバシーは完全に守ります。


★セッションをおこなっている場所

香川県高松市の自宅サロンと東京(毎月か二ヶ月に1回)です。
男性は知り合いの方のみとさせていただいてます。

妊婦さんと出産直後の方のみ出張トリートメントも相談可能です。
また、高松市内でしたら、身体障害者や外に出にくい方の出張トリートメントも相談可能です。
東京都内も一応ご相談くださいませ。

香川県でのアロマトリートメントは随時受け付け中。
こちらのホームページをごらんくださいませ。


★アロマトリートメントを受けるにあたっての注意事項

・手術後・怪我や腫瘍がある場合お受けできません。
・妊娠中は安定期にはいってからのトリートメントとなります。
・生理中のトリートメントは可能ですが、重い生理の方は部分トリートメントくらいのほうがよいかと思います。
・トリートメント後はたくさんお水をとって、激しい運動や飲酒はさけてください。
・トリートメントの後にゆったりすごせるような日を選んでいただくとよりベストです。
・受ける前に簡単な問診をいたしますが、持病などある方は必ずお伝えくださいませ。
・アトピーなど皮膚疾患がひどい方は程度によりますが、お受けできないこともあります。



★どのくらいの頻度で通うものなのか
もちろんそのときそのときでかまいませんが、ある状態についての改善で来られている場合はある程度定期的にいらっしゃったほうが確実に効果があります。(生理不順など)
通常は2週間から10日に一回くらいが理想的です。

香川のサロンでは1ヶ月以内は15%オフのチケットをお渡ししております。

★使用している精油・オイル

ベースオイルはマカダミアナッツオイルが中心で、場合により、スイートアーモンドオイルやホホバオイル、セサミオイルなど使用。
薬草のオイルはアルニカ、セントジョンズワートなど。
満月のトリートメントはFESのマグワートのオイルを使用。

精油は英国のクインエッセンス、フレグラントアース、ロバートティスランドなど。出来る限りオーガニックや野生種のものを使っています。

 
-

フラワーエッセンスのセッションについて

 ★フラワーエッセンスとは
生命力のあるお花の固有パターンを転写されたお水です。
花がそれぞれに持つ独特のエネルギーは人間の魂のアーキタイプとの共振作用により、働きかけます。。
物質としては水と保存のためのブランデーかお酢のみなので、肉体の副作用などはありません。

★フラワーエッセンス療法とは
フラワーエッセンスを定期的に毎日飲むことによって、感情や思考のパターンなどをゆるませたり、バランスをとったりしながら、自己の内側から自分を癒していこうとする自己治癒力を活性化し、その人の本来の姿に気付きやすくしていく自然療法です。
回数などによって非常にゆるやかな変化をすることも出来ますし、心理療法やボディワーク、ヒーリングなどとあわせてより相乗効果を出すことも出来ます。とてもホリスティックな療法です。


★インナーガーデンでのフラワーエッセンスのセッション
このような方におすすめです。

共依存、動物を含む家族・人間関係に悩んでいる、PTSD、過食、不眠、うつ、集中力がない、無気力、更年期、病気・肉体の不調などのサポート、心身症、敏感体質、仕事でのサポート、不安、パニック、人生の変化の段階に。


回数などは月に1回から2回、あるいは2ヶ月に1回など調整可能ですが、
対面の時間に守られた空間で話を定期的にすることそのものもとても重要です。守秘義務は必須です。

病院にかかるべき症状をお持ちの方はフラワーエッセンスのみで解決は出来ませんので、通院していただきながらセッションを受けていただくようになります。

★プラクティショナーについて

つつみちえ

米国FES認定フラワーエッセンスプラクティショナー
SAHS認定フラワーエッセンス療法プラクティショナー
フラワーエッセンス療法学会副会長


1965年生まれ。

2002年北カリフォルニアに本部をおくFESの認定プラクティショナーとなる。
インテンシブは2000年の夏にカリフォルニアで受けました。

日本のSAHSライフスクールではハンズオンヒーラーであり、フラワーエッセンス療法家の王由衣さんの元で1998年くらいからフラワーエッセンスを学び(フラワーエッセンス療法プラクティショナートレーニング)、2007年に認定プラクティショナーとなりました。
ここでは長期にわたり、毎年フラワーエッセンスの合宿をしたり、植物観察のプレゼンをしたり、心理療法も通うようになっているので、心理療法も受け、定期的にスーパービジョンも現在も受けています。
プラクティショナーとしてのあり方を深く学びました。

私自身、家族のことや心身症的な症状などに悩みながら、少しずつ植物療法や心理療法を通して、自己の癒しの道を歩んできました。
少しでも自分のパワーを取り戻すお手伝いが出来たらと思います。



★セッションの進め方
基本的にクライアントさん主体ですすめます。
プラクティショナーまかせで来られる方は自分の力で立つことをまず決意してセッションに臨んでいただくことが重要です。
その方のペースにあわせてエッセンスを選んでいきます。


絵を描いていただいたり、フォローアップの用紙に記入していただくことがあります。内的な気付きをより促すためにおこないます。
その方がその人らしくいられるようにありのままを受けとめて、耳を傾けられるようにしています。

★効果の現れ方

とても個人差があります。
数日で変化を感じる人もいれば、数ヶ月かかって変化を感じる人もいます。
しかし、本人の意識と取る花のエッセンスとタイミングが合えば、早く効果がみえはじめるのが普通です。
それは本人が期待している効果とは違うこともありますが、あるべき姿に戻ろうとするために必要な変化であることが多いかと思います。


★セッションをおこなっている場所
現在、香川県高松市の自宅サロンと東京(毎月もしくは2ヶ月に1回)でおこなっています。
だいたい一回のセッションは45分〜60分
45分ほどお話を伺って、15分くらいでエッセンスを選ぶということが多いです。延長は現在のところほとんどしておりません。
セッションの頻度はクライアントさんのほうで調整可能ですが、場合によってはつめたほうがよい方もいます(子供など)
遠方の方・家から外出できない方はスカイプ・電話セッションもおこなっています。


東京での日程はこちらのブログで定期的にアップしております。
人間の場合セッション費用にボトル代は現在含まれておりますが、ボトルを出さないセッションの場合も価格は変わりません。

香川県でのセッションはこちらのホームページをごらんくださいませ。
随時受け付けしております。


★使用しているフラワーエッセンス

ヒーリングハーブ社のバッチ(バック)、FES、日本のルミニスエッセンティア